日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






1969年。場所はフロリダ州モート郡の田舎町。
そこで一癖も二癖もある面々が集合する。
殺人事件の死刑囚に冤罪の可能性があるとしてべく、新聞記者2人(マシュー・マコノヒー、デヴィッド・オイェロウォ)が街に来る。

ここに姿を現す取材の依頼主で、まわりを圧倒するのが、ニコール・キッドマン。
彼女は驚くことに、この死刑囚に文通を通し恋愛関係に陥り、遂には婚約まで!
40才越えながらも、カラフルな衣装に身を包み、登場のたびにセクシーさを振りまく(ピーク時のアン・マーグレット的)
写真のシーンは、面会で死刑囚を挑発する彼女。他の人が目のやり場に困ってる(笑)
登場人物のほとんど全てがこの毒牙にやられ、何らかの関係性に至る。
それほどの彼女なのに、死刑囚との屈折した恋愛感情にしか、喜びを見いだすことができない...
なんとも屈折した女性なのだ。

彼女のみならず、登場人物は皆何らかの屈折を抱えている。
主人公(ザック・エフロン)は新聞記者の兄の手伝いで参加するが、一生逃れられないトラウマに陥る...


場所が南部で、時代も60年代ということもあって、まだ黒人差別がうっすらと。
(そこは「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督だから得意)
そして、ワニが生息する人里離れた、じめじめした湿地帯で物語が大きく展開するので、なんとも憂鬱感漂う。
それでアップしたタイトルのようになる。

「腐臭がねっとりとこびりつく」って、この映画実は 凄いかも?!
真夏の引力、というサブタイトルもそういう意味でなかなか良い。
その感覚に代表される1本と言えよう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 26 )



« スタジアムは... スペイン・バ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (あーうぃ だにぇっと)
ペーパーボーイ 真夏の引力@一ツ橋ホール
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★★ (パピとママ映画のblog)
数々の映画賞を席巻した『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の真相をめぐる複雑な人間関係に巻き込まれていく。主演は、『ハイスクール・ミュージカル』...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (心のままに映画の風景)
1969年、真夏のフロリダ州モート郡。 大学を中退したジャック(ザック・エフロン)は、父親が経営するローカル新聞の会社で、配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。 ある日、大手新聞社に勤める兄...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 予測不能という言いかたがもっとも似合う映画。
 
 
 
「ペーパーボーイ 真夏の引力」:映画の文法を破壊するヘンすぎ怪作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』は、その軽めの青春映画みたいなタイトルとは真逆
 
 
 
ペーパーボーイ/THE PAPERBOY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click トロント映画祭観客賞ほか、数々の映画賞を席巻した「プレシャス」の監督、リー・ダニエルズが、 ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。 海外版ポスターでみてから、ジャ....
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (佐藤秀の徒然幻視録)
白人たちの長い暑い夏 公式サイト。原題:The Paperboy。ピート・デクスター原作、リー・ダニエルズ監督。ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キ ...
 
 
 
『ペーパーボーイ 真夏の引力』 過剰な風土 (Days of Books, Films )
The Paperboy(film review) マイアミの市街地から西へ車で
 
 
 
ペーパーボーイ / 真夏の引力 (映画の話でコーヒーブレイク)
ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒーにジョン・キューザック。 日経の評価も高く、アメリカ南部を舞台に、このメンバーで繰り広げられるサスペンスというので 見てきました。 マシュー・マコノヒー主演の硬派サスペンス「リンカーン弁護士」を....
 
 
 
『ペーパーボーイ -真夏の引力-』 2013年7月18日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ペーパーボーイ -真夏の引力-』 を試写会で鑑賞しました。 前半が眠すぎた 【ストーリー】  1969年フロリダ、ある問題によって大学を追われた青年ジャック(ザック・エフロン)は、父親の会社で新聞配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。ある日、新聞記者の...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (to Heart)
覗いてはいけない、禁断の闇 原題 THE PAPERBOY 原作 ピート・デクスター 製作年度 2012年 上映時間 107分 映倫 R15+ 脚本 ピート・デクスター 、リー・ダニエルズ 監督 リー・ダニエルズ 出演 ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/マシュー・マコノヒー/ジョン・キ....
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (♪HAVE A NICE DAY♪)
この方々が凄いんですけど・・・ 予想していたのと全然違ってました これは・・・えーと・・・。サスペンス?と思いきや? 一応サスペンス??うーむ・・・。 ストーリーよりも、異常な人間に重点を置いてる感じです。 皆さん、それぞれ身体張ってます。色々と....
 
 
 
ペーパーボーイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ペーパーボーイ―真夏の引力』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)印象的だった『プレシャス』の監督リー・ダニエルズの作品でもあり、ニコール・キッドマンが出演するというので、映画館に出かけてみました。  本作の舞台は1969年のフロリダ。ジャンセン家でメイドだ...
 
 
 
「ペーパーボーイ 真夏の引力」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Paperboy」 2012 USA 1969年、フロリダ。人生の目標を失ったジャックは大学を中退し、地方新聞のオーナーである父親を手伝い新聞配達で退屈な日常をやり過ごしている。ある日、新聞記者の兄ウオードが黒人の弁護士ヤードリーを伴い帰省する。そして保安官殺しで...
 
 
 
「ペーパー・ボーイ~真夏の引力」 (ここなつ映画レビュー)
すごく面白かったです。最近、「華麗なるギャッツビー」やこの「ペーパー・ボーイ」など、アメリカ現代文学の珠玉が映画化されていて、やはりそれはハリウッドのCG満載の荒唐無稽物とは一線を画していて見応えがある。いや、もちろん、荒唐無稽物が悪いと言ってる訳で...
 
 
 
時代と暗部を (笑う社会人の生活)
4日のことですが、映画「ペーパーボーイ 真夏の引力」を鑑賞しました。 青年ジャックは新聞記者の兄ウォードが以前起こった殺人事件で死刑の判決が出た人間が 実は無罪かもしれないという可能性の取材を手伝いをすることに 取材の過程で死刑囚の婚約者シャーロット出会...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力/ザック・エフロン (カノンな日々)
『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督がピート・デクスターのベストセラー小説をザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザックらの豪華 ...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (映画と本の『たんぽぽ館』)
ドロドロ、ぐちゃぐちゃ、猥雑、野卑・・・だけど。 * * * * * * * * * * 1969年、フロリダ。 問題を起こし大学を追われたジャック(ザック・エフロン)は、 特にすることもなく、父の会社で新聞配達を手伝っています。 そこへ、大手新聞社の記者....
 
 
 
『ペーパーボーイ 真夏の引力』 (映画大陸)
 この映画のタイトルの頭の部分に「林家」と付けるだけで、なんだか芸能人の誕生日をスラスラと言えるような気がしてしまうのは、僕だけでしょうか?   ・・・はい、いきなり ...
 
 
 
ペーパーボーイ~真夏の引力~ (はるみのひとり言)
テアトル梅田で見て来ました。1969年のフロリダ州。大学を中退し父の会社で新聞配達をしてるいたいけな青年ジャックくん。母親は幼い頃に家を出て行き、一緒に暮らす父の恋人とは馴染めず、心を許せる相手は黒人メイドのアニタだけ。ある日新聞社に勤める兄が、4年前に起...
 
 
 
ショートレビュー「ペーパーボーイ 真夏の引力・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
フロリダ発、青春残酷物語。 ある殺人事件を巡る、マザコン少年の最初で最後の究極の恋の物語。 キービジュアル以外の内容の予備知識無しで観たので、てっきり爽やかな青春成長ストーリーだと思っていた。...
 
 
 
ショートレビュー「ペーパーボーイ 真夏の引力・・・・・評価額1550円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
フロリダ発、青春残酷物語。 ある殺人事件を巡る、マザコン少年の最初で最後の究極の恋の物語。 キービジュアル以外の内容の予備知識無しで観たので、てっきり爽やかな青春成長ストーリーだと思っていた。...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力(2012)◇◆THE PAPERBOY (銅版画制作の日々)
 覗いてはいけない、禁断の闇 またまたお久しぶりです。ようやくシネマに出かけて来ました。7月末以来です。気になっていた映画はほとんど終了してしまい、、、、。この作品も来週までということを知り、慌てて観に行って来ました。 暑いこの時期にお薦めですかね。じ...
 
 
 
底なし沼~『ペーパーボーイ 真夏の引力』 (真紅のthinkingdays)
 THE PAPERBOY  1969年の夏、フロリダ州モート郡。ジャック(ザック・エフロン)は水泳選手 としての将来を棒に振り、大学を中退して実家に戻っていた。父親(スコット・ グレン)の経営す...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (風に吹かれて)
壮絶で辛すぎる ひと夏の経験ニコールのビッチぶりがすごい!公式サイト http://paperboy-movie.jp原作: ペーパーボーイ (ピート・デクスター著/集英社文庫)監督: リー・ダニエル
 
 
 
映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-62.ペーパーボーイ 真夏の引力■原題:The Paperboy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:101分■料金:1,000円■観賞日:8月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作:リー・ダニエルズ□原作・脚本:ピート・デクスター◆ニコール・キッ...
 
 
 
ペーパーボーイ 真夏の引力 (いやいやえん)
南部の人種差別問題が絡んで、陰気で救いようのない話が展開されていきます。真夏のジト~~ッとした感覚が映画で表されていて、見ているこちらも息苦しくなってくるよう。 青年が倍くらい年上の女性に憧れる話でも
 
 


 
編集 編集