日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



先行公開各国で評判「抜群」でヒットした「96時間」Taken。
その理由として当ブログでは、「フレンチ・コネクション2」+「ボーン」+「ダーティ・ハリー」を1時間33分で凝縮、という表現で絶賛している。


この「96時間」が優れていたと思うのは、その単純化された構造。
それは「娘を救う」という1点において、主人公がどんなに酷かろうが滅茶苦茶だろうが、悪人を何人抹殺しようが、鑑賞者はその展開に身をゆだねていればいい。
この構造において、この映画がグレイトになれたような気がする。
(時代劇のような構造?正義の印籠をもっているということか)


で、「続編」が企画されているという。
そうなると、いかがなものか、と思ってしまう自分がいる。

というのは、「ダイハード」の時も思ったのだが(古い...)
「ダイハード2」のラストで、主人公の妻がぼやく一言に象徴される。
「どうして私たちだけこんなに事件に巻き込まれるの....」
一瞬はギャグとして笑えるセリフだが、冷静に考えると、あまりにその通り(笑)
いくらお話とはいえ、何度も何度も事件に遭遇するのはあまりにシャレにならないからだ!


次回、またもや「娘を救う」という展開だとすると、誰でも「ありえないっしょ!」となるのは間違いない。
「妻を救う」という方向も有りうるが、捨てられた相手にそこまで躍起になるのもちょっとどうか。
あるいは、「娘と妻を救う」という展開というのも有りうるか。
その方向があるとすると、その事件の中で次の旦那は無惨に殺されてしまうプロットなのだろう(笑)

前回の事件は、アルバニア出身の組織が行う「ヒューマン・トラフィッキング」
これも、現代的なリアリティがあって良かった。
このへんも、次はどうするのだろうと想像するだけでタノシイ。

踏ん張れ、リュック・ベンソン!(笑)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 26 )



« 「カネないの... チャンピオン... »
 
コメント
 
 
 
そうそう (なつき)
2009-08-26 01:56:04
TBありがとうございます。
僕も続編については心配しています。
続編を作るべき作品でもないような…。

敢えていうなら、主人公の過去(CIA時代から引退を決意するまで)
を描くようなエピソードはありかな?とは思います。
 
 
 
それならありですねえ! (onscreen)
2009-08-26 05:38:06
なつきさん、コメントありがとうございます。

<主人公の過去(CIA時代から引退を決意するまで)
<を描くようなエピソード

それならアリですねえ!
娘、妻から思い切って離れた方が正しそう。
さあ~リュック・ベンソンの判断は?


ブログ拝見しましたが、行動範囲がうれしい感じです。
ちょくちょくのぞきたいと思います。
では。
 
 
 
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-09-18 21:48:48
やはり金儲け主義のリュック・ベッソンは動きましたか。
ちょっとヒットしたからって安易に続編を作るあたり、本当にリュック・ベッソンの金に対する執着は汚ささえ感じますよ。

私も前日談のような方がいいと思いますよ。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2009-09-19 14:49:10
にゃむばななさん、コメントありがとうございます!

安易な続編つくるなら、「辞めておく」のは立派な判断
だと思います。

話はかわりますが、酒井容疑者の会見はおっしゃる通り、
ウソっぽいものでしたね~
昔も今も、ああやって「いいコ」を演じていればすむと
思っているように感じました。
世の中なめすぎですよね.....

もし、復帰なんてことになったら靴投げたい(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『96時間』 (ラムの大通り)
(原題:Taken) ----この映画って、今年これまでアメリカで最もヒットした映画ニャんだって? 「そうらしいね。 わずか93分しかないアクション映画がそんな快挙を成し遂げるんだから、 そのオモシロさは推して知るべしってヤツだね」 ----アクション? 主演はリーアム・...
 
 
 
96時間 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『父の愛が、 パリの街を暴走する。』  コチラの「96時間」は、リュック・ベッソンが製作&脚本を手掛け、主演のリーアム・ニーソンが、旅行中のパリで誘拐された娘を助け出そうとする父親を描いたPG-12指定の8/22公開のサスペンスなのですが、早速観て来ちゃいま...
 
 
 
96時間 (Memoirs_of_dai)
このおっさんマンモス強ぴー 【Story】 17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐さ...
 
 
 
96時間 (映画君の毎日)
●ストーリー●17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の...
 
 
 
「96時間」(試写会:よみうりホール) (なつきの日記風(ぽいもの))
JUGEMテーマ:映画 原題:Taken 監督:ピエール・モレル 製作:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン 音楽:ナサニエル・メカリー 出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、ファムケ・ヤンセン、ザンダー・バークレー...
 
 
 
劇場鑑賞「96時間」 (日々“是”精進!)
「96時間」を鑑賞してきました製作・脚本リュック・ベッソン、名優リーアム・ニーソン主演によるサスペンス・アクション。最愛の娘を海外旅行先で拉致された元秘密工作員の父親が非情な追跡者へと変貌、96時間というタイムリミットの中で、百戦錬磨のスキルを駆使しな...
 
 
 
96時間 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
久しぶりの劇場鑑賞で~す【story】17才のキム(マギー・グレイス)が、海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人...
 
 
 
【96時間】 (日々のつぶやき)
監督:リュック・ベッソン 出演:リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス   父の愛が、パリの街を暴走する。 「愛娘のキムが友達とパリへ旅行に行きそこから何者かに襲われていると電話が入った。 元政府の秘密工作員だったブライアンは命
 
 
 
96時間 (だめ男のだめ日記)
「96時間」監督ピエール・モレル出演*リーアム・ニーソン(ブライアン)*マギー・グレイス(キム)*リーランド・オーサー(サム)*ジョン・グライス(ケイシー)*デヴィッド・ウォーショフスキー(バーニー)*ケイティ・キャシディ(アマンダ)*ホリー・ヴァランス(シー....
 
 
 
映画「96時間」@スペースFS汐留 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 17歳のアメリカ人少女キム(マギー・グレイス)が、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアン(リーアム・ニーソン)は、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の...
 
 
 
96時間 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:TAKEN公開:2009/08/22製作国:フランスPG12上映時間:93分鑑賞日:2009/08/22監督:ピエール・モレル製作・脚本:リュック・ベッソン出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、ジョン・グライス、デヴィッド・ウォーショフスキー、ケイ...
 
 
 
96時間 (勝手に映画評)
最愛の娘がパリで誘拐された。96時間以内に助け出さないと、永遠に会うことは出来ない・・・。娘を何としても救い出すため、父はパリに向かう。 娘を溺愛する父親ブライアンを演じるのはリーアム・ニーソン。元CIA工作員と言う役どころです。CIA工作員であるときに身に付...
 
 
 
「96時間」しゃれにならない怖さ (ノルウェー暮らし・イン・London)
どこかで聞いたような題名、アクション満載の救出劇~なんて、設定もありきたりだ。 しかし、私には今回直球ど真ん中なのだ。 爽快アクションエンターテイメントなのに、観た後は青ざめて震えが止まらない、しゃれにならない怖さは半端ない・・・・
 
 
 
*96時間* (Cartouche)
{{{   ***STORY***            2009年  フランス=アメリカ 17歳になったばかりのキムが、友だちと初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。まさに誘拐される瞬間にキムと携帯電話で話していた父親のブライアンは、自らの手で犯...
 
 
 
『96時間』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
17歳のアメリカ人少女キムが、初めての海外旅行で訪れたパリで何者かに誘拐される。その事件のさなかにキムと携帯電話で話していた父ブライアンは、自らの手で犯人たちから娘を奪還しようと決意。アルバニア系の人身売買組織だと判明した犯人一味のもとへ単身で乗り込む。...
 
 
 
レビュー:96時間 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ノンストップサスペンスアクション][最強の親父][でも娘には弱い][人身売買][PG12][洋画(フランス映画)][実写][スコープサイズ][93分] 公開日: 2009年8月22日 監督: ピエール・モレル 出演: リーアム・ニーソン、マギー・グレ...
 
 
 
96時間 おとうちゃん怒らせたら怖いんだぞーっ (労組書記長社労士のブログ)
【 45 -10-】 娘や妻に対する愚痴がいっぱい出そうなそんな映画、そんなレヴューにならんように気をつけなければ・・・ ところで昨日のこのブログのアクセス、閲覧 3,360 PV、訪問者 1,001 IP、ランキング日別 386 位だって、びっくりだ!すごいね!(←人ごと?)  ...
 
 
 
★「96時間」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 劇場予告編やテレビCMでは、やり過ぎ感ありありだったし・・・ 「トランスポーター3」に続いてリュック・ベッソンの製作だし・・・ ちょっと心配だったけど。
 
 
 
映画「96時間」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『96時間』を観て来ました。採点は★★★☆☆(5点満点中3点)です。ホントは3.5点。 邦題とエンディングでマイナス1点にしました。あとは中々質実剛健な作りで、今流行のコンピューター兵器も出てこないし、CGバリバリな戦闘シーンもありませんが、こう言う作品は...
 
 
 
96時間(2008) (かこぶろ。)
8月22日(土)公開です。 TOKYO FMの試写会に当選しました。 TVCM、「24」のジャック・バウアーがナレーションってウケる~ {/face_nika/} ぁ、どちらも娘はキムだわ。フフフ ■「24×4=96時間 プレゼントキャンペーンクイズ」 製作・脚本リュック・ベッソン、ってな...
 
 
 
映画レビュー「96時間」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Taken [Original Soundtrack]◆プチレビュー◆誘拐された娘を助けるため特殊能力を持つ父親が繰り広げる壮絶な追跡劇。シンプルなのが何より良い。 【70点】 17歳の娘キムを溺愛する父親ブライアンは、彼女の初めての海外旅行が心配でたまらない。不安は的中し、キムは...
 
 
 
『96時間』を売る方法 (映画のブログ)
 近頃、リュック・ベッソンとは相性が悪いと感じていた。  『最後の戦い』(1983)を観たころは、これからの活躍を期待してワクワクした。 ...
 
 
 
『96時間』 (めでぃあみっくす)
優しそうな人を怒らすとエラい目に遭います。あの善人キャラでお馴染みのリーアム・ニーソンがとにかく渋く格好いい映画ではあったのですが、それでもやっぱりリュック・ベッソン脚本映画。彼が監督業以外で携わった作品はどうも面白さ半減なんですよね~。 元CIA工作...
 
 
 
「96時間」 (古今東西座)
パリを旅行中に誘拐された娘のため、単身フランスへ乗り込んで奪還しようとする父親の話。極めて単純明快でストレートな内容。昔ならばチャールス・ブロンソンかクリント・イーストウッド辺りが演じそうな主人公。正直なところ、あまり期待せずに鑑賞したのだが、これがか...
 
 
 
「96時間」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
お父さん、強っっっ!!! これは凄いわ~~~~
 
 
 
96時間 (Taken) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピエール・モレル 主演 リーアム・ニーソン 2008年 フランス/アメリカ/イギリス映画 93分 アクション 採点★★★★ 地元であっても嫌なのに、見知らぬ土地、ましてや外国なんかで警察や病院のお世話になりたくはないですねぇ。ただでさえ人見知りの私なの...
 
 


 
編集 編集