日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。

 

<去年の激戦とは全く違う次元の戦い…

<2年連続の獲得でいいのか?!のイニャリトゥ。

<ところが戦いを挑む他作群に迫力がほとんどない?

<期待した「スポットライト」には「大統領の陰謀」級の迫力はなさそう…

 

ところが物語が始まってみると...

最初は1人の聖職者のスキャンダルの追求から立ち上がる記者たち。

ところが掘りだしてみると その実態は根深いもので、実は「ボストンだけで」性的虐待の加害者神父が13人も居るらしい、となる。

そして更に掘り続けると、その調査の中で浮かび上がったその数は、「ボストンだけで」何と90人! 

ボストンだけで90人なワケだから、全米では….

 

大統領とその側近のスキャンダルの方が、逆にちっぽけに見えてくる!(笑)

 

 

 

マイケル・キートンが後半、出身大学の重鎮たちを説得するシーンが面白い。

 

出席した重鎮たちが所属していた運動クラブを一通り聞いた後、こう語る。

「○○ホッケー部に所属していた同期の友達は今かなりの成功者だが、監督だった某聖職者から被害を受けていた。

 彼にヒアリングした際、成功者の彼はこの件になった途端に涙が止まらなくなった。

 それだけのトラウマを抱え続けて生きてきたんだ。

 同様に運動クラブにいた我々は、単に 運がいいだけ に過ぎない」

 

 

そこで敢えてはっきり言わせてもらおう。

聖職者・監督などの立場を利用し セクハラ・パワハラを働くことは、断じて許されないこと。

一旦そんな事を引き起こした犯人はその職を追われるまで、厳しい追求を受け続ける運命にある。

 

さらにいけないのは、それを隠蔽してしまうこと。

そうすることで、被害を容認する側になり、被害がさらに拡大してしまう。

事実に対峙する勇気を失ってはいけない。

 

 

ということをクッキリと思い起こさせる光を放っている点で、今作のアカデミー作品賞・脚本賞の獲得を祝したいと思う!

4月15日から公開。 


コメント ( 5 ) | Trackback ( 34 )



« 「ブログでサ... クラシコ速報... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (atts1964)
2016-04-25 05:05:28
これが事実というのが恐ろしい作品でしたね。また忠実な描き方なんで、意外性は無いんですが、扱っていること自体の衝撃性が強かった。
エンディングのあの暴かれた件数がまたインパクトが大きかった。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
了解いたしました (onscreen)
2016-04-25 06:57:53
作品賞を取る作品は、やはり一味違いますね!
 
 
 
Unknown (ayame)
2016-06-09 14:53:12
onscreenさん、こんにちは。TBをいただいた「六日の菖蒲」のayameと言います。
ブログ拝読いたしました。 ご指摘の通り、スキャンダルの大きさから言えば『大統領の陰謀』の方が寂しく見えるほどの広がりですね。

読者の過半数のカトリック信者を持ちながら、それを敵に回しかねないところで勝負をかけていくボストン・グローブ紙のジャーナリストたちの勇気に、大きな希望を感じました。

ただ、アカデミー受賞に異存はありませんが、あえて言えば、セクハラ・パワハラと一線を画した上で、LGBT への言及があってもよかったのではと思います。

カトリック・スキャンダルが発覚した頃と映画が作られた現在とでは、LGBTへの社会の認知度が格段に違いますので、新たな差別を生むようでは、アカデミー賞の名が泣くように思います。
 
 
 
こんにちは! (onscreen)
2016-06-10 00:27:07
おっしゃる通りですね、

21世紀に入って、こういった差別への偏見を告発する映画がまた増加しているように思います。
早々にアップしますが、アメリカで観てきた映画 Concussionがまた良かったです。
アメリカの超メジャースポーツに隠された真実とは?!
こちらも良かったですよ!
 
 
 
Unknown (yutake☆イヴ)
2016-07-26 18:02:38
TBありがとうございます。

気付くのが遅くて失礼いたしました。
またよろしくお願いします♪
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
劇場鑑賞「スポットライト世紀のスクープ」 (日々“是”精進!)
「スポットライト世紀のスクープ」を鑑賞してきましたカトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (心のままに映画の風景)
2001年、夏。 ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)は、目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (佐藤秀の徒然幻視録)
本当の主演はリーヴ・シュレイバー 公式サイト。トム・マッカーシー監督。マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラ ...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight (勝手に映画評)
カトリック教会の神父達による少年少女への性的虐待と言う一大スキャンダルを暴いた、ボストン・グローブ紙の記者たちの活躍を描いた作品。第88回アカデミー賞では作品賞、脚本賞を受賞した。 そうかぁ。この作品でそのシーンを見るまで、この話が9.11を挟んでの出来事だ...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) ゾンビ神父は全体の6パーセント。さてその分母とは。
 
 
 
「スポットライト 世紀のスクープ」強大な権力の闇を暴く“光” (シネマ親父の“日々是妄言”)
アカデミー賞 作品賞&脚本賞 W受賞!「スポットライト 世紀のスクープ」(ロングライド)。キリスト教社会の“絶対的タブー”に、果敢に挑んだ地方新聞社の実話を映画化。華は無いけど、真面目な作品です。  2001年、夏。アメリカ東部の地元新聞社“ボストン・グロ...
 
 
 
ショートレビュー「スポットライト 世紀のスクープ・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スポットライトが照らし出したものは。 カソリック聖職者による、子どもたちの性的虐待事件を暴いた、ボストン・グローブ紙の“スポットライト”取材チームを描く群像劇。 情報量は膨大ながら、いかにも新聞社の話らしく、実に端正にまとまっていて観やすい。 今年の...
 
 
 
「スポットライト 世紀のスクープ」みた。 (たいむのひとりごと)
第88回アカデミー賞で作品賞&脚本賞をW受賞した社会派作品。2002年に米国の新聞ボストン・グローブ紙の調査報道編集部”スポットライト”チームが、カトリック教会の神父らが子供たちに性的虐待を繰り返して
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (風に吹かれて)
その数に驚いた [E:shock] 公式サイト http://www.spotlight-scoop.com 事実を基にした映画 監督: トム・マッカーシー  「扉をたたく人」 「 靴職人と魔法のミシ
 
 
 
スポットライト (♪HAVE A NICE DAY♪)
2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SPOTLIGHT】 2016/04/15公開 アメリカ 128分監督:トム・マッカーシー出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ビリー・クラダップ、スタンリー・トゥ....
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (セレンディピティ ダイアリー)
ボストン・グローブの記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話に基づくド
 
 
 
ショートレビュー「スポットライト 世紀のスクープ・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スポットライトが照らし出したものは。 カソリック聖職者による、子どもたちの性的虐待事件を暴いた、ボストン・グローブ紙の“スポットライト”取材チームを描く群像劇。 情報量は膨大ながら、いかにも新聞社の話らしく、実に端正にまとまっていて観やすい。 今年の...
 
 
 
新しい風の存在。『スポットライト 世紀のスクープ』 (水曜日のシネマ日記)
第88回アカデミー賞で作品賞を受賞した映画。アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちがカトリック教会の醜聞を暴いたという実話を基に描かれた社会派ドラマです。
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (atts1964の映像雑記)
2015年作品、トム・マッカーシー監督、マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス出演。 小さな部屋の一室で、怯えた子供たちと、困った顔の親、そして弁護士がいる。 どうやら子どもは被害者のようだった。 そしてその加害者は? 20...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (映画的・絵画的・音楽的)
 『スポットライト 世紀のスクープ』を渋谷Humaxで見ました。 (1)本年のアカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「事実に基づく物語」(based on actual events)との字幕が出て、まずは1976年の....
 
 
 
「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ  監督/トム・マッカーシー (西京極 紫の館)
【出演】  マーク・ラファロ  マイケル・キートン  レイチェル・マクアダムス  リーヴ・シュレイバー 【ストーリー】 2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナー「Spotlight」を担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやに...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (映画好きパパの鑑賞日記)
 ボストンでカトリック教会の児童性的虐待をスクープしたボストン・グローブ紙の取材班を映画化。事実を元にしているので淡々としているけど、報道機関の重要性というのを改めて感じました。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:トム・マッカーシー 出演:マーク・...
 
 
 
「スポットライト 世紀のスクープ」:まじめな映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『スポットライト 世紀のスクープ』は、まじめな映画。内容的なことよりも、映画
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (こんな映画見ました~)
『スポットライト 世紀のスクープ』---SPOTLIGHT---2015年( )監督: トム・マッカーシー出演: マーク・ラファロ 、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー 、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ カトリック教...
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (そーれりぽーと)
今年のアカデミー賞作品賞と脚本賞を獲った『スポットライト 世紀のスクープ』を観てきました。 ★★★★★ 実際に有ったと言うよりも、ずっとみんなが見て見ぬフリをしてきた事だから、今も内在していそうな予感のする、カトリック教会内の性的虐待スキャンダルを描いた...
 
 
 
闇にさす光~『スポットライト 世紀のスクープ』 (真紅のthinkingdays)
 SPOTLIGHT  2001年。ウォルター・ロビー(マイケル・キートン)をリーダーとするボストン ・グローブ紙の調査報道特集「スポットライト」チームは、新任の編集局長マ ーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)から、カソリック神父による少年らへの ...
 
 
 
「スポットライト 世紀のスクープ」 (或る日の出来事)
そのままでは知りようがなかった事実を人々に知らせることができるとき、報道の意味は大きい。
 
 
 
【映画】スポットライト/Spotlight(原題) (アリスのさすらい映画館)
スポットライト(2015)アメリカ 原題:Spotlight 監督:トーマス・マッカーシー 脚本:ジョシュ・シンガー/トーマス・マッカーシー   出演:マーク・ラファロ /マイケル・キートン /レイチェル・マクアダムス/リーヴ・シュライバー/スタンリー・トゥッチ ...
 
 
 
映画「スポットライト 世紀のスクープ」 (FREE TIME)
映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
全世界に衝撃を与えたこのスクープがどのように生み出されたのかを丁寧に描いている映画だった。アカデミー賞作品賞と脚本賞を獲得しただけのことはある。社会がひっくり返ってもいいという覚悟の新聞記者がすばらしい。星5個。
 
 
 
記者たちが知る、その真相の大きさ (笑う社会人の生活)
5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 2002年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれまでうやむやにされてきた 神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する....
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (とりあえず、コメントです)
ボストン・グローブ新聞の取材チームがカトリック教会に根ざした事件に挑んだ実話を映画化したドラマです。 アメリカで公開されてからずっと話題になっていたので気になっていました。 記者たちの仕事へ向かう姿勢の真剣さと共に、新聞というメディアの力の大きさを 改め...
 
 
 
映画『スポットライト~世紀のスクープ』…世界を揺るがすカトリック・スキャンダルとジャーナリスト魂 (六日の菖蒲)
本作は、アメリカ人の(欧米人の)心の中に深く根付いているカトリック教会と、それが長年にわたって犯してきた犯罪をテーマに、そこに鋭く切り込んで行こうとする地方新聞の記者たちの勇気ある取材活動を、セミ・ドキュメンタリー風に描いた社会派ドラマの傑作だ。 いわ...
 
 
 
映画『スポットライト 世紀のスクープ』★vs教会の記者たちの正義感に引き込まれる! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/169119/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   “神父による小児虐待事件”を取材した記......
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 &nbsp; &nbsp; 「スポットライト 世紀のスクープ」 原題:Spotlight 監督:トム・マッカーシー 2015年 アメリカ映画 128分 キャスト......
 
 
 
スポットライト 世紀のスクープ (C’est joli ここちいい毎日を♪)
スポットライト 世紀のスクープ '15:米 ◆原題:SPOTLIGHT ◆監督:トーマス・マッカーシー「靴職人と魔法のミシン」「扉をたたく人」 ◆主演:マーク・ラファロ、 マイケル・キート...
 
 
 
映画評「スポットライト 世紀のスクープ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督トム・マッカーシー ネタバレあり
 
 


 
編集 編集