日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






先月のカンヌでコンペに出展され、期待されていた一作。

というのは、河瀬直美監督はカンヌっ子だから。
彼女の「萌の朱雀」は、新人賞。
そして「殯(もがり)の森」はグランプリ(注:not パルムドール)

今回は残念ながら選には漏れた、が注目の作品であることに変わりはない。


舞台は、奄美大島。
ここで暮らす少年少女の初恋と成長。
主演の少年少女は、オーディションで選ばれた村上虹郎 & 吉永淳。
どちらもとても初々しくて良い!

表の「初恋と成長」、の奥底にあるテーマは「生」と「死」
少年少女とも、その点で傷をかかえており、実に河瀬監督らしい。
そもそも奄美大島さえ、彼女のルーツらしく、かなり私小説的。


当ブログ的には、島の生活を切り取っているという点だけで、それなりに満足。
(ヲイヲイ...)

なので、あまり批評めいたことが書けなくて困っているのだが、ひとつだけ文句。
それは音楽。

奄美大島の音楽は、物語に溶け込む意味で素晴らしく響いてくる。
その一方、フランス人が弾いたピアノ曲が登場するたびに、突然の違和感が(汗)
シーンごとは優れているのだが、その接続がそこで途切れてしまう印象があった。
もっとダウナーな、環境音楽に近いものなら、そんなことなかっただろうに...

その違和感がエンドタイトルでもまた再現されてしまい、改めて戸惑った(笑)
フランス資本も入ってるから、仕方ないか?


PS あっもうひとつ気になってたことを、新聞記事で思い出した...
フィガロ紙「哲学的な思想をはばかることなく表現したセリフは時々もったいぶったようになる」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 読後評:変わった... 「ブログでサッカ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
2つ目の窓~自然と一体化した性と死 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Still the Water。河瀬直美監督、吉永淳、村上虹郎、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子、村上淳、榊英雄、常田富士男。奄美大島のシャーマン、ユタのイサ(松田美由紀 ...
 
 
 
2つ目の窓 (映画好きパパの鑑賞日記)
 カンヌの常連、河瀬直美監督の新作。奄美を舞台にした美しい島の風土や、ヒロインに抜擢した吉永淳の美しさは取れていたけど、自然に生きるがいいといったような、この監督の思想とは相変わらずソリがあわず、ぐっすり寝られて、夏ばてを解消できました。  作品情報 ...
 
 
 
「2つ目の窓」:吉永淳が羽ばたきます (大江戸時夫の東京温度)
映画『2つ目の窓』は、セミドキュメンタリーに近いタッチで人間の生と死と自然を対比
 
 
 
2つ目の窓 (映画好きパパの鑑賞日記)
 カンヌの常連、河瀬直美監督の新作。奄美を舞台にした美しい島の風土や、ヒロインに抜擢した吉永淳の美しさは取れていたけど、自然に生きるがいいといったような、この監督の思想とは相変わらずソリがあわず、ぐっすり寝られて、夏ばてを解消できました。  作品情報 ...
 
 
 
河?直美監督 『2つ目の窓』 奄美の海は美しいが…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 河?直美監督の最新作。監督自身が“最高傑作”と銘打ってカンヌ映画祭に出品した作品。  出演は村上虹郎、吉永淳、杉本哲太、松田美由紀、渡辺真起子など。  この映画は奄美大島を舞台にして河?監督の死生観を描いている。  主人公は16歳の杏子(吉永淳)と界人...
 
 
 
2つ目の窓 (映画的・絵画的・音楽的)
 『2つ目の窓』をテアトル新宿で見てきました。 (1)これまでも色々と見ている河瀬直美監督(注1)のカンヌ国際映画祭出品作品ということで映画館に行ってきました(以下、特に「注」において、結末まで触れていますので未見の方はご注意ください)。  本作の舞台は奄....
 
 
 
『2つ目の窓』WOWOW FILMSプレミア (・*・ etoile ・*・)
'14.06.04 『2つ目の窓』WOWOW FILMSプレミア カンヌ国際映画祭2014 WOWOW FILMSプレミアという番組枠で、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品の今作を、劇場公開前に放送するというので録画。見てみた! ネタバレありです! 結末にも触れています...
 
 
 
2つ目の窓 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラドール、『殯(もがり)の森』で同映画祭グランプリを受賞した鬼才、河瀬直美が放つドラマ。奄美大島に暮らす16歳の少年少女と周囲の大人たちの姿を通じて、自然と人間との共存や命について描かれる。主演は、オーディションで抜てきさ...
 
 


 
編集 編集