日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






全く予備知識なしで観賞。
元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。

ので、まず驚き!
あのグループの話だったとは...


ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(笑)
話がきて初めて、まず映画台本、次にミュージカルの台本、そしてNY、カルフォルニア、サンフランシスコへ。
ミュージカル×3か所の出来がどれも良く、監督を引き受けることになったとな!

そして、映画キックオフにあたり、まずは主演陣のキャスティングに、相当時間をかけたそう。
そりゃミュージカル版だけで同時に3チーム以上、それに加え映画俳優陣もオーディションに加わるわけだから!

それだけ時間をかけただけのことはあって、どの役もズバリど真ん中にはまっている、流石。
ミスキャストは皆無。


そしてクライマックス、まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...
きっちり泣けました(笑)


ひとつだけ気になったのは、ミュージカルが元のせいか、時々主演陣の1人が狂言回し的に画面に向い客に話し出すこと。
劇場では全く問題ないんだけど、映画ではちょっとドギマギしちゃうのだ(笑)

いま観倒している、ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン2でも同様に、ケヴィン・スペイシーが同じことを、する。
だがこちらでは主人公だけの特権で、しかもドラマのテーマが「狡猾」だから、彼が「ド本音」を披露するのは、すこぶる正しい。

だがこの映画に関しては、こう思う。
限定された環境で伝えきらねばならないミュージカルならともかく、映画では違う勝負の仕方をしても良かったのでは?


とはいえ、そんなことは些細なことだと片付けてしまおう。
今年一押しの音楽映画であることは間違いないからだ!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 53 )



« 「ブログでサッカ... 映画:ミリオンダ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる (まぜごはん)
昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp 1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャ...
 
 
 
「ジャージー・ボーイズ」:ほろ苦&ほの甘 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ジャージー・ボーイズ』は、無形文化財的巨匠となったクリント・イーストウッド
 
 
 
ジャージー・ボーイズ/ジョン・ロイド・ヤング (カノンな日々)
60年代に数々のヒットを生んだ4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折描いてトニー賞に輝いた大ヒットミュージカルを基にクリント・イーストウッド監督が映画化した音 ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 2014年9月22日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャージー・ボーイズ』 を試写会で鑑賞しました。 ミュージカルっぽいけど、ドラマな映画。 この作品は良かった 今週末には劇場公開されますので是非 【ストーリー】  ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^;
 
 
 
ジャージー・ボーイズ〜裏声と裏社会 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ ...
 
 
 
『 ジャージー・ボーイズ 』君の歌声に恋してる (映画@見取り八段)
ジャージー・ボーイズ〜 JERSEY BOYS 〜     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) (相木悟の映画評)
名曲の裏にあるサクセス・ストーリーをしっとりと味わうべし! 古き良きクラシカルな味わいが心地良い、匠がみせる一級の良品であった。 本作は、ハリウッドの生き神様クリント・イーストウッド監督作。60年代以降、アメリカを席捲したポップ・グループ、“ザ・フォ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
 
 
 
映画「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (試写会) (風に吹かれて)
契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (あーうぃ だにぇっと)
ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。[あらすじ]ベルヴィル。そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、しがないチンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィートは、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.09.11 『ジャージー・ボーイズ』(試写会)@一ツ橋ホール ハリウッド・ニュースで当選! ありがとうございます!! これはスゴイ見たかったので、バレエのお稽古休んで行ってきたー 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(感想はコチラ)より先に見たけど、公開日の関係で後...
 
 
 
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、 1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の 結成、成功、解散、リードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる 「君....
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (映画の話でコーヒーブレイク)
恥ずかしながら音楽に合わせて身体を動かすのが苦手なわたくし。 学生の頃、地区センターのジャズダンス教室の人数が少ないからと駆り出され、数回体験参加 した際に使われていた曲が「君の瞳に恋してる」でした。 この楽曲誕生の裏にこんなドラマが…というか、この曲が...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』、『ハミングバード』と同じく監督の資質と合わないが光る部分も (エミー・ファン!ブログ)
ジャージー・ボーイズ / Jersey Boys 2014/09/27公開HP: http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys/ クリント・イーストウッド監督の新作です。イーストウッドは自分でスコアを書き、チャーリー・パーカーの伝記映画『バード』という作品もありますが、なぜミュージ...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (I am invincible !)
1950年代、イタリア系移民が集まる貧しい街、ニュージャージー州ベルヴィル。 理髪店の見習い、16歳のフランキー・カステルッシオ(ジョン・ロイド・ヤング)は天性の歌声を持っていた。
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (♪HAVE A NICE DAY♪)
ザ・フォー・シーズンズというグループの名前は知りませんでした。 でも、聴いた事のある曲は2曲ありました シェ〜エリ〜シェリベイビーと 題名は知りませんでしたが あの曲は「君の瞳に恋してる」と言うのですね 主役のフランキー役のジョン・ロイド・ヤングの声が高....
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (こねたみっくす)
「君の瞳に恋してる」に込められた様々な想い。 元はブロードウェイミュージカルだったものを舞台俳優をそのまま映画俳優として起用した、この良くも悪くもクリント・イーストウ ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (My Pace, My Self)
久々に2日連続映画 今日は『ジャージー・ボーイズ』 ミュージカルの映画化、しかもそういうイメージのないクリント・イーストウッドが監督ということでミュージカル映画好きとしては気になっていました ※以下感想です  ネタバレありですのでご注意く...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (時間の無駄と言わないで)
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (キュートなバアサンになるために)
          公式サイト  予告編を観て興味を持った作品です。 映画館に行ってみたら かなり年齢層が高かったです。 私には団塊の世代のイトコがいて 子どもの頃、彼女の家に泊まりに行くと 彼女は私には縁のなかった歌番組をテレビで見たり、当時のアイド...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (ラムの大通り)
(原題:Jersey Boys) 「さて、 今日はぼくの中で、 本年度の一、二位を争う作品『ジャージー・ボーイズ』のお話」 ----えっ、“ジャージー”… “ジャージ”じゃニャいの? 「フォーン、とぼけているでしょ。 それは『ジャージの二人』、日本映画の方。 こちらは、ブロ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
 
 
 
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
 
 
 
クリントイーストウッドの新作は、「ジャージーボーイズ」 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ フォーシーズンズ好き、イーストウッド好き ☆☆☆☆ フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズは、今でも、来日公演を続けている。(ただし、ヴァリ以外は新しいメンバー) 本作は、そのフォーシーズンズの結成から、ロックの殿堂入りを果たす...
 
 
 
ジャージーボーイズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 1960年代の大ヒットグループ「フォー・シーズンズ」をモデルにしたブロードウェーミュージカルをイーストウッドが映画化。でもミュージカルシーンはラストしかなく、もっと踊ってほしかったかも。  作品情報 2014年アメリカ映画 監督:クリント・イーストウッド 出...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 (beatitude)
ニュージャージー州の貧しい地区に生まれたフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)、ボブ・ゴーディオ(エリック・バーゲン)、ニック・マッシ(マイケル・ロメンダ)、トミー・デヴィート(ビンセント・ピアッツァ)。希望のない町に生まれた4人は、自分たちの音....
 
 
 
映画『ジャージーボーイズ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
夏の間は、ほとんど映画館に 出掛けられないので チラシも手に入れられず 予告もノーチェックの作品が多く これも、その一つ
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (映画と本の『たんぽぽ館』)
日本人はきっと気にいる・・・ * * * * * * * * * 60年代、世界的人気を誇った米ポップスグループ、フォー・シーズンズ。  その栄光と挫折の物語です。 えーと、例によって私たちぴょこぴょこコンビが出てきたのは、  クリント・イーストウッド作...
 
 
 
「ジャージー・ボーイズ」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/マルパソ・プロ=GKフィルムズ配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Jersey Boys 監督:クリント・イーストウッド脚本:マーシャル・ブリックマン、リック・エリスミュージカ
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Jersey Boys監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・パッツア、クリストファー・ウォーケン
 
 
 
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
 
 
 
映画『ジャージー・ボーイズ』 (健康への長い道)
 クリント・イーストウッド監督の新作『ジャージー・ボーイズ』を新宿ピカデリーで。元は同名タイトルの人気ブロードウェイ・ミュージカルです。  ビートルズ以前、1960年代に世界を席巻した人気グループ、フォーシーズンズの歩みを基にした作品だそうです。ちなみにミ...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 職人技の冴え (Days of Books, Films )
Jerjy Boys(viewing film) ブロードウェー・ミュージカルを
 
 
 
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (とりあえず、コメントです)
1960年代に一世を風靡した4人組“ザ・フォー・シーズンズ”の誕生から現代までの姿を描いた クリント・イーストウッド監督の最新作です。 公開前から楽しみにしていたのに、忙しくて最終日に駆け込みになってしまいました。 楽しい音楽と友情と主人公の男気ある姿に、胸を...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』('14初鑑賞70・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 9月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:15の回を鑑賞。
 
 
 
『 ジャージー・ボーイズ 』君の歌声に恋してる (映画@見取り八段)
ジャージー・ボーイズ〜 JERSEY BOYS 〜     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリ...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド監督が、フォーシーズンズを題材にした映画を撮った。『ジャージー・ボーイズ』を観てきました。 ★★★★ ぶっちゃけフォーシーズンズもフランキー・ヴァリも知らなくて、映画を観ている間に「あ、この曲も、この曲もこの人達の曲やったのか」...
 
 
 
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
 
 
 
ジャージーボーイズ (映画に耽溺)
「2009年のなにかの統計で見たんだけどさ」 「なによ、いきなり」 「日本人が映画館に出かけて映画を観る回数って年に1度なんだって〜〜〜」 「あら〜〜そうなの??」 「うん。」 「でもさ今はDVDとかブルーレイとか通信回線でってのもあるしおウチでご覧に...
 
 
 
映画『ミリオンダラー・アーム』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-79.ミリオンダラー・アーム■原題:Million Dollar Arm■製作国、年:2014年、アメリカ■上映時間:124分■料金:1,800円■鑑賞日:10月9日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督:クレイグ・ギレスピー◆ジョン・ハム◆レイク・ベル◆アラン・アー...
 
 
 
『ジャージー・ボーイズ』 〜光と影が映し出す人生賛歌〜 (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/134分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・ロイド・ヤング    ヴィンセント・ピアッツァ    エリック・バーゲン    マイケル・ロメンダ    クリストファー・ウォーケン ■概要 原題は『Jersey Boys』。トニー賞受賞の...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (いやいやえん)
【概略】 ニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折を描く。 ドラマ フォー・シーズンズというバンドがあったことすら知らなく、楽曲「君の瞳に恋してる」だけは知っていた、というく...
 
 
 
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...
 
 


 
編集 編集