おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


飯坂温泉 八幡の湯

2009年08月31日 | 福島県の温泉
8月も終わりの土曜日。 シャキッとしたお湯に入りたくて飯坂温泉へ。 暑い時に熱い湯はいいもんだ。 八幡神社の前にある「八幡の湯」 住宅街の中にある。 飯坂の共同浴場はどこも同じような脱衣室。 券売機の横には貴重品ロッカーもある。 7,8人入れるタイルのお風呂。 明るくて広々したきれいな浴室である。 澄んだとてもきれいなお湯が張られている。 お湯の温度計は46度、何度もか . . . 本文を読む
コメント (2)

久々のルビナス

2009年08月30日 | 宮城県・その他の温泉
たぶん、1年ぶりのルビナスセンター。 あんなに訪れていた温泉だがお湯が薄くなってから行っていない。 蔵王町に行ったついでに寄ってみた。 相変わらず土日のみの営業。 日曜の午後、女性風呂は誰もいない。 最初から最後まで私ひとり。 いいのか、こんなので。。。。 底まで見える透明のお湯。 笹濁りのお湯だったのは遠い昔の事のようだ。 2つある浴槽の「ぬるいお湯」には湯が投入されていない。 「 . . . 本文を読む
コメント (2)

四季菜 みわ亭

2009年08月29日 | グルメ
仙台駅前・アジュール仙台2階にある和食のお店。 遅い夕食を友人ととる。 「松元ヒロ ひとり立ちライブ」を見に行き、 終わったのが8時45分。 元ニュースペーパーの一員だったという彼は時事風刺中心のお笑い。 政治家の物まねがすごくうまい。 麻生首相の真似なんてホントそっくり。 こんな事言っていいの? って話がおもしろおかしい一人コント。 それでいてホロリとするお話もある。 あっという間の1時間 . . . 本文を読む
コメント (2)

桃1袋200円

2009年08月29日 | なんだりかんだり
福島は日本一の桃の産地。 特に飯坂のフルーツライン沿いは桃畑が多い。 道路沿いにはたくさんのお店が並ぶ。 何となく入った果樹園で桃1箱購入。 大きな桃が少々難ありで1箱1500円。 (↑のお店ではありません) しばらく進むと反対側車線に 「1袋200円」 と書かれ、5,6個入った袋発見。 200円だって? 普通1個200円するでしょ! とUターンする。 他のお客さんが2 . . . 本文を読む
コメント

夢華そば

2009年08月28日 | 蕎麦とラーメン
以前に一度行ったらとても美味しかったので再訪。 自家栽培・自家製粉というお蕎麦屋さん。 国道115号にある看板を見て細い道に入る。 どんどん山の中に入って行く。 こんな奥におそば屋さんがあるのだろうか、という場所。 お座敷だけのお店に新しくイス席ができていた。 3卓あるこちらは禁煙席。 前回と同じ「吟醸そば」を頼む。 メニューの中では安いほうである。 それでも940円。 こ . . . 本文を読む
コメント

鷲倉温泉 岩根の湯

2009年08月27日 | 福島県の温泉
鷲倉温泉のもう一つのお風呂は廊下を左に進む。 宿の建物からいったん外に出た場所にある湯小屋が「岩根の湯」 こちらは「薬湯」と呼ばれる屋根付きの露天風呂がある。 棚にカゴが置かれただけの簡素な脱衣室。 6、7人入れる広さの檜風呂。 男性風呂は岩風呂らしい。 無色透明のきれいなお湯が掛け流し。 ここのお湯は茶色っぽい透明だとばかり思っていた。 だが、それは浴槽の底の色でそう感じたよう . . . 本文を読む
コメント (8)

鷲倉温泉

2009年08月26日 | 福島県の温泉
土湯峠に一番近い温泉、標高1230mに建つ。 「日本秘湯を守る会」の宿である。 5年ほど前に宿泊したが接客もよく好印象の宿だ。 今回は10時を待っての立ち寄り入浴。 玄関で入浴料500円を払い、 脱いだ靴はビニール袋に入れて持ち歩くようになっていた。 ここは2種類の温泉を楽しめる。 先ずは玄関入って右側の硫黄泉のお風呂へ。。 15、6人入れる長方形の浴槽はタイル張りだが縁は檜。 . . . 本文を読む
コメント (8)

高湯温泉・静心山荘

2009年08月25日 | 福島県の温泉
福島市・高湯温泉の静心山荘。 以前、吾妻屋に泊まった時に山の露天風呂に行く途中に見た山荘。 道路から急な坂道を上り奥まった所に建つ。 表道路からは見えない山荘である。 部屋数6室の小さな宿である。 とても感じのよい奥様がお出迎え。 お風呂は別棟のログハウス。 山の斜面にあるのかこんな階段を上ってまた上る。 4,5人が入れる檜風呂。 全てが木造のお風呂である。 きれいな青みがかった白濁 . . . 本文を読む
コメント (6)

磐梯吾妻スカイライン

2009年08月24日 | お出かけ
福島市の高湯温泉から土湯峠まで走る有料山岳道路。 総延長29.8キロ、平均標高1350メートル。 最高所1622メートル。 高湯ゲートから入り、最初の景勝地は「つばくろ谷」 この深い谷にかかる不動橋から下を見ると吸い込まれそう。 眼下には福島市内が広がる。 山はすでに秋の気配。 いたる所にススキが見られる。 道路は上るにつれて樹林帯が消える。 荒涼たる火山性の地形に変わる。 . . . 本文を読む
コメント (4)

飯坂・保原屋の餃子

2009年08月23日 | グルメ
飯坂温泉の美味しいものに餃子がある。 餃子マップなるものも発行されている。 残念ながらかの有名な「照井」は夕方5時からの営業。 温泉街・ホテル聚楽近くにある保原屋というラーメン屋さんに入る。 夫は、餃子は1個か2個つまめばいいと言ってラーメンを頼む。 それならと私は餃子を2人前オーダー。 その餃子が美味しく外はかりっと焼けて 中はジューシー!! 1個か2個と言ってた夫がパクパク食べる。 あ~あ . . . 本文を読む
コメント

飯坂温泉 大門の湯

2009年08月22日 | 福島県の温泉
仙気の湯で会った方が教えてくれた。 「飯坂では鯖湖湯が一番ぬるくて大門の湯が熱く48度」と。 48度とはどんなお湯なのか、先ずは体験せねば! パルセ飯坂に車を止めて歩くことにする。 通行人に聞きながら探し当てた。 それは通りから入ったわかりにくい場所に建っていた。 脱衣室は棚がいっぱい。 これだけの広さがあれば他人とぶつからないだろう。 7,8人入れるタイル造りの浴槽。 他の共同浴場の . . . 本文を読む
コメント

飯坂温泉 仙気の湯

2009年08月20日 | 福島県の温泉
飯坂温泉の8つある共同浴場の一つ。 温泉街のややはずれの道路沿いにある。 飯坂の共同浴場全てに4月から券売機登場。 200円で買った入湯券を番台にある箱に入れる。 棚が並ぶ脱衣所。 鍵のかかるロッカーは100円が戻るタイプ。 先客さんは地元の方が1人。 この熱いお湯を桶に汲み、頭にザーザーかけて洗髪中。 10人くらい入れそうな浴槽はタイル造り。 深めの浴槽には透明度の高 . . . 本文を読む
コメント (2)

幕川温泉 水戸屋旅館

2009年08月19日 | 福島県の温泉
幕川温泉は土湯峠から車で10分。 舗装された道だが狭くてすれ違いとカーブに注意。 峠からどんどん下に降りていくようだが途中で再び上り道。 幕川温泉は隣にある「吉倉屋」と2軒の宿からなる。 「秘湯を守る会」の本によると2軒の宿は仲が良いと書かれている。 宿の前にある池。 イワナが泳ぐとてもきれいな池である。 山の宿らしく出迎えがあるわけでもなく、 靴を脱いで勝手に上がり左側にあ . . . 本文を読む
コメント (6)

幕川温泉水戸屋 もう一つの内湯

2009年08月19日 | 福島県の温泉
朝一番に内湯に行くと男女が入れ替わっていた。 この日の内湯は前日より狭い。 宿の見取り図によるとこちらが元来の女性風呂。 前日の湯船より若干狭い内風呂。 お湯は青みがかった透明。 このお湯も相当熱く44度くらいありそう。 きりりとしたお湯で体がしゃきっとなる。 洗い場のカラン・シャワーはお湯の出が悪い。 6,7人入れる岩露天。 お湯はぬるく39度くらい。 入る気がおこらない露天 . . . 本文を読む
コメント

幕川温泉水戸屋 お食事編

2009年08月18日 | 福島県の温泉
チェックインの時に部屋へ案内してくださった女性が 「夕食は6時から6時半の間に部屋へお運びします」 何と、アバウトな!と思ったが6時に来た。 全て一斉に運ばれる。 こんにゃくのお刺身・鯉の洗い・エビの焼き物・牛肉と野菜のバター焼き 茶碗蒸し・ヤマウドの炒め物・酢の物・イワナの塩焼き お味噌汁・ご飯・お新香・ワラビのお浸し 食前酒は柚子酒 これは美味しかったがいらない。 山菜を食べたい . . . 本文を読む
コメント (6)