おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


鳴子温泉 村本旅館

2017年02月27日 | 宮城・鳴子温泉
最近ネットで目にする村本旅館。
今まで何度も鳴子に行ってるが聞いた事ない旅館だった。
今回初訪問。

鬼首に行く108号、鳴子大橋を渡って左に入った所にある。
最近営業をやめた日帰り温泉「福の湯」のすぐ隣だった。

だだっ広い駐車場。
大きめの一般民家のような旅館。
出ていらしたご主人に日帰り入浴を乞う。
「今、見てきますから」と走って外に出た。


お風呂は別棟に独立して建っていた。
入る前に入浴料500円をお渡しする。





鍵を掛けて入っていいですよ!
って事で貸し切り入浴だ。
脱衣室に入るとファンヒーターが付けられていた。
あかるい脱衣室に洗面台が2つ、ドライヤー完備。


お風呂は3、4人規模のコンクリート製。
周りだけでなく浴槽までが析出物でコテコテ。
マニアの人なら喜びそうなお風呂だ。
私も喜ぶよ!







カラン・シャワーのある洗い場は2箇所。
シャンプー類完備。



無色透明の澄んだお湯は43、4度くらい。
茶色っぽい湯の花が浮いている。
お湯はお風呂の底から投入されていた。


この日は高友、滝の湯と入った後なので鳴子らしくないお湯だと感じたが、いつまでもポカポカする温まりの湯だった。


町有末沢源泉
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
68,2℃ pH7.5

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴子温泉 温泉たまご工房 | トップ | 鳴子温泉 餅処深瀬 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しっとり湯 (ごまちゃん)
2017-02-28 20:07:10
ここは結構好きですね。お湯にしっとり感あって、鳴子の川の反対側の湯だな~って気がします。石膏成分の多い湯、個人的に好きなんですよ。
ちょいと熱めなのもいいですし。

ただ、タイミングよく行かないとなかなか入れないですね。何度も断られています。(宿の人、いない時もあるし)
宿泊してみたい気もするのですが、一旦外に出なきゃならないお風呂だと思うと躊躇していました。
旅館 (おんせんたまご)
2017-02-28 23:15:19
ごまちゃん、こんばんは。
初めて行ってすぐに入れたのはグッドタイミングだったのですね。

ここは旅館として営業しているのでしょうかね~
確かにお風呂があれだけ離れていると宿泊は考えてしまいます。

コメントを投稿

宮城・鳴子温泉」カテゴリの最新記事