日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

最近は「独自のルーツ系ブルース・ロケンロール爺」

が当ブログのボブ・ディラン Bob Dylan(74歳)のイメージ。

 

ここ3年間の × 2の来日公演にもハマった結果、シリーズでライブ・レポートをアップしている。

(ボブ・ディラン来日2014 3/31~4/23東京 札幌 名古屋 大阪 セットリストまとめ(計17回)、ボブ・ディラン来日2016 4/4初日 感想)

 

そこで今日はノーベル獲得記念 当ブログ推奨、過去ではなく昨今の「独自のルーツ系ブルース・ロケンロール爺」の最近のベスト10ソングを勝手に選出しまあす!

 

、という勝手な思いつきロケンロール企画(笑)

(最近のライブでの出来の良さ、が優先事項、かつ自分の曲、が前提)

 

 

1.Beyond here lies nothing =2009 Together through life 

この腐れ具合は、他にはありえない(笑)

 

2.Pay in blood =2012 Tempest

この開き直り具合も、他にはありえない(笑)

 

3.Things have changed =Wonder Boysのサントラ

最近のライブのオプニング定番!

 

4.She belongs to me =1965

言うまでもない?

 

5.What good am I? =1989 Oh Mercy

ライブでの、あのつぶやき具合が最高。

 

6.Tangles up in blue =1974 同タイトル

いつ聞いても、素晴らしい出来。

 

7.Spirt on the water =2006 Modern Times 

この名盤からゼロがあり得ない!

 

8.Tempest =2012 Tempest

この歳で、こんなロングな曲に挑戦するとは… 感服

 

9.Love sick =1997

アカデミー取ったが、超重い名曲はこのへんで(笑)

 

10.It’s all good =2009 Together through life

最後は 好みの一発!



最後に、

今後、ステージ上にいつも置く アカデミー賞の金ぴかのオスカー像(レプリカ)だけでなく、ノーベル賞の盾とメダルのレプリカが加わるだろうことを、実際に観るのが楽しみだあ!(笑)


追記:受賞の翌日からディランはアンコールのラスト曲をずうっと、Why Try To Change Me Now にしてるそうな(笑)

 

というわけで彼の曲ではないが最新アルバムから、

(エキストラ)

EX:Why Try To Change Me Now

今更わたしを変えようなんて思わないで...

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 読後評:ビッ... 読後評:レス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集