日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





時代は19世紀。
くじらから取れる「鯨油」がダイアモンド級に貴重な時代。
その富を得るべく、無謀な船旅に出る荒くれ者達が多くいた。

主人公(=クリス・ヘムズワーズ)の乗る、“エセックス号"も、そんな一隻。
米 ナンタケット港を新米船長と共に出港し、鯨を捜し求める旅に出る。
ところが...
噂には聞いていた死を呼ぶ“白鯨"と遭遇してしまう!
そして終わりのない死闘…


この死闘の迫力こそが、この映画の勝負のはずなのだが、ややあっさり。
息もできないような緊張感を味わい心奪われる、というところまではいかなかった。

その理由は一生懸命探してみたら、実は監督が ロン・ハワード。
前作の「ラッシュ」はF1物だったのでスンナリ見れたが、やや苦手な監督(笑)
そして今回もぐっさり刺さる、とはいかなかった….わけか?


「ラッシュ」で好演していたヘムズワーズも、それほど強力な印象は残さないのはなぜだろう...
キーマンの筈の、007でQを演じていた ベン・ウィショーも標準的な出来に過ぎない。
残念...

ラストのオチ部分は、現代にも通じる部分があり、そこは面白かった、けど。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 18 )



« 追悼:デビッ... 映画:キャロ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
白鯨との闘い (試写会) (風に吹かれて)
海の男の真実 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie1月16日公開 原作: 白鯨との闘い (ナサニエル・フィルブリック著/集英社文庫)監督: ロ
 
 
 
劇場鑑賞「白鯨との闘い」 (日々“是”精進! ver.F)
人間の極限… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601160000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】白鯨との闘い [ ナサニエル・フィルブリック ]価格:842円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料...
 
 
 
白鯨との闘い (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【IN THE HEART OF THE SEA】 2016/01/16公開 アメリカ 122分監督:ロン・ハワード出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に、男たち....
 
 
 
「白鯨との闘い」:海はこわいな大きいな (大江戸時夫の東京温度)
映画『白鯨との闘い』は、予告や広告を見る限りではハーマン・メルヴィル原作『白鯨(
 
 
 
白鯨との闘い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 過去映画『白鯨』(1956)の単なる焼き直しだろうと舐めていたら
 
 
 
『白鯨との闘い』('16初鑑賞07・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:55の回を鑑賞。2D:字幕。
 
 
 
白鯨との闘い3D ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」を基に描く驚異のサバイバルドラマ。19世紀を舞台に、白い大型のマッコウクジラと捕鯨船の乗組員たちとの壮絶なバトルを描く。主人公を...
 
 
 
白鯨との闘い (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:In the Heart of the Sea。ナサニエル・フィルブリック原作、ロン・ハワード監督。クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、ベン・ウィシ ...
 
 
 
白鯨との闘い (とりあえず、コメントです)
ナンタケット島に詳しい歴史研究家ナサニエル・フィルブリックのノンフィクションを原作に 捕鯨船の乗組員の運命描いた迫真のドラマです。 予告編を観て、この時代の捕鯨船は本当に大変だったろうなあと気になっていました。 予想以上に厳しい展開に、生きることや船の乗...
 
 
 
白鯨との闘い  監督/ロン・ハワード (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・ヘムズワース  ベンジャミン・ウォーカー  キリアン・マーフィー  トム・ホランド  【ストーリー】 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港する。一等航海士オーウェン・チ....
 
 
 
映画:「白鯨との闘い」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月22日(金)。 映画:「白鯨との闘い」。 監 督:ロン・ハワード 脚 本:チャールズ・リーヴィット 衣裳デザイン:ジュリアン・デイ キャスト: オーウェン・チェイス:クリス・ヘムズワース ジョージ・ポラード:ベンジャミン・ウォーカー ...
 
 
 
白鯨との闘い (心のままに映画の風景)
1819年、鯨油を入手するためアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港したエセックス号のクルーたちは、トラブル続きの航海で思うように鯨を捕らえることができず、焦りばかりが募っていく。 寄港地で鯨の群れの情報を聞きつけた一行は、南米大陸の西3700キ...
 
 
 
白鯨との闘い (心のままに映画の風景)
1819年、鯨油を入手するためアメリカ・マサチューセッツ州のナンタケット島を出港したエセックス号のクルーたちは、トラブル続きの航海で思うように鯨を捕らえることができず、焦りばかりが募っていく。 寄港地で鯨の群れの情報を聞きつけた一行は、南米大陸の西3700キ...
 
 
 
白鯨との闘い (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメリカ文学の傑作「白鯨」の元ネタの一つとなった「エセックス号事件」の映画化。原作本は未読ですが、映画はさまざまな要素を忠実に反映しようとするあまり、全体的に薄味で何に力点を置きたかったのかが不明瞭になった印象です。  作品情報 2015年アメリカ映画 ...
 
 
 
白鯨との闘い (そーれりぽーと)
『白鯨』の映画化と思って『白鯨との闘い』を観てきました。 ★★★★ デリケートな描写のある映画なので、はじめに、私個人の捕鯨に対する見解を。 日本の調査捕鯨には賛成でも反対でも有りません。 鯨は比較的知性が高いと言われ興味深い生き物ですが、犬や猫といった...
 
 
 
海へ~『白鯨との闘い』 (真紅のthinkingdays)
 IN THE HEART OF THE SEA  1850年。小説家ハーマン・メルヴィル(ベン・ウィショー)は、かつて商業 捕鯨の中心地だったニューイングランド州ナンタケット島を訪れる。30年前 に伝説の白鯨との闘いに破れ、海に沈んだエセックス号の最後の生き残り...
 
 
 
「白鯨との闘い」 (ここなつ映画レビュー)
小説「白鯨」は、生き残りの船乗りに小説家ハーマン・メルビルがその壮絶な体験を取材し、それを基に書かれた。という設定で、1800年代初頭に起こった捕鯨船での出来事を描いたスペクタクル。だが、鑑賞する前は、巨大クジラと船乗りの闘いがメインなのだとばかり思ってい...
 
 
 
極限の中の闘い、決断 (笑う社会人の生活)
19日のことですが、映画「白鯨との闘い」を鑑賞しました。 1819年、エセックス号のクルーたちは鯨油を入手するためにナンタケット島を出港 一等航海士オーウェンら乗員たちは 太平洋沖4,800キロメートルの海域で白い化け物のようなマッコウクジラと遭遇 彼らは強大な敵...
 
 


 
編集 編集