日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



さて、面白い理由その2。

この映画は、NY州観光局の全面的な協力を得ていて、ラストにもそのロゴが出てくる。
このため、切り取るNYの景色がいちいち「魅力的」(例:写真)

<また、ロケ先のNY。

<ワン・ショットごとに、最高のNYを切り取っていて、痺れまくった。
<例えば本番を翌日に迎えているにもかかわらず、ぶち切れたハリソン・フォードが飲みまくり


このシークエンスで、ハリソンは飲み屋のはしごをしまくる。
そして、
<最後にたどり着くバー。

<そこは、前回のNY渡航で最もお気に入りだった店。

<ForbesのAll Star Eataries in NY ×100レストランのうち、最上の★★★★×4を獲得。
<私のその店の感想は「これぞNY 」



この飲み屋のはしごシークエンスの店をストップ・モーションでチェックしてみた(笑)
(一度ハードディスクがクラッシュしてデータ消失後、なんとか思い出して書いているので、あくまでも雰囲気ですが、お許しを)

1軒め=Elaine's Restaurant  1703 2nd Avenue  
     ↓
2軒め=Blue Bar at the Algonquin Hotel 59 West 44th Street
     ↓
3軒め=Cocktail Lounge 45th?
     ↓
4軒め=Grill Smith's bar 701 8th Avenue
     ↓
5軒め=21 club 21 West 52nd Street

この21 clubが、そのお気に入りの店。
カジュアルなバーゾーンとフォーマルなゾーンに区分されているが、バーゾーンで十分に楽しめる。
インテリアが素敵なだけでなく、店のサービスを提供するウェイターたちはどの人からも「この道○○年」的雰囲気を体中から発散している(当然、客も)
料理もおいしく、ForbesのAll Star Eataries in NY ×100お勧めのチキン・ハッシュを食べてみたが、確かにおいしい。
入場した瞬間から、店を店を出る瞬間まで一貫して「これぞニューヨーカー気分」を堪能でき、いい思い出の店となった。

その店が映画の中で重要なシーンとなっていれば、その映画にハマってしまっても仕方ないだろう。
この映画、正直言って凄い映画では全然ない(キッパリ)
が、自分的には今年のベスト10に入れないわけにはいかない(キッパリ)
これはあくまでも、極私的なものだけに(笑)


最後に。
もうひとネタになるその理由(3)になりうるのだけど、あえて簡単に。
この映画のテーマ曲がまた素晴らしく、ラストのクライマックスに畳み掛けて盛り上げる。

その曲は、
Natasha Bedingfield - Strip Me

その「ハマり具合」が実感できるのは、この曲がラスト、タイトル・ロールに突入した瞬間、Come Again(冒頭から再キックオフ)すること。
ここに鑑賞のピークがくるように設計されていて、映画ファンの心を震わせるのが、素敵。


P.S. NY紀行物シリーズを311以降ずっと自粛してきたが、このエントリーをもってちょっと吹っ切れたような気になっているので、また復活するかも。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« METライブビュー... YouTube + 強力な... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
恋とニュースのつくり方 (voy's room)
  失業中のTVプロデューサー、ベッキー(レイチェル・マクアダムス)。憧れのニューヨークでモーニングショーのプロデューサーに採用されるが、それは局に見放された超低視聴率番組"デイブレイク"!ベッキーは伝説的な報道キャスター、マイク(ハリ...
 
 
 
恋とニュースのつくり方 (映画的・絵画的・音楽的)
 『恋とニュースのつくり方』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)もう見なくともいいかなと思っていたハリソン・フォードが、『小さな命が呼ぶとき』で頑固一徹な研究者の役をうまくこなしていたので、こちらではどうかなという興味もあって、映画館に出向いてみまし....
 
 
 
映画 「恋とニュースのつくり方」 (ようこそMr.G)
映画 「恋とニュースのつくり方」
 
 
 
『恋とニュースのつくり方』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「恋とニュースのつくり方」□監督 ロジャー・ミッシェル □脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ □キャスト レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン、ジェフ・ゴールドブラム■...
 
 
 
恋とニュースのつくり方/レイチェル・マクアダムス (カノンな日々)
『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督(以前も何かの記事で書いたけどこの監督の代表作はいつまでコレなんでしょ?(笑))と『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ ...
 
 
 
恋とニュースのつくり方 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
レイチェル・アダムス演じる女性プロデューサーの奮闘振りもおもしろいけど、ハリソン・フォードとダイアン・キートンのけんかも愉快だ。奇をてらわず、最後はプライドを捨てて番組の危機に立ち向かうラストがすがすすがしい。
 
 
 
恋とニュースのつくり方 / MORNING GLORY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今更ハリソン・フォードにダイアン・キートン? なんて言ってご免なさい、 「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル監督×「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナ脚本作 そこに...
 
 
 
[映画『恋とニュースのつくり方』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ゴメン、明日も早いので、短信です^^;  眠くてたまらない、風呂は朝に入ろう・・・。  なんか、この作品の主人公のように忙しい・・・。    ◇  面白かった。  ちゅうか、中盤まではボチボチにしか楽しめなかった。  何よりも、最近のラブコメの傾向...
 
 
 
恋とニュースのつくり方 (LOVE Cinemas 調布)
テレビ業界を舞台に低視聴率番組を立て直すためにプロデューサーとして雇われた主人公の女性が、気難しいMCに振り回されつつ恋に仕事にと奮闘する姿を描いたコメディドラマだ。主演は『きみがぼくを見つけた日』のレイチェル・マクアダムス、共演にハリソン・フォード、...
 
 
 
「恋とニュースのつくり方」 MORNING GLORY (俺の明日はどっちだ)
・ 一度ニュージャージーのローカル局を解雇された主人公が、ニューヨークにある全米ネット局に再就職し、若手プロデューサーとして低視聴率で打切り目前のモーニング・ショーの立て直しに奮闘する姿を描いたワーキングガール・ロマンティック・コメディ。 話そのものは....
 
 
 
『恋とニュースのつくり方』('11初鑑賞30・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 2月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:00の回を鑑賞。
 
 
 
『恋とニュースのつくり方』・・・そしてフワフワのフリッタータのつくり方 (SOARのパストラーレ♪)
テレビ局のプロデューサーを演じるレイチェル・マクアダムスがとにかくキラキラと輝いている。『きみに読む物語』や『きみがぼくを見つけた日』、あるいは『シャーロック・ホームズ』での彼女も魅力的だったが、本作のベッキーのような明るくはじけた役どころこそ、彼女が...
 
 
 
『恋とニュースのつくり方』 (ラムの大通り)
(英題:Morning Glory) 「これは、映画に対して 特別難しいことを求めない人だったら、 だれもがほっこりと、幸せな気分になる映画。 この冬のおススメ第一弾だね」 ----えっ。そうニャの? テレビ局を舞台にしたサクセス・ストーリーでしょ。 夢を見る分にはいいかも...
 
 
 
恋とニュースのつくり方☆独り言 (黒猫のうたた寝)
『ワーキングガール』ではデキル男でヒロインの恋人になったハリソン・フォードですが、今回はヒロインの憧れの報道キャスター(でも、とってもイヤなおじさんなんだ(笑)『恋とニュースのつくり方』は、働く女性にエールを送ってくれてるような作品です。ということで、お...
 
 
 
恋とニュースのつくり方♪(2010)MORNING GLORY (銅版画制作の日々)
 あら原題はMORNING GLORY? まったく違うんですね。先週の土曜日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。今回はポイントを利用してです。 主演はレイチェル・マクアダムス。彼女は「きみに読む物語」でブレイクしたらしいのですが、残念ながら未見。今回、脇を固める人たちは大...
 
 
 
恋とニュースのつくり方 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「恋とニュースのつくり方」監督:ロジャー・ミッシェル(『ノッティングヒルの恋人』)出演: レイチェル・マクアダムス(『きみがぼくを見つけた日』『消されたヘッドライン』) ...
 
 
 
「恋とニュースのつくり方」 仕事が好きだっていいじゃない? (はらやんの映画徒然草)
最近の若い女性は、早く専業主婦になりたいっていう人が多いそうです。 景気もいまい
 
 
 
恋とニュースのつくり方 (食はすべての源なり。)
恋とニュースの作り方 ★★★☆☆(★3つ) TVプロデューサーのベッキーが突然解雇宣告を受け、やっと決まった再就職先は、視聴率最低の朝のワイドショー番組だった! 典型的な、アメリカンガールズコメディ! がむしゃらに突っ走ったからって、結果が出るわけじゃ...
 
 
 
No.246 恋とニュースのつくり方 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 レイチェル・マクアダムス、ハリソン・フォード、ダイアン・キートン共演のラブコメディ。失業中のTVプロデューサー、べッキー(マクアダムス)がやっと見つけた仕 ...
 
 
 
【映画】恋とニュースのつくり方…ハリソンって「スゲェ」とか言うだけで如何ほど持ってくんだろう? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日から夜勤のピロEKです。 12月ですね 毎年思っている事ですが一年というのは早いです …ここ半月ぐらいずっと忙しくてですねぇ(※忙しさは現在進行中)、終末も疲れと布団の中の快適さから寝てる事がほとんどで、二週ほどまともに外出もしていなかったりします ブロ...
 
 
 
映画評「恋とニュースのつくり方」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ロジャー・ミッシェル ネタバレあり
 
 


 
編集 編集