日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






久々に見はじめてみたら、予想外にビックリが連発!

【六本木スクエアビル】
 1990=バブル期の象徴六本木のアイコン
  ↓
 2007=キャバクラの城と化したビル
  ↓
 2013=今や空き地!


【赤坂プリンスホテル】
 1990=バブル期のお泊まりの象徴?
  ↓
 2007=既にフツーのホテル
  ↓
 2013=だんだん小さくなり、遂に消滅!

【ガラケー】
 1990=存在しない
  ↓
 2007=進化極まる当時の最新形
  ↓
 2013=かな~り消滅!

  etc...

2007年にはあったものさえ、2013年には既に存在しない(笑)



こうなると、なんと!
1990年→2007年→2013年、のトリプル・タイムスリップ!

別にラモスが死んだ訳じゃないし、アベノミクスに期待してる訳じゃないが(笑)
タイムスリップに17年空かなくても、わずか5年でこれだけあると、かなり目ウロコ!
リーマンショックもこの公開後、あったわけだし。
かなり刺激的な、久々の鑑賞となった...

コメント ( 0 ) | Trackback ( 8 )



« 「ブログでWBC... ルーニー、香... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 ホイチョイはあの時代に戻りたい? (はらやんの映画徒然草)
まさにバブル真っ盛りし時にヒットした映画「私をスキーに連れてって」を世に送り出し
 
 
 
『バブルへGO! タイムマシンはドラム式』 (ラムの大通り)
----これホイチョイ・プロダクションズの映画でしょ? いいところに目をつけたよね。 彼らって、あのバブルの時代を象徴してた気がするもの。 いろんなブームを仕掛けてさ。 「またまたフォーンの年齢が分からなくなってきた(笑)。 でも確かにそうだよね。 彼らの代表作...
 
 
 
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 (元・副会長のCinema Days)
 これは企画の勝利だ。タイトルのロゴが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に似ているが、あの作品がタイムトラベルものとしては当時“穴場的題材”であった(主人公の両親が関わる)数十年前への時間旅行を扱っていたのと同様に、この映画は17年前のバブル時代への...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式/阿部寛、広末涼子 (カノンな日々)
この映画、ワタシ的にはかなりヤバイです、ヤバ過ぎ!(笑) とりあえず描かれていた当時のカルチャーは全て掌握できちゃいました。そこかしこに、知ってる知ってる、行ったことあ ...
 
 
 
和製バック・トゥ・ザ・フューチャー。『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 (水曜日のシネマ日記)
バブルを知らないヒロインがタイムマシンに乗って1990年に戻り、 バブル崩壊を食い止めるために奔走するタイムスリップ・コメディです。
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なんともベタなタイトルだが、バブルが弾けて今年で16年目。 つい昨日の事の様にも思えるが、ずいぶんと世界は変わったのかもしれない。 当時は列島中が後にバブルと呼ばれる好景気に浸りイケイケの雰囲気で...
 
 
 
「バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~」バブルで時が止まってしまった人達が作った夢をもう1度物語 (オールマイティにコメンテート)
「バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~」は2007年時点で日本の借金が800兆円の破産寸前の日本を止める為にバブル絶頂期の1990年に洗濯機型のタイムマシンでタイムス ...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (そーれりぽーと)
見逃せない大好きなタイムトラベルものなので、とりあえず何も考えずに『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を観てきました。 ★★★★★ なにこれSUGEEE! タイトルを聞いて、ただのチャラケた映画かと思ったら、今現在の日本が抱えている経済の大問題を深くえぐ...
 
 


 
編集 編集