日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






柘榴坂=ざくろざか
当ブログにしては珍しく(笑)、時代劇。
この前観た西部劇(あれはひねってるけど、ね)じゃないが、とても久々!


どうせオーソドックスな展開なんだろうとと思いきや、時代が幕末→明治。
ていうか、この事件がそのきっかけに?な桜田門外の変。

この事件によって、重要課題を仰せつかっていた主人公。
この時代の大変化に順応できるのか?

というわけで、予想外に! 当ブログが追求しているテーマ「変化」に合致。


少子化時代の今後に地方 及び 日本、とか、そうした中での世界との向き合い、とか。
テクノロジーの進歩が、ヒトの行動にどんな新しい変化をもたらしている、とか。
(昨日思いついたのだけれど、以前経験した「ハドソンの奇跡」ネタで記事アップ予定)

このように、当ブログが追求しているテーマだけに、共感度がぐっとアップした。
あとで原作者が浅田次郎と知り、現代の人が書いたからそうなったんだなと納得。


キャストは中井貴一、阿部寛、中村吉右衛門に至るまで、皆良い。
ただ、妻セツを演じた広末 涼子は悪くはないものの彼女のイメージと合わない気が。
彼女はコメディアンヌ的な方が味があるような…



最後に、日本映画だから可能なネタで。

柘榴坂=ざくろざか は、今でいうと、品川駅西口正面から高輪方面に上っていく、あの長い坂。
品プリの映画館でこの映画を鑑賞し、直後に坂を登ってみる、ってのも粋かもね?

コメント ( 3 ) | Trackback ( 26 )



« ドラマ「東京にオ... 「みんなでかなえ... »
 
コメント
 
 
 
柘榴坂 (KGR)
2014-10-14 20:39:00
あの坂が柘榴坂だったなんて今回初めて知りました。
今は直線ですが江戸時代の古地図によればかぎ型の坂。
現在の品川駅辺りは海。
第一京浜が海岸沿いの通りだったようです。

桜田濠の坂(=三宅坂)より柘榴坂の方がきついです。
 
 
 
コメントどうもです (onscreen)
2014-10-15 09:06:00
へー 昔は第一京浜沿いが海だったんですか!

<柘榴坂の方がきついです。
昔よく通ったんですが、ダラダラ長い坂道なので嫌いでした(笑)

映画がきっかけで、東京を改めて見直せるって面白く楽しいですね~
 
 
 
こうやって (onscreen)
2014-10-15 13:16:59
映画きっかけで、東京を見直すのって楽しいですね!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
柘榴坂の仇討~そもそも仇討でない (佐藤秀の徒然幻視録)
時代劇から仇討取れば何が残るか問題 公式サイト。浅田次郎原作、若松節朗監督。中井貴一、阿部寛、広末涼子、高嶋政宏、真飛聖、吉田栄作、堂珍嘉邦、近江陽一郎、木崎ゆりあ、 ...
 
 
 
『柘榴坂の仇討』 (2014) (相木悟の映画評)
時代の荒波を乗り越える人の情! 誇り高き男の生き様を描いた直球の時代劇であった。ゆえに好感度は高いのだが…。 本作は、浅田次郎の短編集『五郎治殿御始末』に収められた同名小説の映画化。浅田原作、主演:中井貴一、音楽:久石譲とくれば、監督は滝田洋二郎かと...
 
 
 
柘榴坂の仇討 (あーうぃ だにぇっと)
柘榴坂の仇討@松竹試写室
 
 
 
柘榴坂の仇討 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
桜田門外の変で一人の武士が古い価値観仇討ちを遂げようと命をかける。江戸から明治に時代が移ってしまい、仇討ちが禁止される。古い常識を捨てて新しい変化に対応する勇気はなかなか持てない。新しい時代に生きる決心に至る過程が、迫真の演技で描き出されている。すばら...
 
 
 
「柘榴坂の仇討」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・日本/木下グループ=デスティニー 配給:松竹 監督:若松節朗 原作:浅田次郎 脚本:高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫 撮影:喜久村徳章 音楽:久石 譲製作統括:木下直哉企画:小滝祥平、嘉手
 
 
 
ショートレビュー「柘榴坂の仇討・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ラストサムライのプライドと宿命。 幕末の桜田門外の変で主君・井伊直弼を目の前で殺され、仇討を命じられた男と、襲撃者一党の中でただ一人、明治の世まで生き残った男。 時代に取り残されたラストサムライたちの、13年に及ぶ武士の誇りと人間としての生き方を巡る物...
 
 
 
柘榴坂の仇討 (映画的・絵画的・音楽的)
 『柘榴坂の仇討』を渋谷シネマパレスで見ました。 (1)中井貴一と阿部寛が出演するというので映画館に行ってきました(注)。  本作(注1)では、1860年に起きた「桜田門外の変」の後日談が描かれます。  桜田騒動(注2)の際、命にかけても主君・井伊掃部頭(中村....
 
 
 
「柘榴坂の仇討」:小説の方が良さそうで・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『柘榴坂の仇討』は、実に正統派の中品(大作と小品の間ぐらい)時代劇。浅田次郎
 
 
 
柘榴坂の仇討 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 "桜田門外の変"でしくった中井さんが敵
 
 
 
『柘榴坂の仇討』 (こねたみっくす)
ひたむきに生きる。例え時代が変わっても。 仇討と聞いて武士の悲哀を描いた作品かと思いきや、その中身は雪景色の似合う大人のラブストーリーでした。全てが予定調和で緊張感も ...
 
 
 
柘榴坂の仇討 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『鉄道員(ぽっぽや)』など数多くの著作が映画化されてきた人気作家・浅田次郎による短編集「五郎治殿御始末」所収の一編を映画化した時代劇。主君のあだ討ちを命じられた武士の不器用な生きざまを通し、幕末から明治へと時代が激変する中、武士として、人としての誇りと覚...
 
 
 
柘榴坂の仇討 (花ごよみ)
  原作は浅田次郎の短編集 「五郎治殿御始末」の中の一編。 五郎治殿御始末 (新潮文庫) 本は以前に買ってあったのに、 読まずにいましたが 短編なので映画の始まる直前に読みました。 原作はすぐに読み終えることのできる短編、 それをどう映画化したのか 楽しみに....
 
 
 
柘榴坂の仇討ち (Break Time)
連休2日目です・・・
 
 
 
映画「柘榴坂の仇討」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/10/6、109シネマズ木場。 台風18号を避けて映画館に退避。 スクリーン5。 中央通路(席はないがE列に相当)の直後のF列を選択。 スクリーン5(シアター5)はスクリーンがシアターのやや右寄りに位置している。 スクリーン中央に正対したい場合、2...
 
 
 
柘榴坂の仇討  監督/若松 節朗 (西京極 紫の館)
【出演】  中井 貴一  阿部 寛  広末 涼子  藤 竜也 【ストーリー】 安政7年、彦根藩士・志村金吾は主君である大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で井伊は暗殺されてしまう。その後、あだ討ちの密命を受けた金吾は敵を捜し続けて13年が経過する。明治...
 
 
 
柘榴坂の仇討 (to Heart)
制作年度 2014年 上映時間 119分 原作 浅田次郎『柘榴坂の仇討』(『五郎治殿御始末』所収) 監督 若松節朗 脚本 高松宏伸/飯田健三郎/長谷川康夫 音楽 久石譲 出演 中井貴一/阿部寛/広末涼子/高嶋政宏/真飛聖/吉田栄作/藤竜也/中村吉右衛門 主君・井伊直弼の仇を追い....
 
 
 
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 2014年6月11日 松竹試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『柘榴坂の仇討/モニター試写会』 をモニター試写会で鑑賞しました。 観た当時は情報を書き込まないように署名していましたので控えていました。 で、案の定、内容は忘却されています。。。 【ストーリー】  安政7年、彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は主君である大...
 
 
 
『柘榴坂の仇討』 (soraの日常生活)
『柘榴坂の仇討』、観ました。 原作は浅田次郎さんの小説で、 桜田門外の変で討ち取られた大老井伊直弼に仕えた家臣と 敵側の水戸浪士役のその後を描いた作品。 家臣役は中井貴一さん、仇役に阿部寛さん。 私は妻役の人が苦手な女優さんだったけど内容的にはいい作....
 
 
 
柘榴坂の仇討 (映画好きパパの鑑賞日記)
 俳優陣は安定しているし、浅田次郎原作ということでストーリーも手堅いのですが、セットが今一つ。また、終盤のアクションシーンは「るろうに剣心」を見てしまうと、どうしても迫力に欠けますね。こちらのほうが現実的な殺陣なのですが。  作品情報 2014年日本映画 ...
 
 
 
柘榴坂の仇討 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。彦根藩士・志村金吾は敬愛する主君・井伊直弼に仕えていました。しかし「桜田門外の変」で井伊直弼は暗殺されてしまいます。主君を守れず一人生き残った金吾は切腹することも許されず、生き残りの刺客を探し出し仇を討つよう命じられます。幕末から明治...
 
 
 
『柘榴坂の仇討』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「柘榴坂の仇討」 □監督 若松節朗□脚本 高松宏伸、飯田健三郎、長谷川康夫□原作 浅田次郎□キャスト 中井貴一、阿部 寛、広末涼子、中村吉右衛門、高嶋政宏■鑑賞日 9月20日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ...
 
 
 
柘榴坂の仇討 (映画と本の『たんぽぽ館』)
良くも悪くも武士の矜持 * * * * * * * * * * 幕末期。 歴史に名高い「桜田門外の変」が発端となります。 彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、 主君井伊直弼(中村吉右衛門)の警護にあたっていました。 しかし雪の降るその日、水戸藩浪士によって...
 
 
 
『柘榴坂の仇討』を丸の内ピカデリー1で観て、地道に着実にだなふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★広末好きやもん】   全体的にゆっくり、地道に、一つ一つ確かめながら、みたいな演出で、 それは確信犯的にそうやろうと思っているのだろうが、 テンポ ...
 
 
 
映画『柘榴坂の仇討』 (健康への長い道)
 15日、17日、本日20日と久々にハイペースで映画鑑賞です。今日は『柘榴坂の仇討』。歴史・時代小説も好きで良く読みますが、浅田次郎さんの作品は読んだことがなく、浅田文学が原作の映画も初めてです。元は短編だそうです。 Story 安政7年3月3日、江戸城桜田門外で大...
 
 
 
『柘榴坂の仇討』('14初鑑賞68・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 9月22日(月) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 12:20の回を鑑賞。
 
 
 
柘榴坂の仇討 (いやいやえん)
【概略】 安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾は、時の大老・井伊直弼に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツは酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩も既...
 
 


 
編集 編集