日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






タイトル、ウォールフラワーの意味は、原題から理解できる。
The Perks of Being a Wallflower、壁の花模様のように無意味に近い存在だった主人公(最近売れっ子、ローガン・ラーマン:写真中央)
そんな彼が、エマ扮する個性的な高校生(写真:左)のグループと付き合いが始まる事から、突然彼の平凡だった人生は色めき立つ。


そうしていかにも青春ものっぽい通過儀礼(たばこ、酒、恋愛 etc...)的展開に。
個性的なメンバーが織りなす物語は、その青春小説を書いたティーヴン・シュボースキー自身が脚本・監督を務めている。
よくも悪くも、彼自身が映画化したことによって、思い入れがたぷり込められた映像は密度がぎっしり。


前に当ブログでアップしているがこの映画、David Bowie の名曲 Heroes を、最高に「痺れる」使い方をしている。 
(2013年4月9日:なぜ今、この「耳鳴り」(笑)のようなこの曲が、マイブーム化してるワケ)

あるシーンで、この曲がかかる。
どういうシーンかは観てのお楽しみだが、ここで強力に「映画」ならではの磁力を発している。
その後の彼らの将来を暗示するかのようなシーンに仕上がっているのだ!

もともとDavid Bowieと言えば、レオス・カラックス「汚れた血」でも異様にカッコ良かったが、この映画は双璧。
笑えるのは、主人公たちはこの曲 Heroes に痺れるのだが、誰の曲かは誰も全く意識していない(笑)
その場ではわからず、後々になってはじめて、他人から作曲者・曲名を知るのだ。

このシーンだけでも見る価値がある、というのは褒めているのだろうか? (のはず)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )



« 「ブログでサ... 映画:メタリ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ウォールフラワー (あーうぃ だにぇっと)
ウォールフラワー@有楽町朝日ホール
 
 
 
ローガン・ラーマン、エズラ・ミラー、エマ・ワトソン主演、スティーブン・チョボスキー監督『ウォールフラワー(The Perks of Being a... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。スティーヴン・チョボスキーが自身の小説『ウォールフラワー』を自ら監督。出演はローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー物語・チャーリー(ローガン・ラーマン)は、小
 
 
 
ウォールフラワー /THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 「RENT レント」の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、ベストセラーとなった同名小説を自ら監督を務め、 社会現象にもなった自身の小説「ウォールフラワー」を基に描いた青春もの 「....
 
 
 
ウォールフラワー/ローガン・ラーマン (カノンな日々)
『RENT レント』の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが自身の小説「ウォールフラワー」を基に自らメガホンをとり映画化。『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 ...
 
 
 
ウォールフラワー (gala)
ウォールフラワー 原題:The Perks of Being a Wallflower 監督:スティーヴン・チョボスキー 出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ディラン・マクダーモット、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト スティーヴ...
 
 
 
ウォールフラワー~絆は秘密の共有 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Perks of Being a Wallflower。スティーヴン・チョボスキー監督、ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ディラン・マクダーモッ ...
 
 
 
ウォールフラワー (風に吹かれて)
誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス
 
 
 
「ウォールフラワー」:残っていく作品 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ウォールフラワー』は'80年代が舞台とは言え、もっと普遍的な、あらゆるジェ
 
 
 
あの頃/壁の花~『ウォールフラワー』 (真紅のthinkingdays)
 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER  アメリカのある街。ウェブの世界がリアルを凌駕する、少し前の時代。心に 傷を抱えた内気な少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校に入学する。 孤独な日々の中、エキセントリックで独特な雰囲気を醸すパ...
 
 
 
「ウォールカラー」、アメリカ版甘酸っぱい青春時代の物語! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆   青春映画好き ☆☆☆☆ 1990年代のアメリカ。 題名の由来の、高校でさえない、壁の花だった文学志望の青年が、フットボール場で勇気を出して知り合った先輩の兄妹。 二人と付き合ううちに、青春儀礼である、酒、たばこ、ダンス、恋人とエ...
 
 
 
『ウォールフラワー』 2013年12月1日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウォールフラワー』 を鑑賞しました。 今日は映画の日なので梯子の1本目 【ストーリー】  1991年、シャイで物静かな高校生チャーリー(ローガン・ラーマン)は、クラスメートたちに“壁の花”とあだ名を付けられ甘く見られていた。だが、彼の平凡な日常は、パトリッ...
 
 
 
ウォールフラワー (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月22日(金) 20:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 フレンドリーな変人たち 『ウォールフラワー』公式サイト フリーパスポート17本目。 「パーシー・ジャクソン」が、苛められっ子というか無視されているとい...
 
 
 
映画・ウォールフラワー (読書と映画とガーデニング)
2012年 アメリカ原題 The Perks of Being a Wallflower 時代背景は1980年代後半から90年代初頭高校に入学したばかりのチャーリー(ローガン・ラーマン)友だちはゼロ、誰も挨拶してくれない、ランチも独りぼっち誰かが声をかけてくれるとしてもイジメか悪口唯一....
 
 
 
ウォールフラワー  (to Heart)
さよなら、壁際の僕。 原題 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作年度 2012年 上映時間 103分 原作:脚本:監督 スティーヴン・チョボスキー 出演 ローガン・ラーマン/エマ・ワトソン/エズラ・ミラー/メイ・ホイットマン/ジョニー・シモンズ/ジョーン・キューザック/ポー....
 
 
 
「ウォールフラワー」 (Con Gas, Sin Hielo)
「無」の自分が「無限」の一部になるとき。 言うまでもないことだが、世の中は不公平だ。 神様は乗り越えられる人に試練を与えると言うが、それは得てして慰みに近く、克服できずに終わる者も多い。 本作の主人公・チャーリーは、幼くして負った心の傷に苦しみ続けて....
 
 
 
ウォールフラワー ★★★ (パピとママ映画のblog)
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思...
 
 
 
「ウォールフラワー」 深い友達 (はらやんの映画徒然草)
昨日の「ブリングリング」に続き、偶然にもエマ・ワトソンの出演作を二日連続して観賞
 
 
 
「ウォールフラワー」 (ここなつ映画レビュー)
観て良かった。心の中に満ちて行くこの想い。 単なる青春映画ではないし、単なる初恋映画でもない。普通なら、本人はそうとは気づかず、宝物のようなきらめく日々を過ごすティーンエイジャー。中学・高校・そして大学へと、一歩一歩階段を駆け上がって行く。時には苦し...
 
 
 
ウォールフラワー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
「エンダーのゲーム」を観た後は同じシネコン で上映していた映画「ウォールフラワー」を続けて 鑑賞です。 ウォールフラワー 原題:THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 製作:2012アメリカ 作品紹介 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』の ローガン・ラーマン、『...
 
 
 
『ウォールフラワー』(映画)拝啓マイセルフ、エマ・ワトソンは元気です (マンガデシネ)
? 99年にアメリカでベストセラーとなった青春小説の映画化なんだとか。その小説を書いた本人が自ら監督として作り上げたということで興味を引かれた。スティーブン・チョボス ...
 
 
 
ウォールフラワー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ウォールフラワー '12:米 ◆原題:The Perks of Being a Wallflower ◆監督:スティーヴン・チョボスキー ◆主演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ケイト・ウォルシュ、ディラン・マクダーモット、メラニー・リンスキー、...
 
 
 
パーシーとハーマイオニーのラブストーリー(違)~「ウォールフラワー」~ (ペパーミントの魔術師)
ウォールフラワー [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-06-03売り上げランキング : 1208Amazonで詳しく見るby G-Tools 原作がそもそも大ヒットで、 期が熟すまで映画化を待っていたらしく、 それが功を奏して、公開当時も映画の評判は随分よかったらしい。やっと見....
 
 
 
パーシーとハーマイオニーのラブストーリー(違)~「ウォールフラワー」~ (ペパーミントの魔術師)
ウォールフラワー [Blu-ray]Happinet(SB)(D) 2014-06-03売り上げランキング : 1208Amazonで詳しく見るby G-Tools 原作がそもそも大ヒットで、 期が熟すまで映画化を待っていたらしく、 それが功を奏して、公開当時も映画の評判は随分よかったらしい。やっと見....
 
 


 
編集 編集