日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

極私的 2011年 映画鑑賞 ベスト10 で、第3位に入れた作品で思い入れがある。

当時の感想 =「予想外にツボに入りまくり。あっと驚きにウェルメィドな1作」

 


今日、映画評論家 粉川哲夫の【シネマノート】を眺めていたら、この映画が。

「音楽を含めて、細かく見ていくと非常にディテールに含蓄のある作品」と褒めていた。


そこで急遽、出来の良さを再実感の理由 その(3)を。

 

 

出来の良さを再実感の理由 その(1)(2)は以下のよう。

 

面白い理由その(1)

=主人公が「番組のキレを良くするジャッジをズバズバ・バシバシ」出すことで、早朝番組が実際に輝きだす(ようにみえる)こと。

 

面白い理由その2。

=この映画は、NY州観光局の全面的な協力を得ていて、ラストにもそのロゴが出てくる。

このため、切り取るNYの景色がいちいち「魅力的」(例:マンハッタンヘンジ)

 

 

そして今日、映画評論家 粉川哲夫氏 が与えてくれた知見は。

 

ハリソン・フォード(写真:右)がやけ酒中の店を特定しようとするプロデューサー(写真:左)

5軒探し回り、ラストにたどり着く 21 club 21 West 52nd Street は当ブログお気に入りの店。
カジュアルなバーゾーンとフォーマルなゾーンに区分されているが、バーゾーンで十分に楽しめる

インテリアが素敵なだけでなく、店のサービスを提供するウェイターたちはどの人からも「この道○○年」的雰囲気を体中から発散(当然、客も)

 

 

今日の話題はハリソン・フォードはこのバーで昔の仲間数人と歓談、のシーン。

 

<行き当たるバーで身だしなみのいい老人たちとマイクがおしゃべりをしている。

<そこには、モーリー・セイファー (Morley Safer) やボブ・シーファー (Bob Schieffer) の姿が

 

記憶にある人たちだとは思ってたけど、マサカのテレビ界のエリート・キャスターたち!!!

 

 

モーリー・セイファー (Morley Safer) は「60 Minutes」の重鎮。

 

ボブ・シーファー (Bob Schieffer) も、「60 Minutes」だけでなく、CBS の看板番組の重鎮。

 

 

確かに確かに!

「細かく見ていくと非常にディテールに含蓄のある作品」



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 映画:ミスペ... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集