日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






監督クリストファー・ノーランが、初めて挑戦した本格的 S F インターステラー。
タイトルのように、今年のナンバー1に押さなければいけないと考えている。

その理由を、未だ観賞していない方にネタバレにならないように注意しながら、説明したい!



映画のベースになっている理屈系にリアリティを感じる事が面白かった。
のだが、鑑賞後に調べたら、理論物理学者のキップ・ソーン氏がの発案をベースにノーランがまとめあげたそう。
(そのへんのやり取りの内容は、 WIRED US での2人の対談記事で、詳しく語られている)




さて本題。

この映画を評価しなければならない大きな理由として、21世紀に入り停滞してきたSF映画の世界に活を入れたことだ。

1968年に制作された名作「2001年宇宙の旅」は人類の進化がテーマだったが、これを越えるようなスケールの作品は全くない。
去年「ゼロ・グラビティ」があったではないかという向きもあるだろうが、あの映画はあくまでも地球周回軌道から地球への帰還で、スケールが小さすぎ、SF映画の範疇には入れたくない。



一方、SFの価値とは、そんな壁は取っ払い、現実をふまえつつも、その先をイマジネーションの世界を描くことではないか。
太陽系の先を有人飛行でまじめに描く作品がなくなってしまった理由として、アメリカもソ連も他の国も、現実の壁(予算、時間軸など)でもって縮小していることが上げられる。


どこかのインタビュー記事で読んだのだが、ノーランは次のように語っていた。

「昨今、スマホとか、みんな小さい方、小さい方へといってしまっている。私はそういうのが嫌いだ。だから、広い方、広い方へと拡大する映画を作ったのだ」


そう、久々に2001年宇宙の旅の先のイマジネーションを呼び起こした点で、この映画の価値はそこにあり、だからこそ高く評価されるべきなのだ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 47 )



« リオオリンピ... 東京オリンピ... »
 
コメント
 
 
 
ナンバー1 (iina)
2014-12-16 09:50:13
>「昨今、スマホとか、みんな小さい方、小さい方へといってしまっている。私はそういうのが嫌いだ。だから、広い方、広い方へと拡大する映画を作ったのだ」

「みんな一緒」の社会から、「それぞれ」という社会に移行しました。例えば、家庭では固定電話1つを共有しており、価値観がほぼ同じだった気がします。
ところがいまは、携帯・スマホでバラバラになったように、ひとりひとりの個性を目指す時代ともいえます。

iinaも本作を、今年のナンバー1に押そうと思っています。http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/75c9999421aec75a026b3d4a13206b14

 
 
 
おー同士(笑) (onscreen)
2014-12-16 15:00:28
ひとりひとりの個性を目指す時代も悪くはないですが、開拓者精神は捨ててはいけないですよね!

それを呼び起こすのがSFの仕事だと。
それを大胆にやってのけたノーランに拍手です!!
コメントありがとうございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
インターステラー/マシュー・マコノヒー (カノンな日々)
クリストファー・ノーラン監督が理論物理学者キップ・ソーン博士のスペース・トラベルに関するワームホール理論をモチーフにして環境の悪化を原因に食糧危機に陥り滅亡の危機を迎 ...
 
 
 
インターステラー~印度哲学と米国原理宇宙論 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Interstellar。クリストファー・ノーラン監督。マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マット・デイモン、ビル・アーウィン、ジョン・ ...
 
 
 
『インターステラー』 2014年11月21日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『インターステラー』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は凄い!  緊張感を持続しながら見てしまう映画であった 【ストーリー】  近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エ...
 
 
 
映画「インターステラー(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『インターステラー(字幕版)』 (公式)を本日、劇場にて鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら90点にします。 ざっくりストーリー 近未来、地球規模の食糧難と環境変化で地球の寿命が終わろうとしていた。元...
 
 
 
劇場鑑賞「インターステラー」 (日々“是”精進! ver.F)
約束は、必ず守る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「インターステラー」オリジナル・サウンドトラック [ ハ...価格:2,592円(税込、送料込)
 
 
 
インターステラー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(F)(F) アッと驚くサプライズ!!!まさかの大物俳優が(笑)
 
 
 
「インターステラー」 (或る日の出来事)
あいかわらず、ノーランズ(ノーラン兄弟)、壮大だな~。
 
 
 
インターステラー  監督/クリストファー・ノーラン (西京極 紫の館)
【出演】  マシュー・マコノヒー  アン・ハサウェイ  ジェシカ・チャステイン 【ストーリー】 近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミ...
 
 
 
インターステラー (あーうぃ だにぇっと)
インターステラー@ワーナーブラザース映画試写室
 
 
 
[映画] インターステラー (12時間Blog)
川崎TOHOシネマズにて観賞 バットマン以来、四年ぶりのクリストファー・ノーランの監督作である「インターステラー」を公開初日に劇場で見て来ましたが、いやはや、物凄いモノを見させて貰いました!( ゜∀゜)o彡゜ 169分と、あとちょっとで3時間に手が届いてしまう程の...
 
 
 
『インターステラー』 スピルバーグ版とのラストの違い (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。  ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められている...
 
 
 
インターステラー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリストファー・ノーラン 【出演】マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/ジェシカ・チャステイン/ビル・アーウィン/エレン・バースティン/マイケル・ケイン/他 【公開日】2014年 11月22日 【製作】アメリカ、イギリス 【ストーリー】 劇的な環境変...
 
 
 
インターステラー (映画と本の『たんぽぽ館』)
時空を超えた愛 * * * * * * * * * * 本作、3DではないけれどぜひともIMAXシアターで見ようと思っていたのです。 そこで張り切って劇場へ出かけたところ、 「本日機械の故障で、IMAXでの上映はすべて中止になりました」・・・と。 え~。聞いてな....
 
 
 
『 インターステラー 』五次元の愛 (映画@見取り八段)
インターステラー~ INTERSTELLAR ~     監督: クリストファー・ノーラン    キャスト: マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・アーウィン、ジョン・リスゴー、ケイシー・アフレック、デイビッド・ギヤスィ、ウェス・ベント...
 
 
 
「インターステラー」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄かったです。
 
 
 
『インターステラー』 (こねたみっくす)
私の幽霊、それは五次元世界から愛を届けてくれた124歳のパパ。 ついにクリストファー・ノーランがスタンリー・キューブリックの世界に足を踏み入れ、既視感のある物語を時間や重 ...
 
 
 
人間の愚かさと素晴らしさ。『インターステラー 』 (水曜日のシネマ日記)
食糧不足や環境の変化によって地球上の人類滅亡が迫る中、人類を救う為に宇宙へと旅立つ男の物語です。
 
 
 
インターステラー (だらだら無気力ブログ!)
もの凄く見応えのある内容で大満足。
 
 
 
『ゴーン・ガール』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.12.04 『ゴーン・ガール』(試写会)@TOHOシネマズ市川コルトン TOHOシネマズの試写会企画・・・ だったと思う!で当選 全国のTOHOシネマズで同時開催される試写会で、都内では3か所で意外に不便だったので、TOHOシネマズ市川コルトンで応募。倍率も低そうだったので(...
 
 
 
『インターステラー』 (時間の無駄と言わないで)
予告編が全然面白そうじゃなかったから不安だったけど、そこで切らずにちゃんと劇場に足を運んで良かった。 ハードル下げまくって観たせいもあるかも知れないけど、凄い良かった ...
 
 
 
映画「インターステラー」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 私は公開前日の「ハードワーカー」さん主催の試写会に招かれた。客席は通路に設置された補助席まで満席の大混雑だ。映画上映後には杉山すぴ豊(アメコミ系映画ライター)、原カントくん(博報堂ケトル)、恩納力(AOLニュース/ハードワーカーズ編集長)3氏による楽し...
 
 
 
『インターステラー』 (2014) (相木悟の映画評)
壮大なるテンコ盛りSFラブ・ストーリー! 哲学っぽい内容ながら、普遍的な感動を呼ぶスペース・エンターテインメントであった。 本作は、ハリウッド気鋭のヒットメーカー、クリストファー・ノーラン監督作。『メメント』(00)というユニークな作品で世に出た監督ら....
 
 
 
インターステラー (試写会) (風に吹かれて)
本棚の幽霊 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar11月22日公開 監督: クリストファー・ノーラン 劇的な環境悪化による植物の激減と食糧難で、
 
 
 
インターステラー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。主演を務める『ダラス・バイヤーズクラブ』などのマシュー・マコ...
 
 
 
インターステラー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【INTERSTELLAR】 2014/11/22公開 アメリカ 169分監督:クリストファー・ノーラン出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、エレン・バースティン、マイケル・ケイン、マッケンジー・フォイ、ティモシー・シャラメ、ジョン・リスゴー、デヴ...
 
 
 
惑星間移動/重力最強説~『インターステラー』 (真紅のthinkingdays)
 INTERSTELLAR  近未来。頻発する大砂嵐によって小麦やオクラが絶滅し、人類は存亡の危機 に瀕していた。元宇宙飛行士で、今は農夫をしているシングルファーザーのクー パー(マシュー・マコノヒー)は、政府が秘密裏に復活させていたNASAにより、人...
 
 
 
「インターステラー」☆愛は時空を超える (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
壮大である。 荒廃した地球の過酷な自然環境と対比をなす宇宙の美しい姿。 惑星に降り立つ途方もないSFなのに、真実味のある映像とストーリーは、何より裏打ちされた理論があってこそ。
 
 
 
インターステラー (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマ浦和にて鑑賞インターステラー/INTERSTELLAR 2014年/アメリカ/169分 監督: クリストファー・ノーラン 出演: マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/ジェシカ・チャステイン/エレン・バースティン/マイケル・ケイン 公式サイト 公...
 
 
 
「インターステラー」その2 Interstellar (2014 ワーナー=パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
その1はこちら。作品の基本線は、人類が生存できる環境を求めて星間(Interstellar)を飛翔するクルーのお話。「ゼロ・グラビティ」とは桁の違う距離を彼らは航行する。ワームホールが球体だったり、ブラックホールが絶対的な死の世界ではないなど、お勉強になります。....
 
 
 
インターステラー (そーれりぽーと)
クリストファー・ノーラン監督、完全最新作『インターステラー』を観てきました。 ★★★★★ クリストファー・ノーランの尋常じゃないイマジネーションの世界にまた触れられて、頭フル回転で観ながらも、嬉しいため息と緊迫感の緩急で疲れました。 スケールの大きすぎる...
 
 
 
インターステラー (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 環境は加速度的に悪化し、植物の激減と食糧難で人類滅亡の時は確実なものとして迫っていた。 居住可能な新たな惑星を求め、元テストパイロットで農夫のクーパー(マシュー・マコノヒー)、生物学者のアメリア(アン・ハサウェイ)らは、宇宙の彼方へと...
 
 
 
インターステラー (映画の話でコーヒーブレイク)
短いTVスポット予告に登場するマシュー・マコノヒーが フランネルのシャツを着てとうもろこし畑をバックに娘や息子といる姿と 宇宙服に身を包み宇宙船で悲壮な旅をしている姿という大きなギャップに 一体どんな映画なの?と興味をひかれ見てきました。    ****...
 
 
 
「インターステラー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/ワーナー=パラマウント 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Interstellar 監督:クリストファー・ノーラン脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン製作:エ
 
 
 
「インターステラー」みた。 (たいむのひとりごと)
地球環境の変化から食糧難となり人類滅亡が迫った近未来を舞台に、家族とはじめとした人類の未来を守るため、外宇宙へと旅立った元宇宙飛行士でエンジニアだった男(父親)を描いた作品。宇宙移民モノは数あれど、ク
 
 
 
インターステラー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛は、時空を超える。 鬼才クリストファー・ノーラン初の宇宙SF、「インターステラー」はやはりとんでもない作品であった。 物語の背景となるのは、気候変動や天変地異により、人類の母星・地球の寿命が尽きようとする近未来。 種の生存を賭け、居住可能な新たな星...
 
 
 
『インターステラー』('14初鑑賞78・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。
 
 
 
『インターステラー』 壮大な見世物 (Days of Books, Films )
Interstellar(viewing film) 『インターステラー(原題:
 
 
 
「インターステラー」 時空を越え、人の想いを (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランの最新作です。 例によって2時間半を超える長尺の作品です
 
 
 
『インターステラー』 スペオペか? 本格的SFか? (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 クリストファー・ノーラン監督の最新作。  主演はマシュー・マコノヒー。共演にはアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マット・デイモン、マイケル・ケイン、ジョン・リスゴー、ケイシー・アフレックなどと豪華である。  3時間近い上映時間だが、それ...
 
 
 
インターステラー (映画的・絵画的・音楽的)
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐....
 
 
 
インターステラー (とりあえず、コメントです)
異常気象により地球環境が壊れてしまった未来を舞台に描いたクリストファー・ノーラン監督の最新作です。 昨年の公開前からずっと気になっていて、ようやくチャレンジして来ました。 人類を救うために宇宙へと旅立った飛行士たちの運命と、宇宙の果てにある異次元の世界を...
 
 
 
インターステラー (迷宮映画館)
これは父の物語。
 
 
 
インターステラー (銀幕大帝α)
INTERSTELLAR 2014年 アメリカ 169分 SF/ドラマ 劇場公開(2014/11/22) 監督: クリストファー・ノーラン 『インセプション』 製作: クリストファー・ノーラン 脚本: クリストファー・ノーラン 出演: マシュー・マコノヒー:クーパー アン・ハサウェイ....
 
 
 
インターステラー [Interstellar] (2014 USA) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
希に難解すぎて何回も観たくなる映画がある。SunHeroの場合、最初のケースが1968年公開の「2001年宇宙の旅」だった。テレビで初めて見て、終盤で展開される映像美に魅了され、CGとかVFXとか無かった時代にどうやって撮影したのか、不思議で仕方なかった。その上、そもそも...
 
 
 
イントゥ・ザ・ウッズ [Into The Woods] (2014 USA) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
ディズニー映画と言うことで、予備知識ナシで観に行ったら、余り子供向きではないダークなストーリーに、当惑した人も少なくないのではないだろうか?アメリカ・ミュージカル界の重鎮=Stephen Sondheimが作詞作曲を手がけた1987年初演のブロードウェイ・ミュージカルの映...
 
 
 
インターステラー (いやいやえん)
【概略】 地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッション...
 
 
 
インターステラー (Interstellar) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 マシュー・マコノヒー 2014年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 169分 SF 採点★★★★ 馬頭星雲やら木星の大赤斑、最近のお気に入りでもあるわし星雲なんかの画像をボーっと見ている時間が好きな私。ぱっと見静かで美しいそ...
 
 


 
編集 編集