日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



サブタイトルは、世界の課題を解決する新たな経済システム。
2年前に出版された「貧困のない世界を創る」に続き、ムハマド・ユヌス がグラミン銀行を元に取り組んだ最新のソーシャル・ビジネス、そしてより力強くなった彼のビジョンを語る。

ハイライトは、前の本では検討中の状態にすぎず、まだ形がみえてこなかったグラミン・ダノンがいよいよ具体的に立ち上がり、試行錯誤を繰り返しながら、なんとか形になっていく第2章。
基本の事業モデルに、大胆に手を加える様は、実に「経営者」的視点で、実に興味深く読めた。

そしてこのケースのように、ヴェオリア、アディダス、オットー、BASF、インテル、ユニクロ(今日の新聞でどどんと宣言してましたね)など数々の有名企業が名乗りを上げ、ユヌスからの返答にYES!と答え、実際に事業化されていく様が描写されていて迫力がある。
面白いのは、ユヌスの返答をどう実現するかを検討する多くの企業で、そのプロジェクトが発表された瞬間、企業全体でそれが熱狂的に受け入れられることだ。
日常磨いてきた仕事のノウハウを通じて、人に貢献できるかもしれないということが、その企業人集合の「誇り」に火をつけるということだろう。
ソーシャル・ビジネスとは「喜び」である、というユヌスの言葉通りで感心する。

冒頭にも書いたが、ユヌスの語り口にますます確信がこもってきており、力強い。
それは「第9章 貧困の終焉―その時は今」の15ページを読むだけでも理解できる。
その部分だけでも一読をお勧めしたい。

(次は「繁栄(上)(下)にいこうと思うのだけれど、こちらは合理的楽観主義らしく、タノシミ!)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« 「ブログでサ... 予告:先に予... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ソーシャルビジネスの知恵 (施設長の学び!)
 定員15人の福祉施設。うち5人は無償で利用でき、10人には規定の利用料が請求されます。  10人の負担によって15人分の支援費用をまかなう仕組み。うまく運用すれば、例えば貧困 ...
 
 


 
編集 編集