日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





オープニングから既に美しい映像。
早朝の大地に降り注ぐ太陽の日が、わーっと広がって行く。
これだけで思う、
究極に美しいアニメーションだな これは!


その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。
現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積み重なってくる。

と、単純に映像詩として堪能してしまった!


エンジン他のメカへの愛はもちろんとして(笑)、夏の日差しと影、とか、湧き水、とか、限りない。
こうなってくると、ストーリー云々はどうでも良くなってくる。
そうして、完全に「映像詩」として純粋に堪能!
(別にストーリーが弱いとは思っていないし、ジャンルが恋愛かノスタルジーかもも全くこだわらないモード 笑 )


これで感じていただけると思うが、この映画は「劇場」で体験すべき1本だなと。
2時間びっちりと、目に焼き付けたい映像が展開されてしまうと、テレビスクリーンでどんなに大きい機器での初見だろうが、それは OUT!(あるいは一発レッド)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 72 )



« 3,000 days si... 読後評: SHAR... »
 
コメント
 
 
 
対抗パシフィック・リム (ふじき78)
2013-08-18 22:08:41
病弱な身体を治す為に陸軍研究所に投与された新薬によって巨大化した妻を新開発したゼロ式戦闘機で戦いを挑まなければならない夫。

うおおおおおう、俺は頭が悪いからそういう方が見たい(すんません、こんなコメントで)
 
 
 
わおっ! (onscreen)
2013-08-23 23:12:18
面白過ぎるコメント、いいっすねえ~!
どんどんお願いしますう
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『風立ちぬ』 宮崎駿と堀越二郎を繋ぐのは誰だ? (映画のブログ)
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父はガソリンの自家用車に乗って...
 
 
 
風立ちぬ (あーうぃ だにぇっと)
風立ちぬ@スペースFS汐留
 
 
 
風立ちぬ(2013) (佐藤秀の徒然幻視録)
庵野秀明、瀧本美織サイコー!! 公式サイト。宮崎駿原作・監督、主題歌:荒井由実「ひこうき雲」。(声)庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜 ...
 
 
 
『風立ちぬ』 (こねたみっくす)
人が見る夢は儚い。でもだからこそ美しい。 これは『コクリコ坂から』以上に大人の映画。しかも宮崎吾郎監督のような若造が描く懐かしさではなく、宮崎駿監督のように実体験を反 ...
 
 
 
映画『風立ちぬ』★すきま風にゴメンネ…withシベリア^^; (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161566/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     宮崎駿さんのアニメ作品は、ほとんど見ていないのですが ^^; ユーミンの「ひこうき雲」付き...
 
 
 
『風立ちぬ』 2013年7月7日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『風立ちぬ』 を試写会で鑑賞しました。 昨日のポケモンに続き、エンドロールで帰る人はなく上映後には拍手がありました。 こういう感じなってくると映画を見てよかったと思える。 (個人的な映画の感想とは別ですけど) 【ストーリー】  大正から昭和にかけての日本...
 
 
 
『風立ちぬ』 (時間の無駄と言わないで)
久々に映画館で宮崎アニメを観た。 「千と千尋」以来だから結構経ってますねぇ。 わざわざ映画館で観るのにモノラルサウンドってのはさておき、今までのとは大分毛色の違う感じ ...
 
 
 
【風立ちぬ】美しい飛行機と美しい夢 (映画@見取り八段)
風立ちぬ      監督: 宮崎駿    出演: 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎 公開: 2013年7月20日 2013年7月4日。劇場観賞。(試写会) 2週間も前に試写会で見た...
 
 
 
風立ちぬ 感想♪ (★ Shaberiba )
美しい風景と共に描かれる風の描写が秀悦!
 
 
 
風立ちぬ (悠雅的生活)
帽子。パラソル。紙飛行機。試写会にて。
 
 
 
[映画『風立ちぬ』を観た(前篇)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・いやぁ、風が立ちまくっていました!!!  たいがい 宮崎駿監督の独りよがりの作品に思え、批判する準備をしていたのだが、あまりの傑作に驚いた。  取り急ぎ、幾つかのことについて言及しておく。  なんか、マッチョ好きのホモの映画評論家気取りが、この...
 
 
 
劇場鑑賞「風立ちぬ」 (日々“是”精進! ver.F)
それは、美しい夢… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307200001/ 【送料無料】風立ちぬ サウンドトラック [ 久石譲(音楽) ]価格:3,000円(税込、送料込...
 
 
 
天上大風~『風立ちぬ』 (真紅のthinkingdays)
 1920年代の日本。少年・堀越二郎は空に憧れ、「美しい飛行機を造る」 こと を夢見る。帝大に進学した彼は大震災の日、美しく利発な少女・菜穂子と出逢う。  宮崎駿監督5年ぶりの新作映画、スタジオ...
 
 
 
「風立ちぬ」飛行機と出会い設計を志した先にみた時代に飲み込まれながら夢で見た故障しない高性能飛行機の製作 (オールマイティにコメンテート)
「風立ちぬ」は宮崎駿監督5年ぶりの新作で関東大震災から太平洋戦争に掛けて描かれ、零戦の設計者堀越二郎を主人公に堀越二郎が飛行機設計に注ぎ込みながらもその間に出会った1 ...
 
 
 
風立ちぬ (Akira's VOICE)
生きるって切ないが嬉しい。  
 
 
 
風立ちぬ (はるみのひとり言)
試写会で観て来ました。夏休みの子供向けなのかなと思っていましたが、5年ぶりジブリの新作は大人向けなストーリーでした。零戦の設計者 堀越二郎さんの物語です。美しい飛行機を造るのが子供の頃からの夢だった二郎さん。東京の大学で学び、航空機製造会社に就職し戦闘....
 
 
 
『風立ちぬ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....
 
 
 
風立ちぬ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ジブリ製作の作品だけど子供向けではない。文学的であり夢想的でもあり、ただ生きることを賛美している。零式艦上戦闘機がもしなければ日本は太平洋戦争を起こせなかったと考えても、設計者の責任など問えない。大きな時代の流れで日本全体が向かった先を知っている我々は...
 
 
 
風立ちぬ   ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。美しい飛行機を製作したいという夢を抱く青年が成し遂げたゼロ戦の誕生、そして青年と少女との出会いと別れをつづる。主人公の声には『エ...
 
 
 
「風立ちぬ」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
とても美しくて、良い映画だった。でもこんなにキスシーンがある宮崎作品は初めて観た気がする。だからということではないが、幼児から”ポニョ気分”でせがまれて劇場に足を運んだ親は、場合によっては途中で退出を
 
 
 
風立ちぬ (Break Time)
今朝は、朝方曇り空で気温も高くなく
 
 
 
風立ちぬ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
ジブリ作品は苦手だった私が予告編を観て「これなら観たい」と,劇場に足を運んだ作品。とてもよかった。素直に,感動できた・・・・。従来のジブリ作品がお好きな方なら賛否両論分かれても仕方がないようなまさに「大人むけ」の,ある意味「地味」かもしれないジブリ作品...
 
 
 
『風立ちぬ』('13初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 7月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:10の回を鑑賞。
 
 
 
風立ちぬ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
風立ちぬ、いざ生きめやも。 改めて、宮崎駿の凄さを思い知らされた。 零戦の設計者として知られる航空機技師・堀越二郎の半生をベースに、同時代の作家・堀辰雄の代表作で、山口百恵主演の同名映画でも有...
 
 
 
貧困国の裕福物語。『風立ちぬ』 (水曜日のシネマ日記)
1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の物語です。
 
 
 
風立ちぬ (試写会) (風に吹かれて)
ジブリは後継者がいないのね公式サイト http://www.kazetachinu.jp7月20日公開宮崎駿が月刊模型雑誌「モデルグラフィックス」に連載していた漫画を基に、零式艦上戦闘機の設計者として
 
 
 
大人が感動するアニメなんだろな~。~「風立ちぬ」~ (ペパーミントの魔術師)
ジブリが夏休みにぶつけてくる大作は 子どもがみてワクワクドキドキなものだという固定観念は どっかで捨てなきゃいけない。 ファンタジーばっかじゃないジブリの底力も見たような気がするし これから何処へ行くのかを模索してるようにも見えた、そういう作品。 でも、....
 
 
 
「風立ちぬ」 (大吉!)
(ユナイテッドシネマ・女性サービスデー・12時30分~) さっそく行って来ました。 そういえば夏休み・・チケット売り場が混んでたです。 今回のモチーフが”零戦”だとか「風立ちぬ」(純文学?)のせい...
 
 
 
風立ちぬ (単館系)
風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、 1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。 大正から昭和にかけての日本。...
 
 
 
風立ちぬ (映画の話でコーヒーブレイク)
「風立ちぬ~」と言われたら「い~まぁ~はぁ~、秋~」と思わず口ずさんでしまいます。 子供の頃、零戦のプラモデルを作った記憶があります。 父と一緒に作りながら、零戦のフォルムが如何に美しいかを熱く語ってくれたのですが、 当時の私にはよくわかりませんでした。...
 
 
 
風立ちぬ  監督/宮崎 駿 (西京極 紫の館)
【声の出演】  庵野 秀明(堀越二郎)  瀧本 美織(里見菜穂子)  西島 秀俊(本庄季郎)  西村 雅彦(黒川) 【ストーリー】 大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。航空機の設計者である堀越二郎は....
 
 
 
■風立ちぬ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第315回「大人のための恋愛ファンタジー映画」 「ジブリ映画=宮崎駿は大好きです。」とこう前置きしておきます。そう前置きしたうえで「最近のジブリ映画はあまり好きではありません。」劇場で鑑賞したのは「ゲド戦記」を最後に劇場から足は遠のいていました。そんな....
 
 
 
映画「風立ちぬ」 (FREE TIME)
映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。
 
 
 
映画『風立ちぬ』観てきた (よくばりアンテナ)
久しぶりの宮崎駿作品。観なくっちゃね。 シネコンの多いこの地域で、公開後1週間で上映回数も他の映画よりも多い。 ああ、人気なんだなぁ、それに夏休みだ。 そして、週末だろうとサービスデーだろう...
 
 
 
「風立ちぬ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
76年の百恵・友和の「風立ちぬ」も劇場鑑賞してました(^^ゞ 4つ★
 
 
 
風立ちぬ(’13) featuring 「ひこうき雲」<1> (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、神保町の一ツ橋ホールで楽しみにしていた「風立ちぬ」試写会当日、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。 開場になって、入り口の招待券を渡す辺りですでに「ひこうき雲」が聞こえてきて、場内でも開映まで繰り返し...
 
 
 
風立ちぬ(’13) featuring 「ひこうき雲」<2> (Something Impressive(KYOKO?))
風立ちぬ(’13)<1>の続きです。 7/23追記:それにしても、この糸口になった「ユーミンの吐息・・」は、Amazon欄でもレビューなし、ひっそりしたユーミン本だったのかも。 この著者深海遙、という人は、今回ちょっと検索してみたら、別名とよだもとゆき、今7...
 
 
 
風立ちぬ/庵野秀明、瀧本美織 (カノンな日々)
『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の最新作です。公開前から既に超話題作って感じですが、宣伝手腕も巧みでTOHOシネマズに映画を観に行くとほぼ必ず目にする4分間の特 ...
 
 
 
風立ちぬ (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれるので、見るのをやめようかとも思いましたが、久しぶりの宮崎駿監督作品でもあり(注1....
 
 
 
風立ちぬ (シェイクで乾杯!)
これまでにない、ちょっと大人のファンタジーだ
 
 
 
『風立ちぬ』 (beatitude)
かつて、日本で戦争があった。 大正から昭和へ、1920年代の日本は、 不景気と貧乏、 病気、そして大震災と、 まことに生きるのに辛い時代だった。 そして、日本は戦争へ突入 していった。 当時の若者たちは、そんな時代をどう生きたのか? イタリアのカプローニへの時...
 
 
 
風立ちぬ (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】飛行機を作る人のファンタジーな感じの映画
 
 
 
映画「風立ちぬ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013/7/24、ユナイテッドシネマ豊洲。 国内最大級スクリーン、スクリーン10。 出来るだけ前方で見るように心がけているが、 前方の通路より前(A~D列)は、明らかに前過ぎ。 今回はF列で見たがまだ前過ぎる感満載。 次回はH列くらいで見よう。 *    ...
 
 
 
風立ちぬ (CINEMA見聞録 )
 大正から昭和へと移りゆく時代。工業技術で世界に遅れていた日本で、いつか美しい飛
 
 
 
映画『風立ちぬ』 (健康への長い道)
 『崖の上のポニョ』以来5年ぶりとなる宮崎駿監督の新作を、新宿ピカデリーにて鑑賞。 Story 少年の頃から飛行機に憧れ、東京の大学に進学、ドイツへの留学を経て、航空技術者となった堀越二郎(声:庵野秀明)。夢や憧れ、恋、やがて近づく戦争など、零戦を設計したこ...
 
 
 
「風立ちぬ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・日本/スタジオジブリ配給:東宝 監督:宮崎 駿原作:宮崎 駿脚本:宮崎 駿作画監督:高坂希太郎音楽:久石 譲主題歌:荒井由実「ひこうき雲」プロデューサー:鈴木敏夫 宮崎駿が模型雑誌「月刊モ
 
 
 
風立ちぬ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画   戦争ものでもないし、恋愛ものでもない。   激動の昭和初期を生きてきた人間のストーリーだった。   飛行機のプロペラの回転音やエンジンの音まで   役者が演じているのに...
 
 
 
『風立ちぬ』 (時間の無駄と言わないで)
久々に映画館で宮崎アニメを観た。 「千と千尋」以来だから結構経ってますねぇ。 わざわざ映画館で観るのにモノラルサウンドってのはさておき、今までのとは大分毛色の違う感じ ...
 
 
 
映画・風立ちぬ (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 私は4分予告編で十分だと思っていたのですが 主人の希望で夫婦50割で観賞してきました 金曜夜18:25~ 300人以上収容のスクリーンに20人くらいだったかしら 巷の噂がきいていたからか子供はゼロ 良かった良かった (^_^;) ところで映画の感想 ...
 
 
 
「風立ちぬ」 テクノロジーの両側面 (はらやんの映画徒然草)
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍
 
 
 
「安定した職業」のみをめざす子供たちへのアンチテーゼか ─ 風立ちぬ ─ (Prototypeレビュー)
─ 宮崎駿監督「風立ちぬ」 ─ 今年のジブリ映画の最新作「風立ちぬ」。子供ができてしばらく映画は諦めざるを得ないと思っていましたが、帰郷中にふいに自由時間ができたのでここ ...
 
 
 
映画を観た~風立ちぬ~ (垂直落下式どうでもいい話)
劇場観賞30本目、本文はこちら→
 
 
 
宮崎駿のリアル (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。 大正から昭和にかけての日本。 航空機の設計者である堀越二郎は飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上げたいという夢と菜穂子との恋を描く ジブリ、宮崎駿監督 新作! ゼロ戦の設計者・堀越....
 
 
 
「風立ちぬ」 (ゆっくり歩こ。)
大好きなジブリ! 間違いなく期待して良いだろう  と嬉しさいっぱい で観に行きました 下の息子も観たいと言ったので一緒に~    これは・・・ 今までのジブリ映画とは全く違いますね 物語の中にぐいぐい引き込まれて → ドキドキ・ハラハラ、感動。。 ...
 
 
 
風立ちぬ (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kazetachinu.jp/ 5年ぶりの宮崎駿監督作品に期待しまくり。 4分間の予告編を観て映像とユーミンの歌声に最高傑作と予感するも、素人の庵野秀明の吹替えに一抹の不安を覚えつつの鑑賞。 久々に当たった試写会を仕事でキャンセルせざるを得なか....
 
 
 
「風たちぬ」、ジブリの実話ものです。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ ジブリ好き ☆☆☆☆ 漫画とはいえ、昭和初期から戦争の時代まで、 特に関東震災は、素晴らしい映像だった。 話は、ゼロ戦という、第二次世界大戦に登場、日本の航空機技術の高さを示した戦闘機の開発物語。 主として、開発(設計)を担当した...
 
 
 
風立ちぬ (ただの映画好き日記)
大正から昭和にかけての日本。戦争や大震災、世界恐慌による不景気により、世間は閉塞感に覆われていた。
 
 
 
『風立ちぬ』を109シネマズ木場3で観て、これは評判いいの?ふじき★★(地獄のようにひどい事を書きます) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★愛と性の吐吐露】 これは何? 評判いいの? 全く乗れない。最後まで眠らずに起きてはいたけど(いたつもりだけど)。 賛否両論渦巻く庵野監督の声も私自身 ...
 
 
 
風立ちぬ (2013) 126分 (極私的映画論+α)
 風立ちぬ~今は秋~♪(違)
 
 
 
風立ちぬ (仲間が増えるといいなぁ・・・)
ずいぶん前に母が観たいと言っていたので、ちょっと気になっていました。 私としては、「観たい!」という思いはなかったのです。ジブリの作品は、好きですよ。 公開日が過ぎてから 私「いつ『風立ちぬ』を観に行くの?」って聞いてみました。 母「・・・」 私「宮崎...
 
 
 
風立ちぬ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】宮崎駿 【声の出演】庵野秀明/瀧本美織/西島秀俊/西村雅彦/スティーブン・アルバート/風間杜夫/竹下景子/志田未来/國村隼/大竹しのぶ/野村萬斎 【公開日】2013年 7月20日 【製作】日本 ...
 
 
 
『風立ちぬ』に関するノート(不完全版) (L'ATALANTE)
いのち短し 恋せよ少女 朱き唇 褪せぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 明日の月日は ないものを ヒューマニズムと破壊衝動に引き裂かれながら、後者が前者を凌駕してしまう様がそのままスリリングに画面に貼り付いてしまう映像作家として、宮崎駿とスティーヴン...
 
 
 
風立ちぬ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「風立ちぬ」監督:宮崎駿声の出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、國村隼、志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 他 配給 ...
 
 
 
風立ちぬ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:宮崎駿 声出演:庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルバート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ 【解説】 解説: 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾...
 
 
 
『風立ちぬ』 (こねたみっくす)
人が見る夢は儚い。でもだからこそ美しい。 これは『コクリコ坂から』以上に大人の映画。しかも宮崎吾郎監督のような若造が描く懐かしさではなく、宮崎駿監督のように実体験を反 ...
 
 
 
風立ちぬ (だらだら無気力ブログ!)
やっぱ主人公の声に違和感を感じてしまう・・・。
 
 
 
「風立ちぬ」は泣きどころもわからないまま綴られる一大叙事詩 (映画のインデックスノート)
宮崎駿が自分の作った作品で初めて泣いた。みっともない監督だ。と恥じていたので、その期待感は膨らむばかりだったが、どうも宮崎駿の泣きどころは別のところにあったようで、 ...
 
 
 
No.056 「風立ちぬ」(2013年 126分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?~Last Man Standing)
監督 宮崎駿 出演 庵野秀明    瀧本美織    西島秀俊 また新たな興業記録を立てそうな作品が出てきました 宮崎駿監督作品のジブリ最新作ですが、この映画で宮崎駿が監督を引退するという事が発表され、ますます話題になってる作品です (あらすじ) 大正か...
 
 
 
風立ちぬ (とつぜんブログ)
監督 宮崎駿 出演 庵野秀明、瀧本美織、西村雅彦、野村萬斎、大竹しのぶ、風間杜夫  今まで何度も引退宣言をしては、新作を創ってきた宮崎監督。この作品を観て、今度は本気だと思った。宮崎さん、この作品で本当に自分がやりたいことを思う存分にやったのではないか...
 
 
 
風立ちぬ (いやいやえん)
戸口の狭い作品なんだなと言う印象。しかし、これをアニメーションで描ききったというところには感嘆する。 ゼロ戦の設計者の堀越さんは有名ですが、きっとゼロ戦好きの父にすれば、色々これをみて誰かに話したくなるに違いない、とは思った。私はそこまで知識がない...
 
 
 
風立ちぬ (銀幕大帝α)
THE WIND RISES 2013年 日本 126分 ドラマ/ロマンス/青春 劇場公開(2013/07/20) 監督: 宮崎駿 『崖の上のポニョ』 プロデューサー: 鈴木敏夫 原作: 宮崎駿 脚本: 宮崎駿 音楽: 久石譲 主題歌: 荒井由実『ひこうき雲』 制作: スタジオジブリ 声の出演...
 
 
 
風立ちぬ (のほほん便り)
かなり賛否両論みたいですが、水彩画チックな印象を抱きました。個人的に好きなのは、初期の夢と希望のある、サービス精神満載な活劇時代なのですが、次第にアーチスト志向になり、「テーマ」が全面に。極彩色で圧倒感のある油絵チックな「もののけ姫」や「千と千尋の神隠...
 
 


 
編集 編集