日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

アカデミーで、主演男優賞、脚本賞の2冠。

確かに主演のケイシー・アフレック、いつもいいが今回は更に存在感バツグン。

 

そして脚本も劇シブい。

ボストンと海辺の田舎町、を対比させながら、疲弊したアメリカ社会を描く。

 

主人公は地元の漁港マンチェスター・バイ・ザ・シーから距離を置き、ボストンに住んでいた。

ところが兄の急死で地元に呼び戻され、各位連絡、甥とともに遺体安置所へ、葬儀の手配 etc…と辛忙しい日々に陥る。

そして弁護士から知らされる兄の遺書の内容。

どうするか…

 

 

物語は静かに淡々めに進むが、なぜ主人公がこの街に住みたくないかが少しずつ露わになる。

唐突に一瞬見えるシーンの切り替えが、実は繊細に編み込まれていると、徐々に認識する。

アメリカ、というよりはヨーロッパ・日本的? な繊細さ。

そん感覚がエンディングにまで貫かれている。

 

この点で、アカデミー脚本賞獲得はもちろん、作品賞、オリジナル脚本賞候補になったのも納得。

(あっ助演女優賞候補だったミシェル・ウイリアムスも良かったよ)

 

結論:今日のような曇りと雨の薄暗い天気に観るのには、もしかしたらピッタリかもしれない?、な渋い人間ドラマ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« 映画:フェン... オブセッショ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー / Manchester by the Sea (勝手に映画評)
2017年の第89回アカデミー賞では作品賞ほか6部門にノミネート。ケイシー・アフレックが、『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴスリングを抑えて主演男優賞を受賞。ロナーガン監督が、......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (とりあえず、コメントです)
今年のアカデミー賞で主演男優賞と脚本賞を受賞したヒューマンドラマです。 ケイシー・アフレックは好きな俳優さんなのでどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしていました。
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 濃厚なスパイス料理が続くとお茶漬けが恋しくなる気持ち。
 
 
 
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ここなつ映画レビュー)
ありきたりな表現が許されるなら、傑作である。ただただ、傑作である。ネタバレ含みますので未見の方はご注意下さい。マンチェスターの穏やかな海の風景。ヨットで海に出て釣りを......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (セレンディピティ ダイアリー)
ケイシー・アフレック主演、ボストン近郊の小さな海辺の町を舞台にしたヒューマンドラマ。「ギャング・オブ・ニューヨーク」の脚本を手掛けたケネス・ロナーガンが監督・脚本を務......
 
 
 
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』('17初鑑賞49・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 5月16日(火) シネ・リーブル神戸 スクリーン3にて 12:50の回を鑑賞。
 
 
 
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Manchester by the Sea」 2016 USAボストンの住宅街で便利屋として生計をたてるリー・チャンドラーは孤独で短気な性格の男。ある日、兄のジョーが心臓発作で倒れたとの知らせを受け病院に......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (心のままに映画の風景)
アメリカ、ボストンの郊外で、便利屋として生計を立てるリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の訃報を受け、故郷の港町マンチェス......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Manchester by the Sea。ケネス・ロナーガン監督。ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、グレッチェン・モル、......
 
 
 
ショートレビュー「マンチェスター・バイ・ザ・シー・・・・・評価額1750円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ふたたび、海からはじまる。 心に染み入る、極上のヒューマンドラマ。 古都ボストンから北東へ30マイル。 マサチューセッツ湾を望むマンチェスター・バイ・ザ・シーは、風光明......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画好きパパの鑑賞日記)
 ケイシー・アフレックがオスカーを取った話題作。抑制された筆致で心に傷を負った男を描くというのは、「ムーンライト」に通じるものがありました。何かと騒がしいアメリカはこ......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)アカデミー賞の主演男優賞と脚本賞を取った作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (こんな映画見ました~)
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』---MANCHESTER BY THE SEA---2016年(アメリカ)監督: ケネス・ロナーガン出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ 、カイル・チャンドラ......
 
 
 
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 微妙な距離感 (Days of Books, Films )
Manchester by the Sea(viewing film) 『マンチ
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー  (♪HAVE A NICE DAY♪)
面白かった。楽しい内容ではないけど・・・ 今年観た中では「ラ・ラ・ランド」が一番ですが(私はですけど) もしこの作品がアカデミー賞で作品賞に輝いてたら 納得するほどのス......
 
 
 
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」:心に染み入る傑作 (大江戸時夫の東京温度)
映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、1970~80年代前半の映画のような雰
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー (映画と本の『たんぽぽ館』)
乗り越えることだけが正解ではない * * * * * * * * * * ボストン郊外に住む便利屋のリー(ケイシー・アフレック)は、 兄ジョー(カイル・チャンドラー)......
 
 
 
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 正直な映画 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は特別な一本だ。  本作のプロットは、マサチューセッツ州出身の二人の映画人、マット・デイモンとジョン・クラシ......
 
 
 
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」 (或る日の出来事)
叔父と甥の会話(言い合い)が、なかなか笑える。ユーモアがあっていい。
 
 
 
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』:ジョン・フォードの男たちを彷彿とさせる男泣き @...... (キネマのマ ~ りゃんひさ 映画レビューなどなど)
本年度米国アカデミー賞の主演男優賞とオリジナル脚本賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、ロードショウで鑑賞しました。 謳い文句は「癒えない傷も、忘れられな......
 
 
 
マンチェスター・バイ・ザ・シー(Manchester by the Sea) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「ジェシー・ジェームズの暗殺」「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過......
 
 


 
編集 編集