おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


吉里吉里  おまけ

2010年01月31日 | 蕎麦とラーメン
あまりにステキなおそば屋さんなのでおまけの記事。 この辺りは600年ほど前の高擶城の城下町だそうな。 そのせいかお寺が何軒か集まって建っている。 豪農らしきお屋敷が並ぶ。 立派な門構えのあるお宅は我が家の敷地の10倍以上ありそうな広さ。 道路沿いには長い塀や生垣。 枝振りの良い松の木が塀から延びていたりする。 今度は車を降りてゆっくりと歩きたい。 蔵のある築100年の大きなお店。 空き家 . . . 本文を読む
コメント (6)

吉里吉里

2010年01月30日 | 蕎麦とラーメン
天童市高擶(たかだま)にあるお蕎麦屋さん。 きりきりという。 大きな古民家のお店である。 女性受けしそうなステキな店内に男性客ばかりでほぼ満員。 これにはちょっとビックリ! メニューを見ると食べたくなる魅力的なお品が並ぶ。 蕎麦は更科っぽい「ざいごそば」、挽きぐるみの「ざるそば」、その2つを食べられる「相盛り」。 鴨南蛮にするか迷ったあげく真鱈の白子天ざるを注文、1350円也。 サイドメニュ . . . 本文を読む
コメント (2)

ラ・フォーレ天童  のぞみ

2010年01月29日 | 山形県の温泉
天童市の温泉利用型健康増進施設「ラ・フォーレ天童 のぞみ」 そこの温泉に入る事が出来るというので行ってきた。 建物を見た時点で、本当に温泉があるのか??? 少し、心配な気分で中に入る。 フロントで聞くとOKの返事、ほっとする。 券売機で入浴券購入、体験入浴料480円。 靴箱の鍵を預けるとロッカーのカードキーと交換。 とても明るくきれいな脱衣室。 ここに貼られた温泉表示を見ると、 . . . 本文を読む
コメント (2)

笹かま1枚273円

2010年01月28日 | グルメ
仙台名物の「笹かまぼこ」 宮城には大手から家内工業のお店まで数多くの笹かま屋さんがある。 人に送る事はあっても自分で買って食べることはない。 そんな「笹かま」を今日会社でいただいた。 石巻の有名な白謙の笹かまの「秀笹」。 伝統の笹かまぼこの頂点に立つ逸品!だそうな。 長さ12センチたらずのこれが273円。 普通の笹かまが180円か200円だから高い。 食べてみたら本当に美味しい!! 上品な . . . 本文を読む
コメント (4)

鳴子温泉 東多賀の湯

2010年01月27日 | 宮城・鳴子温泉
大好きな「東多賀の湯」 国道沿いに建つ湯治の宿である。 ここ最近はいつも混んでいる。 人気のお湯なので一人になる事はなかった。 なので全体画像無し。 4、5人入ればいっぱいの小さな浴槽。 絶えず2~4人が入浴中。 透明度10センチのきれいな白濁。 硫化水素の匂いがプンプン。 この匂いが好きだ。 温度は43度くらいの適温。 お湯も良いがこの全て木作りの浴室全体がいい。 何とも落ち着く雰囲気 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

藤治朗

2010年01月26日 | 蕎麦とラーメン
中山平・らどん温泉の敷地内にあるお蕎麦屋さん。 目の前の足湯でいただく事もできる。 いつか、足湯でお蕎麦を!と思いながらも店内に座ってしまった。 最初に出されるこのお漬物がとても美味しい!!! 前回来た時は最初にお漬物と一緒に蒸かし卵を出され、 それを食べたらお蕎麦が全部食べられなかった。 今はご自由にどうぞ!というわけだ。 先ずお蕎麦を食べてそれでも余力があったら食べよう。 . . . 本文を読む
コメント (4)

中山平温泉 ふきゆ荘

2010年01月25日 | 宮城・鳴子温泉
中山平でまだ入ったことのない温泉「ふきゆ荘」 国道47号沿いに建つ。 ここには白濁の硫黄泉があるという。 国道を挟んだ向かい側にある駐車場。 さすがに中山平、雪の量が半端じゃない。 玄関先にいらしたご主人が中まで案内してくれる。 おだやかなやさしそうな方だ。 お風呂を見てくるからここで待っててと浴室へと消えていった。 立ち寄りは貸切での入浴となる。 なので30、40分くらいでと . . . 本文を読む
コメント (2)

馬場温泉 湯小屋

2010年01月24日 | 宮城・鳴子温泉
今日の鳴子は青空のせいかとっても暖かい。 それでも道路の気温表示は3度。 最初に馬場温泉の湯小屋に立ち寄る。 あいにく、「入浴中」の札がかけられ中から話声が聞こえる。 母屋に声をかけるが誰もいない。 いつもはおじいちゃんかおばあちゃんがいらっしゃるのに・・・ お留守のようだから外のベンチで待たせていただく。 すると、隣の宿から出てきた若い女性に あのおじいちゃんが亡くなられたと聞きビック . . . 本文を読む
コメント (6)

いかにんじん

2010年01月23日 | グルメ
福島の郷土料理「いかにんじん」 4年ほど前に泊まった高湯温泉吾妻屋で初めて食べた。 あまりの美味しさに作り方を聞いてきたのだ。 それ以来、すっかり気に入りよく作っている。 簡単にいえば松前漬けの昆布が入ってないバージョン。 ニンジンをこんなに消費するようになったのはこの時以来。 こんなにも人参が美味しいなんて!と感じる一品。 お酒に浸して軟らかくしたスルメと細く切ったニンジンが材料。 しょうゆ . . . 本文を読む
コメント (2)

アリンコのロールケーキ

2010年01月21日 | グルメ
昨年11月にオープンした太白区のララガーデン。 そこに人気のロールケーキのお店がやって来た。 その名も「ARINCO」 日本に5店舗しかないというロールケーキの専門店。 開店当初は行列ができていたが平日の昼間は普通に買えるようになった。 先ずは定番の「バニラロール」を購入。 長さ10センチくらいのロールケーキが950円もする。 持つとずっしり重い。 食べて納得、美味しいケーキなのだ。 . . . 本文を読む
コメント

北海道土産 チョび

2010年01月18日 | グルメ
職場でのおやつは北海道土産の「チョび」 とうきびチョコと書いてある。 フリーズドライのとうもろこしにホワイトチョコレートでコーティング。 ところが、ホワイトチョコの味よりトウモロコシの味が強い。 とっても美味しいお菓子でどれだけでも食べられそう。 これは美味しい!! くせになりそうだ。 誰かが北海道に行ったらこれをお願いしよう。 北海道のお土産で好きなもの、 ジャガポックル、マルセイバタ . . . 本文を読む
コメント

鳴子は雪の中

2010年01月17日 | 宮城・鳴子温泉
この時の鳴子は気温-5度。 仙台の最高気温は0度だったそうな。 仙台を出る時予想もしなかった雪景色。 途中、引き返そうと思ったほどだ。 阿部旅館前の道路と入り口の坂。 除雪されていないので真っ白。 着いた旅館の屋根には氷柱。 宿の裏。 「えっ、仙台は雪無いんですか~!!」 と、可愛い若女将がビックリしていた。 仙台から1時間チョットで行ける鳴子なのに、 私の認識が . . . 本文を読む
コメント (6)

赤這温泉 阿部旅館 その三

2010年01月16日 | 宮城・鳴子温泉
阿部旅館のもう一つのお風呂へ。 脱衣室はどちらも同じ。 ただ、カゴの色が違うだけである。 青みがかった笹濁りのお湯はやや熱め。 金気臭がする炭酸の甘みのあるお湯だ。 若干キシキシする。 源泉100%掛け流しである。 初めてここに入った時は赤茶色だった記憶がある。 その後はいつもこんな色だ。 いつまでもポカポカあったまる良いお湯だ。 これでも単純泉。 恐るべし単純泉、侮るなかれ単純泉 . . . 本文を読む
コメント (2)

赤這温泉 阿部旅館その二

2010年01月15日 | 宮城・鳴子温泉
この日は部屋休憩で温泉を楽しむ。 通されたのは1階の1号室。 窓から見える雪景色。 部屋には古いコタツとお茶のセットが用意されている。 温泉でコタツというのが憧れ。 「あ・ら・伊達な道の駅」で購入してきたお餅で昼食。 私は納豆・クルミ・ずんだの3種。 友人はゴマとかエビが入ったのを選ぶ。 3人で取替えっこをして全てのお餅を味わう。 白菜のお漬物や金柑の甘露煮。 前日、デ . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (1)

東鳴子 赤這温泉 阿部旅館

2010年01月14日 | 宮城・鳴子温泉
まさか、鳴子がこんな大雪とは!!! 仙台を出るときは想像もしなかった雪景色。 道路は圧雪状態。 阿部旅館は東鳴子温泉街から川を隔てた場所に建つ温泉。 2種類の源泉が楽しめるお気に入りの自炊宿である。 位置づけとしては「東鳴子温泉」に入ると思うが 看板には「赤這温泉」と書かれている。 先ずは手前の「炭酸水素塩泉」の方へ。 浴室入り口ドアに「女湯」の札をかけて入浴。 札は他に「男湯」「貸切」 . . . 本文を読む
コメント (2)