日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。
のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくネタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑)



1.まずは、もうすぐ公開「運命のボタン」
ボタンを押せば大金が手に入るが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。
そんな、究極の選択を迫られた夫婦の運命を描くスリラー。

隠れた名作「トニーダーゴ」の監督だけに、期待したのだが.......
キャメロン・ディアスが役の性格上(1970年代 主婦)冴えないし、老けてみえて痛々しいのでみていて辛くなってくる。
(まあ次はトム・クルーズ相手に、いつものコメディアンヌぶり発揮のようだが)
フランク・ランジェラはいつもながらの存在感で、この作品を引っ張ってはいる。


2.次は、今月下旬公開「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」
まあ「普通にいい話」で、タイトル通りの話なのだが、個人的にはうけつけない。

その問題点は「音楽」。
クリント・イーストウッドどころではない(笑)、過剰な「音」「音質」「音量」が充満していて、マジ気持ち悪い。
製作が「三丁目の夕日」をつくったROBOTだから、その路線でやってしまったのは理解したいのだが、それがこの作品をぶち壊してしまった。

全くあの感じ、の音楽展開を「現代劇」でやってはイカン!
昭和初期のノスタルジー物だから、許された世界観なのだから.....
また主演の中井も、会社員時代と、電車を運転しているところだけは良いのだけれど、その他の演技はちょっと。。。。

そして最後にダメ押し、ユーミン御大の登場で遂に吐き気がしはじめ、即!退席(笑)


3.最後は、昨日から公開の「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

前作から、あまりに設定変え過ぎ(笑)
私は正直、ちょっとついていけなかった。
哀川 翔の演技はアンチ・ヒーローな演技が素晴らしい。
その分、サブキャラが皆、ヒーローもののクサさを引きずっていて全く気持ち悪い。

最大の欠点は、仲里 依紗(写真)が個人的に好みじゃない(笑)こと。
そこがツボの方には、総てのバカバカしさも吹き飛ぶのではないか!?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 60 )



« ブログでサッカー... おかげさまで当ブ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (LOVE Cinemas 調布)
冴えない小学校教師が憧れのヒーローに変身し、エイリアンから地球を守った『ゼブラーマン』の続編。今回は2025年、ゼブラシティと名を変えた東京が舞台だ。監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎、主演の哀川翔といったオリジナルメンバーが結集。セクシーなライバル・...
 
 
 
運命のボタン (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・脚本: リチャード・ケリー キャスト ノーマ☆キャメロン・ディアス アーサー☆ジェームズ・マースデン フランク・ランジェラ ジェームズ・レブホーン ホームズ・オズボーン 他 【ストーリー】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)と...
 
 
 
『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』は時計じかけ? (映画のブログ)
 東京ドームシティで行われた完成披露試写会は、主要スタッフ・キャストのみならず、ゼブラポリスとゼブラミニスカポリスまでもが白黒のス...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (Akira's VOICE)
メチャクチャすぎて面白い!  
 
 
 
運命のボタン /THE BOX (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あなたなら、押しますか? ボタンを押せば1億円、 ただし見知らぬ誰かが死ぬ{/atten/} お金が欲しいとか、誰かが死ぬとか関係なく、 そこにそんな怪しい...
 
 
 
「俺の背中に立つんじゃねえ!」ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・お馴染みクドカン小ネタ及びラストに触れています。鑑賞後に御覧下さい。「俺の背中に立つんじゃねえ!」の台詞と共に6年前に公開された「ゼブラーマン」の続編「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」が哀川
 
 
 
[映画『ゼブラーマン −ゼブラシティの逆襲−』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜勤明けの強行軍で午前中に観てきたので、短信でスマソ。  ・・・正直、俺には、そのテンポが合わない作品だった。  監督の三池崇史 と、脚本の宮藤官九郎の感覚の違いが、コメディなのに、その大事な笑いの「間(ま)」を完全に喪失させていた。
 
 
 
映画「RAILWAYS 49歳で電車の運... (masalaの辛口映画館)
 客入りは1階席は満席、2階席は7〜8割くらい、客年齢は高い。 RAILWAYSオリジナル・サウンドトラック 映画の話 大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしなが...
 
 
 
『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』 (ラムの大通り)
----今日は苦手の三池崇史作品。 しかも、あの映画の続編。 ちゃんと最後まで観ることできたの? 「あっ。これが意外と言ってはなんだけど、 けっこうオモシロかったね。 ある種、管理化された未来社会で 人殺しもOK!ってところに、 『リアル鬼ごっこ』を思い出さないで...
 
 
 
『運命のボタン』 (ラムの大通り)
(原題:The Box) ----あれっ。原題は【THE BOX】、箱なのに なぜ、日本のタイトルはボタンになるの? 「うん。これはね、 ボタンと言っても『コララインとボタンの魔女 3D』に出てきたような 洋服のボタンじゃないんだ。 ほら、メインビジュアルを見てごらん。 手が...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (Memoirs_of_dai)
白黒いうより、黒の魅力勝ち 【Story】 教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変貌していた。警官に発...
 
 
 
『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』 ('10初鑑賞66・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆−−− (10段階評価で 4) 5月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:00の回を鑑賞。
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲/哀川翔、仲里依紗 (カノンな日々)
哀川翔さんの主演100本記念作として2004年に劇場公開された『ゼブラーマン』の続編です。前作の公開はたしかこのブログを始めた頃でして私は翌年にDVDで鑑賞したんですけど、これがものスゴク面白くてお気に入りの作品でした。本作は哀川翔さんのデビュー25周年を記念して...
 
 
 
ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
エイリアンを倒して白黒つけたゼブラーマンが再び立ち上がる異色ヒーロー映画の続編。西暦2025年、ゼブラシティとなった東京。そこでは、艶かしいゼブラクィーンの歌声の中、殺人OKのゼブラタイムが導入されていた。教師の市川新市は警官から発砲されて意識を失う。目覚...
 
 
 
『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』・・・白と黒の逆襲 (SOARのパストラーレ♪)
シリーズのテーマとも言える“白と黒”。第二弾となる本作ではこれをとことん突き詰め発展させて、より壮大な三池ワールドに仕上げたという感じだ。白黒の定義が前作を超えたとでも言おうか、まさに前作からの“逆襲”であった。
 
 
 
ゼブラーマン2ゼブラシティの逆襲☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会あるけど同行しない?っと誘われたので行く!って即答して帰宅したら、猫もこの試写会当たってました(爆)まぁこんなこともあるものと、自分の分は友人に譲りました。そしたら、友人からも楽しかった〜〜っと感想いただきました。エイリアンの侵略から世界を救った...
 
 
 
運命のボタン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOX) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「アイ・アム・レジェンド」やスピルバーグ監督の「激突!」、海外ドラマ「マスターズ・オブ・ホラー」の1エピソード「ダンス・オブ・ザ・デッド」などの原作を手掛けるリチャード・マシスンの、1970年...
 
 
 
運命のボタン (LOVE Cinemas 調布)
リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲/哀川翔、仲里依紗 (カノンな日々)
哀川翔さんの主演100本記念作として2004年に劇場公開された『ゼブラーマン』の続編です。前作の公開はたしかこのブログを始めた頃でして私は翌年にDVDで鑑賞したんですけど、これがものスゴク面白くてお気に入りの作品でした。本作は哀川翔さんのデビュー25周年を記念して...
 
 
 
「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 (みんなシネマいいのに!)
 実は前作が小ネタは多いものの、イマイチ弾けないものがあって面白いと思えなかった
 
 
 
「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」ゼブラクィーンとの対決の先にみた白黒合体したゼブラーマンの戦い (オールマイティにコメンテート)
5月1日公開の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」を観賞した。 この映画は2004年に公開されたゼブラーマンの続編で 時は2025年の東京、そこはゼブラシティと化した街で 午前、午後5時にゼブラタイムが導入され、 人殺しをしてもよいという法令が適用...
 
 
 
運命のボタン (Memoirs_of_dai)
短編を長編化することの難しさ 【Story】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、...
 
 
 
「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」 よくぞここまで膨らませた! (はらやんの映画徒然草)
前作「ゼブラーマン」から15年後の世界、東京はゼブラシティと名を変え、毎日朝晩5
 
 
 
「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」え〜い!遊びすぎやわ!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード  “主演・哀川 翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史”。前作「ゼブラーマン」から6年、ムチャな大人が奇跡の再結集!「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(東映)。前作は“哀川 翔 主演100本目記念作品”でしたが、今回は“哀川 ...
 
 
 
運命のボタン (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!あなたなら、押しますか?
 
 
 
「ゼブラーマン−ゼブラシティの逆襲−」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 前作から6年、哀川翔×三池崇史×宮藤官九郎が再びトリオを組んだ待望の続編。2025年、無法地帯と化したかつての東京「ゼブラシティ」を舞台に、記憶と力を失ったゼブラーマ...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (だらだら無気力ブログ)
哀川翔主演100本記念作品となった異色ヒーロー・アクション 『ゼブラーマン』の続編。 前作から15年後の“ゼブラシティ”と名を変えた東京を舞台に、15年間の 記憶をなくした主人公・市川新市が記憶を取り戻すとともに悪の野望の 阻止に立ち向かう姿を描く。 前作同...
 
 
 
運命のボタン コミカルな映画だと思っていたら・・(||゚ω゚||) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=23 -8-】 昨日は大津で交通政策に関する大勉強会、夜の懇親会は大広間で300人近くが一堂に会してってなので、たいへんな迫力だった。 そんな大人数での宴会ってのはお膳に出された会席料理が多いが、俺はいつも乾杯から最初の10分くらいでとりあえずのお膳...
 
 
 
運命のボタン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
気になっていた映画を観に行けた〜【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万ド...
 
 
 
運命のボタン/キャメロン・ディアス (カノンな日々)
ボタンを押せば100万ドルが手に入る。ただし、どこかで知らない誰かが死ぬことにもなる。 究極の選択を強いられる究極のifの世界とも言えそうな物語はまるで『世にも奇妙な物語』や『笑ゥせぇるすまん』のハリウッド版みたいだなと思っていたら原作は『アイ・アム・レジ...
 
 
 
「運命のボタン」 (或る日の出来事)
こういう終わり方ですか!
 
 
 
運命のボタン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOX】 2010/05/08公開 アメリカ 116分監督:リチャード・ケリー出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーンあなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/05/01公開 日本 106分監督:三池崇史出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカStory:教師の市川新市(哀川翔)が目覚めると、東京の街はゼブラシティなる都市に変ぼうしていた。警官に発砲され意識を失った新市が再び目を覚ますと...
 
 
 
運命のボタン (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
運命のボタン’09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が...
 
 
 
『ゼブラーマンゼブラシティの逆襲』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:三池崇史脚本:宮藤官九郎出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ公式サイトはこちら。<Story>小学校教師の市川新市(哀川翔)が目...
 
 
 
運命のボタン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入るかわりに世界のどこかで誰かが死ぬという謎の箱を手に入れた夫婦を描く5/8公開のSFサスペ...
 
 
 
運命のボタン (だらだら無気力ブログ)
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。19...
 
 
 
「運命のボタン」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「運命のボタン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、他 *監督:リチャード・ケリー *原作:リチャード・マシスン ...
 
 
 
運命のボタン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月9日(日) 20:50〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『運命のボタン』公式サイト 本国で大コケと聞いていたが、こいつは、トンデモ映画の範疇だ。 ある日、キャメロン・ディアス夫人の3人家族の玄関先に、早朝...
 
 
 
運命のボタン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ボタンを押せば一億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間。あなたなら押す?・・・押さない?__。 物語:1976年、ヴァージニア州のとある街。ある日の明け方、郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が届けられた。アーサーが開けてみると...
 
 
 
「運命のボタン」 (古今東西座)
この『運命のボタン』を観ながら、久しぶりに映画館で………?……zzz………寝ちゃった…途中までは「創り手が何をしたいんだかよく分からない、ピリッとしないサスペンス」だなぁ、と思いながらも目は開いていたんだけど……気がついたら場面は飛んでいて、大どんでん返し...
 
 
 
ゼブラーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―』を渋谷TOEIで見ました。  主演の哀川翔の映画デビュー25周年にあたる年に制作された記念すべき映画ということで、5月2日の記事で申しあげたように、この映画をジャンプだとして、『誘拐ラプソディ』をホップ、『昆虫探偵ヨシダ...
 
 
 
「運命のボタン」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 ごく普通の、平和な夫婦のもとに届いた謎のボタン。押せば、自分達の知らない誰かが死ぬかわりに、100万ドルが手に入るという。 生活苦と良心の間で揺れ動く夫婦。次第に二人...
 
 
 
ゼブラーマン2 -ゼブラシティの逆襲- (そーれりぽーと)
『ヤッターマン』で日本中を湧かせた三池崇史監督が、哀川翔主演&クドカン脚本で撮ったカルトムービー『ゼブラーマン』の続編、『ゼブラーマン2 -ゼブラシティの逆襲-』を観てきました。 ★★★ よーここまで金かけてふざけた映画を作りよるw 『ヤッターマン』がヒッ...
 
 
 
【運命のボタン】 (日々のつぶやき)
監督:リチャード・ケリー、 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ   あなたなら、押しますか? 「1976年ヴァージニア州のある町、ノーマ・アーサー夫妻の住む家の玄関ベルが早朝鳴り、ドアの前にはある箱が。中には赤いボ
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:末吉 2010年35本目(33作品)です。 【あらすじ】 小学校教師の市川新市が(哀川翔)がふと目覚めると、東京はゼブラシティと呼ばれる街に様変わり。 午前午後の5分間だけ...
 
 
 
★ 『運命のボタン』 (映画の感想文日記)
2009年。アメリカ。"The Box".   リチャード・ケリー監督・脚本。リチャード・マシスン原作。  キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、その他出演。  ボタンを押したら100万ドルの現金を非課税で受け取ることができる。た...
 
 
 
『ゼブラーマンゼブラシティの逆襲』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:三池崇史脚本:宮藤官九郎出演:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ公式サイトはこちら。<Story>小学校教師の市川新市(哀川翔)が目...
 
 
 
RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (だらだら無気力ブログ)
仕事に打ち込み、順調に出世をしてきたエリートサラリーマンが、母親の 病気などをきっかけに、50歳目前にして少年の頃の夢だった電車の運転士に なる姿を描いた感動ドラマ。 主演は『鳳凰 わが愛』の中井貴一、妻役は『犬と私の10の約束』の 高島礼子、娘役は『ス...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (単館系)
ゼブラーマンの続編。 一応パート1は録画で途中まで見た。(あまりの痛さに挫折) 2025年が舞台。 白ゼブラと黒ゼブラの関係はああ、なる...
 
 
 
運命のボタン (映画的・絵画的・音楽的)
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
 
 
 
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ばかばかしい研究所や愉快な宇宙人の描き方など、まじめに見る映画ではない。ニタニタ笑いながら、ポップコーン片手に何も考えずに見るのがちょうどいい。ゼブラクイーンを演じた仲里依紗が、光っていた。
 
 
 
『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」□監督 三池崇史 □脚本 宮藤官九郎□キャスト 哀川 翔、仲 里依紗、阿部 力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ■鑑賞日 5月23日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足...
 
 
 
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」□監督・脚本 錦織良成 □脚本 ブラジリィー・アン・山田、小林弘利 □キャスト 中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、三浦貴大、奈良岡朋子、橋爪 功、佐野史郎、宮崎美子、笑福亭...
 
 
 
★「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
二作目なのに、「〜2」と入れないのは、「1」があまり知られてないからか?? DVDでは観たけど、ぱっとしないヒーローものだった気が。 まあ、年々芸能界で存在感を増してきた哀川翔のコスプレヒーローものは、まあ見もの。 それより、最近評判のいい仲里依紗のゼブラ...
 
 
 
運命のボタン 【行動の 全てに伴う 責任を】 (猫の毛玉 映画館)
『運命のボタン』 THE BOX 2009年・アメリカ リチャード・マシスンの短編小説『死を招くボタン・ゲーム』"Button, Button"映画化。  これは面白か...
 
 
 
運命のボタン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー...
 
 
 
mini review 10505「RAILWAYS」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める感動ストーリー。監督は『白い船』などで知られる島根出身の錦織良成。主人公の男を『亡国のイージス...
 
 
 
運命のボタン (The Box) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだ...
 
 
 
【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何時でも何処でも寝床でも出来るPSPのソフトなどを購入してしまったため、寝る間もブログを書く間も惜しんで遊んでおります 先日の土曜日から日曜日にかけてなどは徹夜...
 
 


 
編集 編集