日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。

 

というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」はどうみても クソ映画(笑)

そっち系統なので、あっさりとパスしたのだ!

 

そしたらすこぶる評判が良く、少々後悔。

で、さっそく(笑)

 

 

主演のワンダーウーマンを演じるは、ガル・ギャドット。

ワイルド·スピードシリーズに ×3連発!で出演し、その美女ぶりは既に有名!

だけでなく彼女は兵役経験(イスラエル出身)もあるので、アクションが決まる!

監督はパディ·ジェンキンス。女性ヒーローの魅力を最大限に表現!

 

 

なのだが…

あまりに正当ヒーロー物すぎないか?!?

このプロットで、2時間21分、は少々辛い。

(当ブログは2時間超の映画に厳しい)

 

どうしても直前に観た「ヒーローものの変化球」と比べてしまう…

アメコミ物で、最近当ブログをガッチリ掴んだのは「ドクター・ストレンジ Dr. Strange 」

主人公をカンバーバッチが演じ、かつ展開される「万華鏡的ワールド」に魅了された。

 

こちらのギャドットは美しいのには文句はないが、発音がナマってる(笑)

田舎から出てきたわけ(という設定)だから仕方ないか?!?

 

共演のクリス・パインやロビン・ライトも奮闘しているものの、そこで醸成される感情も長くは続かない...

 

 

今後、バットマン そして スーパーマン と絡んで新作も待機中だそうだが…

これ以上、何も言うまい…(笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 26 )



« 映画:少女フ... 読後評:Mr.... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ワンダーウーマン (あーうぃ だにぇっと)
ワンダーウーマン@スペースFS汐留
 
 
 
[映画『ワンダーウーマン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・マーベルコミックスのヒーローたちを一堂に会させたのが「アベンジャーズ」。 そして、DCコミックスのヒーローを参集させたのが「ジャスティス・リーグ」。 今作は、ジ......
 
 
 
劇場鑑賞「ワンダーウーマン」 (日々“是”精進! ver.F)
信じるは、愛の力… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250000/ 『ワンダーウーマン』オリジナル・サウンドトラック [ ルパート・グレグソン=ウィリ......
 
 
 
『ワンダーウーマン』 (こねたみっくす)
やっぱり彼女の前ではどんな男も霞んでしまう。ただしスティーヴだけは…違った! マーベルに押されまくりのDCコミックに救世主現る!もはや男性ヒーローなんて、特にマザコンヒ......
 
 
 
ワンダーウーマン (ネタバレ映画館)
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
 
 
 
ワンダーウーマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を......
 
 
 
ワンダーウーマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 遂にアメリカン・ドリームを手に入れたガル・ガドット。
 
 
 
「ワンダーウーマン」 (或る日の出来事)
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。
 
 
 
「ワンダーウーマン」 (ここなつ映画レビュー)
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっか......
 
 
 
ワンダーウーマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を......
 
 
 
「ワンダーウーマン」☆アクションの優雅さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣は......
 
 
 
『ワンダーウーマン』 2017年8月25日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ワンダーウーマン』 を鑑賞しました。 やっぱりガル・ガドット綺麗ではまり役だね 【ストーリー】  人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
 
 
 
『ワンダーウーマン』('17初鑑賞97・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月25日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。
 
 
 
ワンダーウーマン (だらだら無気力ブログ!)
ガル・ガドット、かっけー。
 
 
 
ワンダーウーマン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WONDER WOMAN】 2017/08/25公開 アメリカ 141分監督:パティ・ジェンキンス出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コ......
 
 
 
映画『ワンダーウーマン』★美しく強いダイアナに魅了される!そして愛(^^)/ (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170257/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください 頼もしく強い美女☆の活躍もですが 案外、深いものがあるーーと聞いたので、楽しみにして......
 
 
 
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......
 
 
 
ワンダーウーマン (風に吹かれて)
愛が女を覚醒させる 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman 監督: パティ・ジェンキンス  「モンスター」 ゼウスが創った女性だけが暮らす島に生ま
 
 
 
ワンダーウーマン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛で、世界を救う。 6月の米国公開時の絶賛の嵐も納得、これは期待に違わぬ面白さ。 「マン・オブ・スティール」から始まる、同一世界観のDCエクステンデット・ユニバース(DCEU)は......
 
 
 
「ワンダーウーマン」:女性ならではのアクション (大江戸時夫の東京温度)
映画『ワンダーウーマン』は、DCの『ジャスティス・リーグ』公開前に、ワンダーウー
 
 
 
17-262「ワンダーウーマン」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
僕は今日を救う、君は世界を救え  女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育ったプリセンスのダイアナ。最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。  そんなある......
 
 
 
ワンダーウーマン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】パティ・ジェンキンス 【出演】ガル・ギャドットダイアナ/クリス・パイン/ロビン・ライト/ダニー・ヒューストン/デビッド・シューリス/コニー・ニールセン/エレナ・アナ......
 
 
 
80『ワンダーウーマン』これがやりたかったのね! (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
女神の降臨!DCの逆襲! DCエクステンデッド・ユニバース3作目 『ワンダーウーマン』 ~あらすじ~ 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
 
 
 
『ワンダーウーマン』の二段構えのラスト (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  何と、こんなアレンジで来たか!  映画『ワンダーウーマン』についてほとんど白紙の状態で観に行った私は、意表を突いた設定に驚いた。  この映画に......
 
 
 
「ワンダーウーマン」Wonder Woman (2017 WB) (事務職員へのこの1冊)
とにかく、ほとんど何の事前情報もなしに観た。 もちろんDCコミックスの世界観のなかでのお話で、「ジャスティスの誕生」に登場した魅力的なワンダーウーマン(ガル・ガドット)......
 
 
 
ワンダーウーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)......
 
 


 
編集 編集