日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



NYで、公開日の24:01からの公開日一番乗りで鑑賞。

流石、観客は気合の入りまくりの一番乗り軍団だけあって、ノリが異常に良い。
アメリカでは人気のセス・ローゲン(40歳の童貞男、無ケーカクの命中男)だけに、彼がギャグをかますたびに劇場が揺れる(笑)
実は個人的には、それだけでもう満足。
アメリカで観たなあ~という気分満載なので。


もともとテレビドラマだったのだから、ストーリーにそんなに期待しない。
だし、ローゲンが主人公になって方向性が全く変わってしまった以上、全く違うと考えれば笑えればいいのだ!
と割り切って鑑賞した(けれど、実はゴンドレーファンとしては寂しい気持ちもあるが)


そういう心持ちで鑑賞していくと、一番印象に残ったのは.....

グリーン・ホーネットが乗り回す、ブラックビューティー(車)
これがやたらめったら、カッコいい!
防弾加工から、武器の搭載から、旧バージョンを遥かに越える強力さ。
ここはゴンドレーのこだわりが生きたのだろうか。
しかもモタモタしている2人を差し置き、どんどん進化していく。

もはや主人公は、この車だな(笑)
ポスターもそうなっているように(写真)


びっくりしたのは、アカデミー助演男優賞まで獲得している クリストフ・ヴァルツが全く!冴えないこと。
アレ(イングリ)は単にタランティーノの才能の賜物だったのだろうか?!

3Dの採用にも、もともと疑問符がつく私としては、バツをつけざるえない。
暗いシーンが多いせいだろうか?


ということで、デートには向かないと思う一方で、
1.いかにもメカっぽい、ブラックビューティー
2.主人公2人(男)が反発しあいつつ、じゃれあう
3.お色気は、キャメロンが独占して担当(ややここは問題かも 笑)
という点で、オトコ同志でつるんで劇場に行くのが「正解」か。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 49 )



« NYから無事、帰還。 iPhone & nanoを... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画「グリーン・ホーネット(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「グリーン・ホーネット(3D版)」観に行ってきました。 1936年~1952年にかけてアメリカで放送されたラジオ番組を原作とする同名作品の現代版実写映画。 物語は主人公であるブリット・リードと、その父親で新聞社デイリーセンチネル社の社長であるジェー...
 
 
 
劇場鑑賞「グリーン・ホーネット」 (日々“是”精進!)
「グリーン・ホーネット」を鑑賞してきました3D版はコンバートなので2D版を。ブルース・リーも出演し人気を博した往年の米TVシリーズを「エターナル・サンシャイン」のミシェ...
 
 
 
グリーン・ホーネット (悠雅的生活)
緑の雀蜂。漢字表記。権八火鉢。
 
 
 
グリーン・ホーネット (Akira's VOICE)
類は友を呼ぶ。 
 
 
 
映画「グリーン・ホーネット 3D(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『グリーン・ホーネット 3D(字幕版)』(公式)を、初日(1/21)鑑賞。昼過ぎの回で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点かな? エンドクレジットのアニメーションの出来の良さに、もう一つ★をあげたいところです...
 
 
 
『グリーン・ホーネット』・・・ブルー・ウォンバットでもなんでもいいんだけど (SOARのパストラーレ♪)
元々観る予定になかった本作。キャメロン出演にもその気持ちが揺らぐことはなかったのだが、最近になって敵役があのクリストフ・ヴァルツだと知ってあっさり心変わり。こりゃあ観とかないと損するかも、ということで足を運んだ。
 
 
 
グリーン・ホーネット 3D / The Green Hornet (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click もともと映画に3Dの必要性感じてないので反対派なんだけど これほんと3Dの意味ほとんどなし。 「僕らのミライへ逆回転」のミシェル・ゴンドリーが往年のTVドラマに挑んだ最新作 ゴンドリー作品は「エターナル・サンシャイ...
 
 
 
『グリーン・ホーネット』('11初鑑賞10・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 1月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:10の回を鑑賞。
 
 
 
映画レビュー「グリーン・ホーネット」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆鬼才ミシェル・ゴンドリーが往年のヒーローものを再構築。凸凹コンビの正義の定義がビミョーで可笑しい。 【60点】 父の死によって、新聞社の二代目 ...
 
 
 
『グリーン・ホーネット』 (The Green Hornet 3D) (Mooovingな日々)
ミシェルゴンドリー監督、セスローゲン、ジェイチョウ、クリストフヴァルツ、キャメロンディアス   幼い頃から厳格に育ったブリットリードは、かなりの放蕩息子。父の運転手カトーとともに父が亡くなったときブリットが社長になってからロスの街を一掃す...
 
 
 
グリーン・ホーネット 3D字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
バットマンのようなアクションではなくて、ゲラゲラ笑いながらホップコーン片手に見るお気楽エンタメ映画だった。でも、グリーン・ホーネットとカトー(ジェイ・チョウ)の友情がしっかり描かれていて好感を持った。
 
 
 
「グリーン・ホーネット」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
3Dの必要な絵はなったく無し割増料金を取るだけの罠100円レンタルになってから見ても十分(苦笑)ロサンゼルスの新聞社の社長の息子・ブリットは父が蜂に刺されショック死したこと...
 
 
 
「グリーン・ホーネット」 THE GREEN HORNET (俺の明日はどっちだ)
・ 相変わらずのネタ不足のハリウッドらしく、またしても安直なノスタルジックヒーローの復活企画とあって、あまり食指は動かなかったものの、個人的に大いに気に入っていた「エターナル・サンシャイン」、「僕らのミライへ逆回転」のミシェル・ゴンドリー監督が演出し、....
 
 
 
映画 「グリーン・ホーネット」の感想です。オリジナルのブルース・リー動画付きです。 (MOVIE レビュー)
映画「グリーン・ホーネット」を観てきました。3Dと2Dの上映が有りましたが、映画館で予告編を観た感じでは、「IMAX3Dで観るほどの映画でもないかなぁ・・・」と思ったので、2Dで観ました。そんな感じで、最初から「ちょっとおバカなヒーロー物かな!?」と....
 
 
 
グリーン・ホーネット 3D (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロスの夜に出没する“グリーン・ホーネット”その正体は悪を装い、悪を刺す・・・ダメな二代め社長とイケてるお抱え運転手のコンビだった!物語:ブリット・リード(セス・ ...
 
 
 
「グリーン・ホーネット 3D」 悪い化学反応 (はらやんの映画徒然草)
ミシェル・ゴンドリーがヒーロー・アクション映画を撮る!? 「恋愛睡眠のすすめ」や
 
 
 
グリーン・ホーネット/The Green Hornet (いい加減社長の日記)
やっと、追いついた^^; 予告編で、大体のストーリーを知って、面白そうと期待していた「グリーン・ホーネット 」を公開日の朝一で鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かな。 「グリーン・ホーネット 」は、大きめのスクリーンで、3~4割。 (C) 201...
 
 
 
タイトルデザイン_23・『グリーン・ホーネット』PictureMill (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『グリーン・ホーネット』。監督は『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』『僕らのミライへ逆回転』のミシェル・ゴンドリー。『スーパーバッド 童貞ウォーズ』のセス・ロ
 
 
 
★ 『グリーン・ホーネット (3D版 日本語吹替版)』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"THE GREEN HORNET".   ミシェル・ゴンドリー監督。セス・ローゲン主演・脚本・製作総指揮。  全国5万人(推定)のセス・ローゲン・ファンにとって夢の時間がついに訪れた。
 
 
 
グリーン・ホーネット (風に吹かれて)
カトーにコーヒーをいれてほしい[E:cafe] 公式サイト http://www.greenhornet.jp監督: ミシェル・ゴンドリーブリット・リード(セス・ローゲン)は、新聞社の社長の放蕩息子。
 
 
 
『グリーン・ホーネット』 (ラムの大通り)
(原題:The Green Hornet) ----- えいは、風邪をひいたみたいで、 せき込んでいる。 でも、あまりここをお留守にするのもなんだからって、 今日はフォーンが枕元でインタビュー…。 選んだのは『グリーン・ホーネット』。 今週末に公開だし、 なんと、あの独特の語り口...
 
 
 
『グリーン・ホーネット』 | 今の時代に"アジア人"という括りってどうなの? (23:30の雑記帳)
キャメロン・ディアスが出ていて、 B級テイスト丸出しのアイマスクも ツボだったので期待して観に行きました。 結論からいうと、平均点といったところ。 一カ所、特筆すべ ...
 
 
 
グリーン・ホーネット (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「グリーン・ホーネット」監督:ミシェル・ゴンドリー(『僕らのミライへ逆回転』)出演:セス・ローゲン(『モンスターVSエイリアン』『スパイダーウィックの謎』)ジェイ・チョ ...
 
 
 
グリーン・ホーネット (ぷち てんてん)
「さんかく」「春との旅」「「ヤギと男と男と壁と」をDVD鑑賞済み、この更新は以前の日付で更新します(予定)という事で、今日は映画館にてグリーン・ホーネット。「ソーシャルネッ...
 
 
 
悪を刺す~『グリーン・ホーネット』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THE GREEN HORNET  新聞社社長の御曹司であるブリット(セス・ローゲン)は、パーティ三昧の放蕩 息子。厳格な父の急死により社長の座に就いた彼は、父のお抱え運転手だった カトー(ジェイ・...
 
 
 
「グリーン・ホーネット」 (大吉!)
<金曜日> (1月27日・TOHOシネマズ・12時20分~・3D字幕版  ポイント鑑賞で3D分の400円は実費・119分) 新聞社の創業者である父に厳格に育てられたブリット・リードは、その反動で絵に描いたような放蕩息子に成長する。ところが、その父が蜂に...
 
 
 
グリーン・ホーネット IMAX-3D版/セス・ローゲン、ジェイ・チョウ (カノンな日々)
私の大好きな『僕らのミライへ逆回転』のミシェル・ゴンドリー監督の最新作はなんと3D映画?人気TVドラマシリーズのリメイク版らしいのですが、私は全く知りませんで初めて知りまし ...
 
 
 
『グリーン・ホーネット』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
3D公開がウリの映画ですが、敢えて(?)2Dで観ました。 っつーか、一番近所のシネコンは2D字幕版のみの公開だったからなんですがね。 ま、足を延ばして3D版観るほどでもないなあと思いつつ、2D吹替版があればそちらを選びたかったんですがねえ。主役の吹替は...
 
 
 
グリーン・ホーネット(3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(18) ホーネットより上海生まれのカトーの才能に見惚れる。
 
 
 
・・・雑。『グリーン・ホーネット』 (水曜日のシネマ日記)
夜な夜な犯罪者と戦うチョイ悪ヒーローの2人組グリーン・ホーネットの物語です。
 
 
 
グリーン・ホーネット 3D (そーれりぽーと)
「ほほー、今度はグリーン・ホーネットが映画化かー。『カンフー・ダンク!』のジェイ・チョウとキャメロン・ディアスも出てるんや。なに!ここ数年で一番好きなミシェル・ゴンドリー監督作やと!」 『グリーン・ホーネット』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★ 「シャマラ...
 
 
 
シネトーク50『グリーン・ホーネット』●見せかけだけの“痛快作”じゃもう面白くないってば! (ブルーレイ&シネマ一直線)
映画バカコンビ てるお と たくおの ぶっちゃけシネトーク 映画好きな2人が話題作を斬る!・・・・ほどでもないシネマトーク? シアター50/『グリーン・ホーネット』の回 監督:ミシェル・ゴンドリー 製作総指揮・脚本・出演:セス・ローゲン 出演...
 
 
 
「グリーン・ホーネット」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 1960年代、日本でも放映され、人気を博したブルース・リーの出世作を、「僕らのミライへ逆回転」「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督、「ファンボーイズ...
 
 
 
グリーンホーネット【3D・字幕版】 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
グリーン・ホーネット'10:米 ◆原題:THE GREEN HORNET◆監督:ミシェル・ゴンドリー「TOKYO!」「エターナル・サンシャイン」◆出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディア ...
 
 
 
グリーン・ホーネット 3D (5125年映画の旅)
死んだ父の座を受け継いで新聞会社の社長に就任したブリット。彼は父の車の整備士をしていたカトーと共に、街の平和を守るヒーロー「グリーン・ホーネット」となって悪と戦う決意 ...
 
 
 
《 グリーン・ホーネット 》 (映画 - K'z films -)
「俺たちが、悪を刺す!」 [Official](C)2011 Sony Pictures Entertainment Inc. ある日、ロサンゼルスの大手新聞社「デイリーセンチネル」の御曹司である、ブリット・リード(セス・ローゲン)は、父親のジェームズ・リードが"蜂に刺されて死亡"したことにより、新聞...
 
 
 
グリーン・ホーネット (だらだら無気力ブログ)
ブルース・リーも出演し人気を博した往年の米TVシリーズを「エターナル ・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が劇場長編としてリメイクした アクション・エンタテインメント。昼間は新聞社の社長を務める主人公が、 夜には相棒と共にヒーロー“グリーン・ホー...
 
 
 
『グリーン・ホーネット 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「グリーン・ホーネット」□監督 ミシェル・ゴンドリー □脚本 エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン □キャスト セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ■鑑賞日 1月30日(日)■...
 
 
 
グリーン・ホーネット (シネマDVD・映画情報館)
グリーン・ホーネット スタッフ 監督: ミシェル・ゴンドリー キャスト セス・ローゲン ジェイ・チョウ キャメロン・ディアス クリストフ・ヴァルツ 劇場公開日:2011-1-22
 
 
 
グリーン・ホーネット レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 街を支配するマフィアのボス、ベンジャミン・チュドノフスキー(ク
 
 
 
「グリーン・ホーネット」 (古今東西座)
高校時代の友人に金持ちの、一般的に見たらドラな息子Mがいた。Mの父親は東大出で某大メジャー商社の重役。東急田園都市線沿線の瀟洒な住宅地に立派な一軒家があり、僕はよくMの家に招かれてはドラ息子同士でダラダラと時間を無駄遣いしていた。Mはとにかく時間にルーズで...
 
 
 
映画『グリーン・ホーネット 3D』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-11.グリーン・ホーネット 3D■原題:TheGreenHornetIn3D■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:松崎広幸■鑑賞日:2月1日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(...
 
 
 
「グリーン・ホーネット」カトーなのに (ノルウェー暮らし・イン・London)
相棒はカトーなのに、「ケイトゥー」だし 日本人なのに上海生まれで、ストリートチルドレンだし 御曹司なのにダメダメだし ヒーローなのに悪者だし 弱っちかったのに、いきなり強くなるし・・・・・ そんな今までのヒーローものとは一味違ったダメダメ感が、非現実的...
 
 
 
『ゲーマー』『グリーン・ホーネット』を浅草中映で観て、期待しなかった分、楽しめちゃった男ふじき☆☆☆,☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
◆『ゲーマー』 五つ星評価で【☆☆☆中だるみはあるけど思ったより楽しめた。ありがちって言っちゃえば全力でありがちだけど・・・考えたら負けだ】 ・「ゲイ間ーっ」ジェラ ...
 
 
 
グリーン・ホーネット (銀幕大帝α)
THE GREEN HORNET/10年/米/119分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ミシェル・ゴンドリー 製作総指揮:セス・ローゲン 脚本:セス・ローゲン 出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、エドワード・ファ....
 
 
 
グリーン・ホーネット (The Green Hornet) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ミシェル・ゴンドリー 主演 セス・ローゲン 2011年 アメリカ映画 119分 アクション 採点★★★ 私が子供の頃の30代40代ってすっげぇ大人に見えたんですが、いざ自分がその年代に入ってみると、さっぱり大人になった気がしない。まぁ、身体はヨボヨボですが。...
 
 
 
『グリーン・ホーネット』は高級な駄菓子だよ。 (かろうじてインターネット)
 今回はミシェル・ゴンドリーでこの題材という2度ビックリの『グリーン・ホーネット』の感想。3Dで見てきました。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。客数はほとんどいなくて、客層も...
 
 
 
【映画】グリーン・ホーネット…勝手なだけのゴンドリーじゃなかった (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
明日は健康診断なのに体重は(去年より)増えている感じのピロEKです。 ダイエット用にとある健康器具を買ったのですが、健康診断には間に合いませんでした 昨日2011年10月15日(土曜日)は月イチペースの休日出勤。夕方から深夜までのお仕事でした。 本日2011年10月1...
 
 
 
映画 『グリーン・ホーネット』 (こみち)
  JUGEMテーマ:洋画    お金持ちの娯楽といった感じのダークヒーローである   『グリーン・ホーネット』。愛車である『ブラック・ビューティー』が   素晴らしい!   アメリカ的なクラシカルな要素が...
 
 


 
編集 編集