日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



フェリーニの映画「8 1/2」を、ミュージカル化。
そしてこれを今回は映画化。

一言でこの映画を例えると.....
「高級アイスを一度溶かし、再び氷結させたような代物」

調和がとれた成分の旨味が全て一度解凍され、「形」上だけ再合成したため、元の良さが全て崩れ去っている。
「8 1/2」のマジックのような「名シーン」がことごとく「破壊」されて並ぶので、心からうんざりしてくる。。。。


劇中、「グイド (Guido)」と聞くたびに、ドキッとするのだが、そこにいるのはマルチェロではない。
ミスキャスト本年度1位を惜しみなく与えてしまう気持ちにさせるのは、なんとあの名優ダニエル・デイ・ルイスなのだ。
その酷さは彼に留まらない。
どの女優も奮闘しているのだが、歌も全く映えないし、セクシーに見えない。
マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマンと、これだけ凄いメンツなのに....
「8 1/2」で、一瞬で観客の心を鷲掴みにしたクラウディア・カルディナーレ(ニコール・キッドマンの役)。
この「足下」にさえ、上記の誰もがとうてい及ばない。

今年のワーストが、これで確定してしまった。
Blu-rayだから飛ばすのも楽(涙)
万一、劇場でみていたら、辛くて死んじゃったに違いない(ゾッ!)
フェリーニ 8 1/2は、日本で未DVDだったころに買っちゃう自分がいるくらい(2007-11-22)なファンなので....

コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« ミラン、バル... 政治ショーに... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
NINE (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロブ・マーシャル監督、ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ステイシー・ファーガソン(ファーギー)。フェデリコ・フェリーニのイタリア映...
 
 
 
NINE (Akira's VOICE)
男は女性がいないと生きていけません!  
 
 
 
「NINE」 (或る日の出来事)
豪華女優陣が競演するミュージカル。顔ぶれは豪華だが。
 
 
 
NINE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スタジオに入っても、全く脚本のアイデアが浮かばない映画監督グイド(ダニエル・デイ・ルイス)が途方にくれている。彼がアイデアをひねり出そうと悪戦苦闘する様子を、関係ある女性たちがパフォーマンスを披露する。どの女優もいいのだけど、イタリアの母とも言えるソフ...
 
 
 
『NINE』 (こねたみっくす)
シネマ・イタリアーノ!そう歌いながら、ずっとこの雰囲気に溺れていたいと思える映画でした。別にストーリーは特別面白いとかいう訳ではないのですが、あの7人の女優陣による、それぞれのミュージカルシーンがとにかくいい!個人的にはもっと見ていたくなるほどに、雰囲...
 
 
 
『NINE』とは、8.5+0.5? (映画のブログ)
 1960年代、チネチッタ、モノクロ、映画監督を取り巻く美女たちとくれば、大傑作『8 1/2(はっか にぶんのいち)』だ。  『8 1/2』の題名は、フェ...
 
 
 
「NINE」 遅すぎた成長 (はらやんの映画徒然草)
死んだジャンルと思われていたミュージカル映画を見事復活させ、活況にしたきっかけは
 
 
 
「NINE」期待したほどでは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容があまり・・・つまらなかったです。 えっ?!これで終わっちゃうの??って一瞬焦りました・・・。3つ☆~3つ☆半(☆の殆どはペネロ...
 
 
 
NINE (LOVE Cinemas 調布)
フェデリコ・フェリーニ監督の名作『8 1/2』を基にしたトニー賞受賞の同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。監督は『シカゴ』のロブ・マーシャル。主演のダニエル・デイ=ルイスを始め、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ニコール...
 
 
 
★NINE(2009)★ (CinemaCollection)
NINE世界は、男と女と愛でできている。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/03/19ジャンルミュージカル映倫G【解説】イタリアの巨匠フェデリコ・フ...
 
 
 
[映画『NINE』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆何の予備知識もなく、何か絢爛豪華なイメージだったので、楽しみにして映画館に向かった。  粋なプレイボーイの映画監督の、これまでの女性遍歴と、現在の女性関係・映画監督としての行き詰まりの物語で、  はじまってすぐに、「ああ、これはフェリーニ監督の物語か...
 
 
 
NINE (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NINE) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1963年にアカデミー賞を受賞したフェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」。 この作品の半歩進んだ解釈を加え、1982年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演された作品を映画化。 ミュージカル版は同年...
 
 
 
NINE / NINE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click フェデリコ・フェリーニ監督作「8 1/2」(1963年)を原作とする、 ブロードウェイ・ミュージカル 「ナイン(Nine)」 (1982年初演)をさらに映画化{/ee_3/} ...
 
 
 
NINE (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「NINE」監督:ロブ・マーシャル(『シカゴ』) 出演:ダニエル・デイ=ルイス(『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』『ギャング・オブ・ニューヨーク』)マリオン・コティヤール(『パブ...
 
 
 
NINE (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:NINE 制作:2009年・アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ケイト・ハドソン、ニコール・キッドマン、ソフィア・ローレン、ファーギーほか あらすじ...
 
 
 
★「NINE」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
オスカーなどの賞レースではぱっとしなかったみたいですが、 ひらりん的にはニコちゃん・ペネちゃんの初共演作ってことで、 久しぶりに週末のナイトショウに足を運びました。
 
 
 
『NINE』 (Cinema + Sweets = ∞)
この春話題のミュージカル映画『NINE』。 先日、PROUD×CSGyao PRESENTS の試写会でよみうりホールで少し早めに観賞することが出来ました。 あいにくの雨の日の試写会でしたが、客入りが悪いようで2階席はかなりガラガラの状態でした。 ミュージカル映画は敬遠される人...
 
 
 
「NINE」 (シネマ・ワンダーランド)
イタリアの巨匠、フェデリコ・フェリーニ(1920-1993年)監督作品「8 1/2」基にしたブロードウェイ・ミュージカルを豪華な役者陣を起用して映画化した「NINE」(原題=NINE、2009年、米、118分、アンソニー・ミンゲラ脚本)。この映画は世界的...
 
 
 
「NINE」 よくこれだけ退屈な作品に (ももたろうサブライ)
監督 ロブ・マーシャル少しあらすじ1964年のイタリア。映画監督グイド・コンティーニ(ダニエル・デイ=ルイス)は極度のスランプに陥っていた。撮影開始まで数日という段階になっ...
 
 
 
■映画『NINE』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
フェデリコ・フェリーニ監督が1963年に製作した映画『8 1/2』をミュージカルにして、物語を半歩前進させた映画『NINE』。 『シカゴ』のロブ・マーシャルが監督しています。 才能ある映画監督の“選ばれし者の恍惚と苦悩”を描いた作品とも言えますが、「妻も愛人もマ...
 
 
 
8 1/2 (はっかにぶんのいち)ニュープリント版 (Kathura West)
監督:フェデリコ・フェリーニ 原題:Otto e mezzo キャスト:マルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ、クラウディア・カルディナーレ、他 音楽:ニーノ・ロータ 1963/イタリア なんで《はっかにぶんのいち》のタイトルなの? ということで、あの《...
 
 


 
編集 編集