日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

毎年ネットでライブを見るのを楽しみにしてきた、アメリカの音楽フェス Bonnaroo。

 だが、今年からお金は要求されないものの、クレジットカード情報の入力を求められ、今回はとりあえずパス。

先日NYで初参戦した音楽フェス Governors Ballのラインナップとそれなりに重複も多かった。

このため、無理する必要はないと判断。

 

 

さて、アメリカの本格的音楽フェスへの初めての参戦(Governors Ball)で、面白かった出来事をシリーズでお届けします。

 

まず総論。

会場全体でステージが4つあり、2つがペアでコンサート開始、終了を時間でシンクロさせコントロール。

このため、お目当てのアーティストは、早めに前を切り上げること、かなりのいいポジションを確保出来てGood

(日本フェスでも、こうなのだろうか?)

 

 

このお目当て、という点で面白いと思ったのが、いち早くこのフェスを報告の、雑誌ロッキングオン、NY在住の中村明美ブログ「ニューヨーク通信」。

全くと言っていいほど、注目しているアーティストが違う!

 

中村明美ブログ= Chance the RapperLORDECHILDISH GAMBINOなどのヘッドライナーを中心に

当ブログ = Beach House、CHARLES BRADLEY AND HIS EXTRAORDINAIRES、ROYAL BLOOD

 

取材陣はどうしても、業界流行りを追っかけなければいけない運命。

そちらと違い、こっちは自分の趣味を判断基準として動くので、この違いが明確に出る。


では少しずつ、出来事やライブ感想をアップしていきます!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 【FIFA U-20ワ... 初・音楽フェ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集