日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



当ブログでは、通常ネタバレしないように最大の配慮をしているつもり。
なのだが、今回に限ってはラストにふれることで、この映画の価値について論述したいので、あらかじめ。



【以下、ネタバレ】
ラスト、主人公アリエッテイは、生まれた時から住み続けた借りぐらししてきた家から追われる。
家族とともに、様々な敵からなんとか身を守りながら、次の住家を探す放浪の旅へ。
この仮ぐらしの種族自体が「絶滅」に向かっており、明るい希望は持てない。

それを見送る少年、翔 のこれからも、決して明るくはない。
健康状態はおもわしくなく、難しい心臓の手術を待つ身。
下手すると、それで死んでしまうかもしれない。

だが、観賞後の気持ちが清々しいのは、なぜか。

現状の日本は、世界経済大国2位の地位を奪われ、ダウナー傾向。
今後の日本を担う若者世代も、その空気にまんまと乗って、意欲に欠けるように見える。
この世界大競争の時代に。

過去の実績・栄光・分析データをもとに、現在・未来を悲観的に解釈することは、簡単にできる。
だが、これから先を決定的に左右するのは、「自分の持つ意思」
そのベクトルが、上を向いているか、斜め前なのか、最初からうなだれているのか(笑)

名言を以下引用。
「リーダーは楽観的でなければならない。
 その理由は簡単。
 もしそうでなければ、他に楽観的になる者は誰一人いないからだ」


少なくとも、この物語の登場人物たちはのベクトルは、厳しい状況を共有しながらも「上向き」
どちらも相手からいい刺激を受け、これから出てくる問題に積極的にかかわっていくメンタリティである。
「このような、ありようを示す」ことが、「なぜ今、この物語を世に出すのか」の解答ではないか。

この作品について「スケールが小さい」などのような批判がチラホラ出ているが、実際はその真逆。
こめられたメッセージが、少しでも子供たちに伝わることを心から願う!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 64 )



« Blu-ray:(500)日... 読後評:グーグル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
借りぐらしのアリエッティ (LOVE Cinemas 調布)
原作はメアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」。とある古い家の床下にすむ小人の一家と人間の少年との交流を描いたファンタジーアニメーションだ。企画・脚本を宮崎駿が担当し、監督は数々のジブリ作品の原画を担当してきた米林宏昌が務めている。西友...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (The Borrowers) (yanajun)
アニメ映画『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、1952年にイギリスで出版されたメアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』です。企画・脚本は宮崎駿さんが担当し、監督はジブリで1番上手なアニメーターとして評判の米林宏昌さんが務めました。 先日、劇...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ジブリ作品としては、下の中、な出来具合でした。1時間34分の作品なのに、だるーな演出、脚本、見せ場無し、山場無し…一鑑賞者としては、兎に角、ひたすら、感情移入しよう...
 
 
 
私なら『借りぐらしのアリエッティ』でゴキブリの生き様を描く (HEAVEN INSITE's Blog)
 私はジブリアニメって一度も映画館で見たことなくて、この「アリエッティ」もおそらく見ないと思うんです。それはストーリーの8割がブログで分かってしまうから。  「映像(だけ
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』 The Borrower Arrietty |称賛の言葉しか出ません (23:30の雑記帳)
CG、VFXを駆使したハリウッド映画などで、 人間が高所から飛び降りたりしても特に何も 感じないのに、ジブリアニメで人が落ちそうに なるのを観ると本当にハラハラする。 実写映画と比べ、水はより水っぽく、 食物はより美味しそうで、風はより吹きつける。 ...
 
 
 
劇場鑑賞「借りぐらしのアリエッティ」 (日々“是”精進!)
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞してきましたとある古い家の床下に暮らす小人一家と人間の交流を描いたスタジオジブリ製作のファンタジー・アニメ。原作は1952年にイギリス...
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
スタジオジブリの最新作で、原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。 初日初回での鑑賞となったが、客の入りは小さなスクリーンなら6割程度というところ。実際は一番大きなスクリーンを宛がわれていたので、ガラガラという方が近い。 絵が綺麗で、音楽も美し...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ/志田未来、神木隆之介 (カノンな日々)
スタジオジブリの待望の最新作です。メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を原案にした物語の舞台を1950年代の英国から日本へとアレンジして描いたファンタジー・ムービーです。監督はこれが劇場長編デビュー作となる米林宏昌さん。スタジオジブリの次世代を担...
 
 
 
【映画評】<!-- かりぐらしのありえってぃ -->借りぐらしのアリエッティ (未完の映画評)
人間に見つかってはならない小人・アリエッティと彼女を見つけてしまった人間の少年・翔との交流を描いたジブリ・アニメ。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (2010) 94分 (極私的映画論+α)
 掟破りを期待したんですが(笑)
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』 なぜベンツに乗っているのか? (映画のブログ)
 ジブリのアニメが好きだと云う人がいるが、それは本当にジブリのアニメなのだろか?  ジブリのアニメが好きな人に具体的な作品名を聞くと...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
昨日、新橋のヤクルトホールでの、ぴあ夏の3連夜試写会初日「借りぐらしのアリエッティ」に、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して、行ってきました。 「崖の上のポニョ」('08)以来のジブリ新作、どんなものだろうと楽しみにして...
 
 
 
スタジオジブリ最新作アニメ「借りぐらしのアリエッティ」を見てきました (よう来なさった!)
単純に詰まらないか面白いかを問われれば、それなりに楽しめたし言うほど悪くはないと思うんだけど、ジブリ制作アニメなのでハードルを上げすぎていたせいなのか、正直物足りなさを感じてしまうそんな内容。
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「借りぐらしのアリエッティ」□監督 米林宏昌 □脚本 宮崎 駿 □原作 メアリー・ノートンT( 「床下の小人たち」)□キャスト(声の出演) 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林■鑑賞日 7...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; ジブリの新作。新人監督の初仕事ということで楽しみにしていました。これまでのジブリのテイストを上手く引き継いでいると感じました。スケール感としては“小作品”という感じですが、温かみのある物語で、作り手のキャラクターたちへの...
 
 
 
映画『借りぐらしのアリエッティ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、米林宏昌。企画、宮崎駿。脚本、宮崎駿、丹羽圭子。プロデューサー、鈴木敏夫。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いつも注目してしまうジブリ作品を鑑賞―【story】古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家のアリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよ...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」原寸大人形(笑) (人口精霊のちくちく製作日記)
公開の翌日、18日の日曜日のレイトショーで 「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。 公開後一週間で、観客動員数が100万人を超えたそうですね。 評価のほうは賛否両論ありますが辛口の評価が多いようです。^^; 「物足りない」と言われるかたが多い...
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、少しラストに触れています。主題歌を歌うセシル・コルベルのミニライヴ、監督らの舞台挨拶付き試写会(7月2日大阪)で『借りぐらしのアリエッティ』(脚本・宮崎駿、監督・米林宏昌)を見た。 ぼくは、
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (Akira's VOICE)
飽きのこない「あっさり爽やか味」  
 
 
 
映画「借りぐらしのアリエッティ」@ヤクル... (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はラジオ日本「イエスタディ・ポップス・ウィズ・シネマダイアリー」さんだ。映画上映前にスポンサー様提供商品の抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい。   ...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」みた。 (たいむのひとりごと)
タレントや俳優の声優を起用し出し、「ジブリのアニメなら」という含みのある言い方をする方々が口をそろえて「感動、感動」と連呼するのにウンザリし、評論家の如くわかったような解説を披露する人が増え始めて以来
 
 
 
7/18「借りくらしのアリエッティ」 (コリちょこ)
昨日から始まった『借りくらしのアリエッティ』を無友達と見に行ってきました。 原作
 
 
 
[映画『借りぐらしのアリエッティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆宮崎監督ではないジブリ作品だ。  実は、あまり興味がなく、文句をつけようとして観に行った。  翻って、昨今のジブリ作品の低評価の原因とされる、最近の宮崎駿の支離滅裂さが、実は、どんなに素晴らしいものであるかを私は語ろうと思っていたのだ。 「ポニョを出...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (だらだら無気力ブログ)
メアリー・ノートンの小説『床下の小人たち』を原作に、スタジオ・ジブリ の宮崎駿が脚本を書き、長らくジブリ作品に関わってきた米林宏昌を初監督に 抜擢し、舞台をイギリスから日本に設定移し、人間の少年と小人の少女・ アリエッティとのある夏の数日間の出会いと別...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ 」生存競争の先にみたアリエッティとの共存に理解した少年と理解なきおばさん (オールマイティにコメンテート)
7月17日公開の映画「借りぐらしのアリエッティ 」を鑑賞した。 この映画はスタジオジブリ最新作品で、 家の下に暮らす小人たちが人間に見つからないように 食料などを借りながら暮らしていたが ある日少年にみつかり引っ越さなければならなくなり 生存を掛けて生...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (うろうろ日記)
試写会で見ました。宮崎アニメ(脚本だけだけど)の新作ということで、ポニョよりも前
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』・・・夏の草花、角砂糖・・・そしてノイチゴの実 (SOARのパストラーレ♪)
深い緑と色鮮やかな夏の草花たちが織り成す美しい風景、そしてそこに息づくジブリらしい表情豊かなキャラクターたち。ストーリーに特別なインパクトはないものの、こじんまりとまとまった愛らしく優しい作風はとても心地よかった。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (あーうぃ だにぇっと)
7月8日(木)@ヤクルトホールで鑑賞。 ラジオ日本イエスタデイ・ポップスの試写会。 ラジオ日本はその昔ラジオ関東といって、湯川恵子がアメリカントップフォーティーをオンエアーしていた。 実に入りの悪いラジオ局(笑)で、雑音交じりのD.J.を一所懸命に聞いてい...
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』 ('10初鑑賞99・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:45の回を鑑賞。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (迷宮映画館)
丁寧な描き方には非常に 好感
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (そーれりぽーと)
“とりあえず”ジブリなので『借りぐらしのアリエッティ』を観てきました。 ★★★ 美しい緑が映えまくる外、家の中の家具、小人の世界のギミックな構造と書き込まれた世界が素晴らく、音楽と相まっていつものジブリ以上に癒し系。 ベテラン役者揃いの声もいつも以上にな...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ 感想 ~これは小人と人間の物語~ (サイネリア~わたしのひとりごと~)
2010年7月17日公開『借りぐらしのアリエッティ』観てきました。 ネタバレになりますのでまだご覧になってない方はご注意を。
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」 (みんなシネマいいのに!)
 昔、「小学一年生」という学習雑誌に「わんぱくミューたん」という小人が主人公の漫
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
二十一世紀に入ってからのジブリ作品で、一番好きかも。 タイトルロールの「借りぐらしのアリエッティ」は、古い屋敷の床下にひっそりと暮ら...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★ 逆キング・コング お手伝いさんハルの行動は、珍しい生き物を見つけた時の人間の典型的な「驚き、好奇心、イタズラ心」などを...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (再出発日記)
えっ、もう終わったの?というのが、最初の感想。今までの宮崎アニメと比べると、壮大な世界観も、ぐるぐると動くストーリー展開もなくて、やっと序章が終わった、これから話が動く...
 
 
 
ジブリらしいヒロインが帰ってきた!『借りぐらしのアリエッティ』 (水曜日のシネマ日記)
スタジオ・ジブリの最新アニメ映画。古い家の床下に暮らす小人一家と人間との関係を描いた作品です。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (メルブロ)
借りぐらしのアリエッティ 321本目 2010-25 上映時間 1時間34分 監督 米林宏昌 出演 志田未来(アリエッティ) 、  神木隆之介(翔)     大竹しのぶ(ホミリー) 、 竹下景子(貞子)      藤原竜也(スラピー) 、  三浦友和(ポッド)      樹...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (試写会) (風に吹かれて)
髪留めがかわいい公式サイト http://www.karigurashi.jp原作: 床下の小人たち (メアリー・ノートン著)声の出演: アリエッティ  志田未来        翔       神木隆
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」 小さな小さなアリエッティが持つ大きな大きな生命力 (はらやんの映画徒然草)
スタジオの名前自体がブランドと化しているアニメーションスタジオが日米にそれぞれあ
 
 
 
借りぐらしのアリエッティの感想 ~宮崎駿に潜む人間への絶望感~ (アニプレッション!!)
昨日、借りぐらしのアリエッティを見てきました。 映画館の入り状況ですが、客は120人収容ぐらいの会場に半分ぐらい埋まった感じでした。男女比の割合は女性6、男性4の割合でしょうか...
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』完成披露試写会@東京国際フォーラムホールC (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
こちらも行きました『借りぐらしのアリエッティ』舞台挨拶×2@TOHOシネマズスカラ座&「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」企画・脚本:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」東京国際フォーラムホールCで行われたスタジオジブリ最新作『...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (Diarydiary! )
《借りぐらしのアリエッティ》 2010年 日本映画 郊外の洋館に住む小人のアリエ
 
 
 
映画 『借りぐらしのアリエッティ』 (アニメって本当に面白いですね。)
借りぐらしのアリエッティ   お勧め度:普通   [ファンタジー ジブリ]   7月17日(土)全国ロードショー   原作 : メアリー・ノートン   監督 : 米林宏昌   脚本 : 宮崎駿   アニメ制作 : スタジオジブリ   http://karigurashi.jp/ ...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月18日(日) 21:25~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『プレデターズ』公式サイト 高齢化の激しいスタジオ・ジブリ。美術館館長以来、長編に新しい監督登場。 スペクタクルなシーンが目に付...
 
 
 
床下の小人たち~『借りぐらしのアリエッティ』 (真紅のthinkingdays)
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で...
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』@ワーナーマイカル板橋 (映画な日々。読書な日々。)
古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
あの(?)カオナシが初監督したそうです。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (ともやの映画大好きっ!)
【2010年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1952年に発表されたメアリー・ノートン原作のファンタジー小説「床下の小人たち」を、日本を舞台に設定を変えてアニメ化。 とある古い家の床下に暮らす小人の少女アリエッティと人間の少年のひと夏の触れ合いを綴ったファン...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (犬・ときどき映画)
借りぐらしのアリエッティ <Story> 大きな古いお屋敷の床下に小人のアリエッティとお父さんお母さんの3人家族が住んでいました。彼らは必要な物資を、必要な分だけ人間から借りて暮らしているのです。 もしも人間に見られたら、引越さなければならなくなります。 ある...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (悠雅的生活)
床下の小さき人たち。わすれもの。秘密の花園。
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (voy's room)
&nbsp;荒れた庭がある、広大な屋敷。14歳になる身の丈10cmの小人の少女・アリエッティは、父と母と3人でその床下でくらしていた。上にある人間の家から生活に必要なモノを「借りてきて」「暮らす」借りぐらしの小人たち。ある夏の日、その古い屋敷に、病気療養...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (映画的・絵画的・音楽的)
 たまにはアニメでも見ようということで、『借りぐらしのアリエッティ』をTOHOシネマズスカラ座で見てきました。 (1)お話は、郊外にある古ぼけた邸宅の床下に住んでいる小人の少女・アリエッティと、その家に病気療養しに来た少年・翔との交流を中心に展開されます。 ...
 
 
 
《 借りぐらしのアリエッティ 》 (映画 - K'z films -)
おすすめ度:3.5 イギリスの女流作家メアリー・ノートンによる児童向け小説「床下の小人たち(原題:The Borrowers)」を原作として、『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』などのジブリ作品で原画を担当してきた米林宏昌氏が、長編デビューを飾った作品。ジブリ...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ 【信じてよ 自然の力 生きる意志】 (猫の毛玉 映画館)
『借りぐらしのアリエッティ』 2010年・日本 メアリー・ノートンの児童文学『床下の小人たち』(1952年/英国)をジブリが映画化。  ジブリの...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (単館系)
メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原作 アニメ制作はご存知スタジオジブリ 主演ふたりはドラマ探偵学園Q以来の共...
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 スタジオジブリ待望の最新作は、ロンドン出身の女流作家メアリー・ノートン「床下の小人たち」原作。心臓に病を持つ12歳の少年・翔が、病気療養のために訪れた母の育った屋敷で...
 
 
 
「トイ・ストーリー3」と「借りぐらしのアリエッティ」から見えて来るもの (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
「トイ・ストーリー3」2010年・米/ピクサー=ディズニー原題:Toy Story 3監督:リー・アンクリッチ製作総指揮:ジョン・ラセター原案:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、リー・アンク
 
 
 
「借りぐらしのアリエッティ」 (古今東西座)
スタジオジブリの新作『借りぐらしのアリエッティ』を遅ればせながら観た。ジブリと言えば宮崎駿監督のイメージなのだが、今回は企画・脚本のみで、監督はこれがデビューの米林宏昌。これがもしも宮崎駿監督だったら…なんて比較はあまり意味がないのかもしれないけど、お...
 
 
 
『借りぐらしのアリエッティ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 借りぐらしのアリエッティ 』 (2010)監  督 :米林宏昌キャスト :志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、 樹木希林 メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』が原...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (銀幕大帝α)
10年/日本/94分/ファンタジー・ドラマ/劇場公開 監督:米林宏昌 プロデューサー:鈴木敏夫 企画:宮崎駿 原作:メアリー・ノートン『床下の小人たち』 脚本:宮崎駿 主題歌:セシル・コルベル『Arrietty's Song』 声の出演:志田未来、神木隆之介、大竹...
 
 
 
借りぐらしのアリエッティ (RISING STEEL)
借りぐらしのアリエッティ 病を患い手術を控えた少年ショウは療養のために山中の屋敷でひと夏を過ごすことに。 そこで彼は小人の少女アリエッティを目撃する。 人間に決して姿を見られてはならないの...
 
 


 
編集 編集