日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。
アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。


そして鑑賞直後に感じたのはまず、
ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな!

「ブルージャスミン」の時も観た直後にそう感じたのだが、その時よりも確信度がはるかに高い。
とにかく、彼女の存在感があまりに強力なのだ。

物語の展開に合わせ、彼女の雰囲気が明らかに変化するのだが、それは衣装とか化粧のレベルではなく、演技とも感じないような「たたずまい」で観るものを圧倒する。
昨今「大女優」という言葉はほとんど死語と化している様な気がするが、今作の彼女はその言葉がふさわしい。
そう、大女優 = ケイト・ブランシェット の誕生。


物語は静かに進むが、彼女とした役のルーニー・マーラの会話一言一言に緊張感が漂うので、とても濃密な映画鑑賞となる。
こういうのも久々のような気がする ...
2人がどういう運命をたどるのか、最後の最後までハラハラさせられるので、まるでサスペンスのよう…

監督は「エデンより彼方に」「アイム・ノット・ゼア」のトッド・ヘインズだが、過去キャリアでベストの出来と言い切れる。



さて、ついでに...
せっかくアカデミー賞候補が発表されたものの、まだ内容は知らないので、今作でアカデミー候補になるだろうジャンルを予想してみる(笑)

・主演女優賞 ノミネート → ケイト・ブランシェット 受賞で確定(笑)

・助演女優賞 ノミネート → ルーニー・マーラ

・作品賞 ノミネート

・監督賞 ノミネート

・脚色賞 ノミネート

・衣裳賞 ノミネート

・作曲賞 ノミネート

以上、8つのノミネート、1つの受賞、となりました!(笑)



さて実際のノミネート状況を調べると…

・主演女優賞 ノミネート → ケイト・ブランシェット 当たり!

・助演女優賞 ノミネート → ルーニー・マーラ 当たり!

・作品賞 ノミネート 当たり!

・監督賞 ノミネート ハズレ!

・脚色賞 ノミネート 当たり!

・衣裳賞 ノミネート 当たり!

・作曲賞 ノミネート 当たり!


一つだけ(監督賞)外したと思ったら、

・撮影賞 ノミネート!

でノミネートが、合計 × 8 と、数は当たった!!!
凄くね?
(実際に賞を取る、取らないは別にしても)


結論:今年のアカデミー賞レースに大きく食い込むだけある、見ごたえたっぷりの一作。
   気持ち良く2016年の映画鑑賞を始めたいなら、今作でどうぞ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 23 )



« 映画:白鯨と... 今日は、マー... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
キャロル (あーうぃ だにぇっと)
キャロル@ユーロライブ
 
 
 
キャロル (とりあえず、コメントです)
パトリシア・ハイスミス著の「ザ・プライス・オブ・ソルト」を原作に創り上げたドラマです。 ケイト・ブランシェット&ルーニー・マーラ主演と知って、公開を楽しみにしていました。 1950年代のニューヨークを舞台に描かれた二人の女性の人生に色々な想いを感じるような作...
 
 
 
ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その愛は、人生を永遠に変える。 舞台は1950年代のニューヨーク。 エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。 対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。 「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイス...
 
 
 
キャロル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(P) 同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^;
 
 
 
キャロル~←クリスマス (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス=アメリカ。原題:Carol。パトリシア・ハイスミス原作、トッド・ヘインズ監督。ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、ジェイク・ ...
 
 
 
キャロル (そーれりぽーと)
ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが出てるってこと以外、何も知らずに『キャロル』を観てきました。 ★★★ キャストだけで蓋を開けてみたら、ビアン版『テルマ&ルイーズ』(言い過ぎか)的な内容でびっくり。 だいたい、タイトルからクリスマス関係の話だとば...
 
 
 
キャロル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。...
 
 
 
これは不倫か?純愛か?『キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
離婚調停中の人妻と若い女性の恋愛を描いた作品です。
 
 
 
「キャロル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Carol」 2015 UK/USA 1952年のニューヨーク。クリスマスを目前に高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズも忙しくしている。彼女はフォトグラファーになることが夢。そしてボーイフレンドのリチャードからはプロポーズされヨーロッパに行こうと熱...
 
 
 
『キャロル』 (こねたみっくす)
「憧れ」や「代用」は恋へと昇華するのだろうか。 これは恋の物語でも愛の物語でもなく、本当の意味での恋が始まるまでの物語。キャロル・エアードとテレーズ・ベリベットの対等 ...
 
 
 
『キャロル』 静かに進む濃密な愛の行方 (Nice One!! @goo)
原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャ...
 
 
 
『キャロル』('16初鑑賞15・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。
 
 
 
『キャロル(Carol)』トッド・ヘインズ監督、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、カイル・チャンドラー、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195
 
 
 
「キャロル」:映像と女優は魅力的だけど (大江戸時夫の東京温度)
映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の
 
 
 
キャロル  (心のままに映画の風景)
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに...
 
 
 
『キャロル』 2016年1月20日 ユーロライブ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『キャロル』 を試写会で鑑賞しました。 どうもケイト様は好きになれない。 あの顔つきが、キツイ感じで受け付けないんだよね... 【ストーリー】  1952年のニューヨーク。デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのプレゼントを探すキャロル...
 
 
 
【cinema】『キャロル』 (・*・ etoile ・*・)
2016.02.13 『キャロル』鑑賞@TOHOシネマズみゆき座 すごい見たくて試写会応募したけどハズレ。迎賓館赤坂離宮見学(記事はコチラ)まで時間潰す必要があったので、予定にはなったけど急遽見ることに。9:30AMの回だったけど、小さい劇場なこともあり満席。楽しみに見てき...
 
 
 
キャロル (映画的・絵画的・音楽的)
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ...
 
 
 
私の天使~『キャロル』 (真紅のthinkingdays)
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブラ...
 
 
 
『キャロル』 1950年代と今日性と (Days of Books, Films )
Carol(viewing film) 1950年代のニューヨークを舞台に二人の
 
 
 
運命の恋、それは (笑う社会人の生活)
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな...
 
 
 
「キャロル」 (Noinuの云いたい放題、やりたい放題)
少しまえのことになりますが、 「キャロル」を観てきました。 公式サイトは、⇒ ★ 小説、ドラマ、映画などについて 「何を云いたいのか、わからない」 って云うのは、 「それを云っちゃあ、お終いだよ」 って云う禁句だとは分かっています...
 
 
 
キャロル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50...
 
 


 
編集 編集