日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



クリスティーン・アギレラと、シェールという新・旧?歌姫対決が話題のこの映画。
シェールは、映画主演でいきなりアカデミー賞主演女優賞を取った「月の輝く夜に」(1987)の段階で、既に行き遅れのおばさん役。
それから20年以上が経過していて、若いアギレラとどう対抗するのか?


ストーリーはいたって簡単。
王道のサクセス・ストーリ-で、70%くらいがアギレラ。
彼女は田舎から出てきて、LAのキャバレーショーを上演する「バーレスク」で、ウエイターからのし上がってスターになる。

それをもり立てるサポート役というのが、シェールの役どころ。
借金をかかえていて、その金策に奔走している店主役なので、あまりニコニコはしていない。
スティーブン・アンティン演ずる店のパートナーとのやり取りがそこそこ可笑しい。

という構造なので、基本的に対決というよりは「次のスターに世代交代する」ノリなのだと理解した。


ところが!

ラスト直前、金策に困り果てたシェール。
帰りがけに、スタッフから促され、1曲だけリハーサル。
この1発で、私的には全てもっていってしまった!!

曲名は、You Haven't Seen the Last of Me
「まだ私は終わってない」、という意味。
強力な歌唱力で、歌詞どおりの意思を示す。
この説得力に圧倒された。

冒頭にも書いたが、出世作からはや20数年。
御年64才のおばあさん!
徹底的に人工的な整形を施しているのだろう(さすがL.A.)
ので、そうは思わせないが。
「ウルトラ美魔女」ということだろうか?

そのあとのクライマックスを迎え、その音・映像美に満足して終了後、席を立った。
だが、いくらアギレラが奮闘しても小娘にしかみえなくなってしまった自分に驚き(笑)
彼女でさえ、30才なのに....

追記:ゴールデン・グローブ賞で、You Haven't Seen the Last of Me が この映画唯一の賞、オリジナルソング賞を獲得!!

コメント ( 5 ) | Trackback ( 51 )



« “DAVID BYRNE ... CL抽選 速報!... »
 
コメント
 
 
 
こんにちは。 (おくやぷ)
2011-01-13 18:53:32
わたしもシェールの歌にやられました。

観たときは年齢を知らなかったのです。
パワフルで艶があってEDの最後もシェールのバーレスクで〆で、
一番深くのこったのが彼女の歌でした。

TB返しありがとうございました。^^
 
 
 
そして! (onscreen)
2011-01-18 22:25:54
先日のゴールデン・グローブ賞でなんと! その1曲、You Haven't Seen the Last of Me が この映画唯一の賞、オリジナルソング賞を獲得!!
 
 
 
こんばんは☆彡 (ふぇい)
2015-05-05 19:12:57
TB下さり、ありがとうございました

素敵な映画でしたね。。観たのはずいぶん前ですけど(笑)
御z時blog内で葉ない野でTBやり方わかりませんのでコメントを残します
 
 
 
まさに存在感 (atts1964)
2015-05-07 13:46:55
アギレラの見せ場が前半のアカペラのシーンなら、シェールは最後の方に持っていきましたね。
物語は単純明快な、逆転劇で、いかにもアメリカらしいんですが、圧倒的な歌唱力の迫力がありました。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
ド迫力! (onscreen)
2015-05-08 06:58:23
トラバはっときますね。

ふぇいさん、どうトラバがはれないのですか?
おしえてくださいませ!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
バーレスク (あーうぃ だにぇっと)
11月29日(月)@新宿明治安田生命ホール。 この日の試写は他に “GANTZ” の完成披露が当った。 舞台挨拶があると開演は遅れるし終わるのは遅くなるし私にとってはマイナスでしかなかったりする。(笑) で、すんなりとパスして期待の一作 “Burlesq...
 
 
 
2010年12月14日 『バーレスク』 よみうりホール (気ままな映画生活)
本日は、『バーレスク』 を試写会で鑑賞です。 別の日の試写会があたっていたのですが、その日は違うのを観たため、 バーレスクは観れないかと思っていましたが、何とか鑑賞できました 観て大正解です 歌もさることながら、ストーリーも良かったです しいて言えば、音...
 
 
 
「バーレスク」新旧ディーバ、アツい競演!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[バーレスク] ブログ村キーワード  世界の歌姫クリスティーナ・アギレラ映画初主演作、「バーレスク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。洋楽を殆んど聞かない吾輩でも、その名前ぐらいは知ってますよ!名前ぐらいは…(^^;。  アイオワの片田舎...
 
 
 
『バーレスク』('10初鑑賞160・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
 
 
 
バーレスク (I am invincible !)
アイオワからLAに出てきた独り身のアリ(クリスティーナ・アギレラ)はダンスや歌の仕事を探すが、そう簡単に田舎娘を雇ってくれる所はない。
 
 
 
バーレスク (佐藤秀の徒然幻視録)
「最高の眺望」を守れ! 公式サイト。原題:Burlesque。スティーブン・アンティン監督、クリスティーナ・アギレラ、シェール、エリック・デーン、スタンリー・トゥッチ。クリスティー ...
 
 
 
バーレスク (Akira's VOICE)
歌は5つ星! ドラマは・・・  
 
 
 
バーレスク/Burlesque (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
 
 
 
バーレスク (風に吹かれて)
バーレスクのショーへようこそ 公式サイト http://www.burlesque.jp歌手を夢見て、アイオワからロサンゼルスへ出てきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然入った“バーレスク・ラウ
 
 
 
バーレスク(2010)☆★BURLESQUE (銅版画制作の日々)
 この声で、夢への扉を開けてみせる。 MOVX京都にて鑑賞。20日はMOVX京都デ...
 
 
 
女子&ゲイ(バイ)受け確実。 【映画】バーレスク (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】バーレスク(BURLESQUE) クリスティーナ・アギレラ姐さんが映画初出演。 クラブオーナー役に約7年ぶりの映画出演となるシェール。 【あらすじ】 歌手になる夢を追い掛けているアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、セクシーなダンサーたちが毎夜ゴージ...
 
 
 
『バーレスク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「バーレスク」□監督・脚本 スティーヴン・アンティン□キャスト クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ、カム・ジガンディ、クリスティン・ベル、エリック・デイン、ピーター・ギャラガー■鑑賞日 12月1...
 
 
 
バーレスク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 クリスティーナ・アギレラの歌唱力を本作で初めて知った。
 
 
 
「バーレスク」 Burlesque (2010 Sony) (事務職員へのこの1冊)
“絵に描いたような田舎の安食堂”のウェイトレス。給料もろくに払わない店主に見切り
 
 
 
バーレスク (うろうろ日記)
試写会で見ました。田舎の女の子が、都会へ単身出てきてナイトクラブで成功する。とい
 
 
 
バーレスク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この声で、夢への扉を開けてみせる。』  コチラの「バーレスク」は、人気シンガーのクリスティーナ・アギレラが映画初出演を果たした12/18公開のミュージカル・サクセス・ロマ ...
 
 
 
バーレスク (Art-Millー2)
バーレスク オフィシャルサイト 噂のミュージカルを観てきた。 こういう映画は文句なしにたまらんくらい好きだ。 クリスティーナ・アギレラとシェールの圧倒的迫力にとろりんこである。 ちなみに、《バーレスク》とは バーレスク(英語および仏語: Burlesque)...
 
 
 
バーレスク/Burlesque (いい加減社長の日記)
これは、予告編での迫力満点の声に魅かれて、楽しみにしていた作品。 公開の土曜日の朝一で、「バーレスク 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、いつもよりは多い感じ。 「バーレスク 」は、小さめのスクリーンで、3~4割。 【ストーリー】 成功を...
 
 
 
バーレスク すっげ~♪鳥肌たったやんっ! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=57 -16-】 おそらく今年最後の劇場鑑賞の映画、しかし最後を飾るにふさわしい素晴らしい映画だった~! バーレスク、映画館とかでも予告編があまり流されていなかったようで、予備知識があまり無く、ただなんとなく「「いいぞ」という噂をジワーッと感じて...
 
 
 
映画 「バーレスク」 (ようこそMr.G)
映画 「バーレスク」
 
 
 
『バーレスク』。。。 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、スティーブ・アンティン監督、クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ出演。
 
 
 
バーレスク/シェール、クリスティーナ・アギレラ (カノンな日々)
失礼ながら主演のグラミー賞歌手・クリスティーナ・アギレラのことは全く存じませんでしたが、それゆえなのか劇場予告編で唄いだした主人公に周囲が一瞬にして魅了されたように私 ...
 
 
 
バーレスク (ダイターンクラッシュ!!)
2010年12月25日(土) 20:55~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『バーレスク』公式サイト ありがちな他愛の無いサクセス・ストーリーだが、ショーのシーンが優れているので、かなり満足度の高い作品である。 他愛の無...
 
 
 
「バーレスク」 (古今東西座)
もしかしたらこの『バーレスク』は映画としては大したものではないのかもしれない。ありがちなストーリー、プロモーションビデオのような演出と感心すべきものではない。だがクリスティーナ・アギレラの歌がそんなものをうっちゃってしまったのだから凄い。華奢な体からは...
 
 
 
バーレスク (Movies 1-800)
Burlesque (2010年) 監督:スティーヴン・アンティン 出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ アイオワ州の田舎町からロサンゼルスに出てきた女性が、持ち前の歌唱力を武器にナイトクラブのスター歌手になるサクセス・ストー...
 
 
 
バーレスク (シネマDVD・映画情報館)
バーレスク スタッフ 監督: スティーヴ・アンティン キャスト クリスティーナ・アギレラ シェール クリスティン・ベル スタンリー・トゥッチ 劇場公開日:2010-12-18
 
 
 
バーレスク■まちづくりのヒントとしての見方 (映画と出会う・世界が変わる)
実を言うとクリスティーナ・アギレラにはいい印象を持っていなかった。と言うのは「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」で登場した彼女は完全に負けていた。それで...
 
 
 
バーレスク (そーれりぽーと)
クリスティーナ・アギレラ初主演を支えるのはシェール! いろんな意味で事件のような映画『バーレスク』を観てきました。 ★★★★★ ちょっとネタバレです ...
 
 
 
映画、バーレスク (フクロウと大理石 黄昏のフクロウ)
 バーレスクは女性のお色気を強調した踊りを含めたショー。だから、ダチョウの羽を使ったファンダンスもバーレスクの一種。 ...
 
 
 
バーレスク (C'est joli~ここちいい毎日を~)
バーレスク'10:米◆原題:BURLESQUE◆監督:スティーブ・アンティン「告発の行方」◆出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ◆STORY◆成功 ...
 
 
 
[映画『バーレスク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた、新春早々、燃える映画でした^^  アメリカの片田舎からLAに出てきた少女アリ(クリスチーナ・アギレラ)が、絢爛豪華なれど傾きつつあるクラブ<バーレスク>で、経営者兼ダンサーのテス(シェール)に才能を認められ、トップを目指しつつ、多く...
 
 
 
バーレスク (小部屋日記)
Burlesque(2010/アメリカ)【劇場公開】 監...
 
 
 
『バーレスク』 C・アギレラの魅力全開&シェールの底力! (コナのシネマ・ホリデー)
明けましておめでとうございます。新年最初の鑑賞は、『バーレスク』。C・アギレラの魅力に浸って来ました。とにかく、文句なしの爽快感!気持ち良く新年のスタートが切れました。
 
 
 
大人も夢みちゃう (ALL FUN)
どひゃーと派手でパワフル 普段にないようなシーン 大人も夢みちゃうって必要よね オーバー40の友達の中でも話題中 映画バーレスク楽しんできました 歌とダンスの才能があるアリ(クリスティーナ・アギレラ) 夢をいだきロスで働く場所を探す 偶然訪れたバー...
 
 
 
★「バーレスク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2011年1本目の劇場鑑賞は、久しぶりにラゾーナ川崎の109シネマズ川崎で。
 
 
 
「バーレスク」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに、「バーレスク」の意味はコチラを参照。   スターになる夢を叶えるため、故郷を飛び出した田舎娘が、その才能を開花し、スターダムへと駆け上がって行く、基本何十年...
 
 
 
バーレスク (ハクナマタタ)
わたしは心を奪われた そのシーンは これが初めてのレッスンよ アリとテスのふれあい 田舎から歌手になることを夢見て出てきた身寄りのないアリ(クリスティーン・アギレラ) 職探しをしながらあるときたどり着いたクラブ・バーレスク そこで繰り広げ...
 
 
 
『バーレスク』は一点豪華主義みたいなものだよ。 (かろうじてインターネット)
 こんにちは。今回は前回サイコロで当てた『バーレクスク』の感想です。  見に行った映画館は新宿バルト9。今年もお世話になります。空豆ナゲットは美味しいのだろうか?  元旦で、満席でした。客...
 
 
 
「バーレスク」 ポジティブ・シンキング (はらやんの映画徒然草)
洋楽に疎い僕は本作の二枚看板であるクリスティーナ・アギレラもシェールもよく知らな
 
 
 
バーレスク (映画的・絵画的・音楽的)
 友人の強い薦めもあり、『バーレスク』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)吉祥寺のバウスシアターの一番小さな劇場(座席数50)で上映されたためもあって、ほぼ満席の状況でした。クマネズミが見た前の回は、出入り口の扉の前で数えてみましたら、約50人の....
 
 
 
ショーガール!~『バーレスク』 (真紅のthinkingdays)
 BURLESQUE  アイオワの田舎娘アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、ショウビズの世界を夢 見てLAの街にやってくる。彼女が魅せられたのは、伝説の歌姫テス(シェール) が経営するクラブ「バー...
 
 
 
バーレスク (りらの感想日記♪)
【バーレスク】 ★★★★ 映画(78)ストーリー かつては栄華を誇った大人のためのショー・クラブ“バーレスク”も、いまや客足が衰え経営難に陥
 
 
 
「バーレスク」(試写会:文京シビックホール) (なつきの日記風(ぽいもの))
JUGEMテーマ:映画 10/12/08 21:34 原題:「Burlesque」 監督・脚本:スティーヴ・アンティン 製作総指揮:ダナ・ベルカストロ、ステイシー・クレイマー、グレン・S・ゲイナー 製作:ドナルド・デ・ライン 音楽:クリストフ・ベック 撮影:ボジャン・バゼ...
 
 
 
【衣装デザイン】マイケル・カプラン『バーレスク』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリスティーナ・アギレラが映画デビュー作に選んだのは眩いばかりのショービジネスの世界『バーレスク』。競演は久々にスクリーンに登場して歌声も披露するシェール。スタンリー・ト
 
 
 
映画『バーレスク』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-83.バーレスク■原題:Burlesque■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月24日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円ス...
 
 
 
「バーレスク」(BURLESQUE) (シネマ・ワンダーランド)
「月の輝く夜に」のシェールと、映画初出演の人気シンガー、クリスティーナ・アギレラを主演にしたミュージカル・ドラマ「バーレスク」(2010年、米、120分、スティーヴン・アンティン脚本・監督作品、SONY映画配給)。この映画は、スターを夢見るヒロインと、シ...
 
 
 
バーレスク【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:バーレスク 制作:2010年・アメリカ 監督:スティーヴン・アンティン 出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー...
 
 
 
バーレスク (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「バーレスク」監督:スティーヴ・アンティン出演:シェール(『ふたりにクギづけ』『月の輝く夜に』)クリスティーナ・アギレラエリック・デイン(『バレンタインデー』『マーリ ...
 
 
 
バーレスク (シネマ日記)
ショービズ界で成功する夢を見るヒロインが田舎から都会に出てきて、その夢を叶えるっていうタイプの作品はなぜかアメリカで何年かに一度は製作されますね。いままでも何度もそういうタイプの作品を見てきましたが、その同じタイプの作品でもやっぱり面白いと思えるのはヒ...
 
 
 
【バーレスク】 (日々のつぶやき)
監督:スティーブ・アンティン 出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ、クリスティン・ベル  この声で、夢への扉を開けてみせる。 「田舎からロスに出てきたアリはバーレスクというナイトクラブでのショーに心奪われウエイトレスとして
 
 
 
バーレスク (atts1964の映像雑記)
2010年作品、スティーブ・アンティン監督、シェール、クリスティーナ・アギレラ出演。 アイオワの寂れたカフェで働いているアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、店主から給料を渋られている。 彼女は夢を持っている。 そしてレジからお金を取り出し、ここを出...
 
 


 
編集 編集