日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






大画面で観なければいけない映画は、確実に、ある。
昨年のベスト1に押した、インターステラー もそんな1本。

実はNYでタイミングが合えば、観てもいいかなとは思っていた。
某サイトで、世界最大級のベストサイズで観賞できるのはNYのその劇場しかない!を知ったから。

ところが行ってみたら、MAXはその日からホビットだったのだ(笑うしかない!)


一方 今日の朝 確認したら、日本での上映は8日まで(汗)
しかも先週こちらでも、NY同様ホビットが邪魔していた。
にっくき!!!ホビット族(笑)

が!そんなに当たらなかったらしく?、こちらの IMAX 上映も再開!
 


結論: 大画面 +IMAX となると、もう行くしか、ない(笑)
明日以降はムリなので今日ピンポイントで駆けつけた!

3度目ともなると、細かいセリフも印象に残り、大満足。
TARSのかます 海兵隊っぽいフレーズやギャグ、主人公との友情レベルの上がり具合まで楽しめた!
(2001のHALとはえらい違いですなー)



写真は、NYでみかけた NYタイムズの記事をそのまま引用した、インターステラーの立看板。
当ブログがこの映画を評価すべきだと主張してきた内容が、ほとんど網羅されている。

太字部分だけでも、ご一読いただきたい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« マティス Matisse... 祝! tUnE-yArDs ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「インターステラー」(二回目) (prisoner's BLOG)
35mmフィルム上映で再見。 フィルムだと冒頭の砂嵐のザラついた感触がよく出て、その感触そのものがさまざまなことを語る。地球が荒廃している感じや、本棚の前にたまったホコリの跡で何かがやってきて、さらにそれが幽霊ではなく「生きている」ことを直観的に伝える。 ....
 
 
 
「インターステラー」(二回目) (prisoner's BLOG)
35mmフィルム上映で再見。 フィルムだと冒頭の砂嵐のザラついた感触がよく出て、その感触そのものがさまざまなことを語る。地球が荒廃している感じや、本棚の前にたまったホコリの跡で何かがやってきて、さらにそれが幽霊ではなく「生きている」ことを直観的に伝える。 ....
 
 
 
「インターステラー」 (ここなつ映画レビュー)
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と...
 
 
 
インターステラー (いやいやえん)
【概略】 地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッション...
 
 


 
編集 編集