日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



3日めのライブはこの日がやっときたゾ!な Gustavo Dudamel meets NY Phil。

演奏開始前のオーケストラの様子がまずおもしろかった。

各自、自分の復習が必要と感じたパートを各々猛練習していたのだが、過去みたことのないエネルギーがそこにあふれていた。


「楽器を鳴らし切る」ことは演奏者にとって、ものすごく大事なこと。
この日は特に打楽器、管楽器セクションの各々の発していた練習のフレーズに、その視点が濃くみてとれた。

どう練習しているフレーズを楽器のポテンシャルを発揮しきって鳴らしきるか、ということである。


そして演奏が始まると、各セクションの音がそれぞれくっきりと分かれて聴こえた。

座っていたのはメインフロアーの前から40~50列の真ん中からやや左より。
だったのだが、NYフィルだからなのかリンカーンセンターだから音が良いのは当然のところはある。


にしても、セクションごとの音の「分離」が良かったように思った。

これは先述の「いかに鳴らしきるか」、を徹底したことでできているような気がする。
ドュダメルの飛んで跳ねての指揮にも鼓舞されたのか、彼の注ぎ込むベネズエラの情熱がスパイスとなって、実にメリハリの利いたマーラー5番で大変楽しめた。
さすがNYフィル、という感じ。


当然、会場はスタンディング・オベーション。

アンコールはなし。
だが、客は満足して帰途についたと思う。

あとで同じ日に観ていたことがわかった某新聞社(NY駐在中)のクラシック通の方の感想。
「小澤がNYで評価された時もこんなこの熱狂ぶりだったのかな」
なあるほど!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« NY美術鑑賞(... DVD:君のため... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (yuji)
2009-03-08 13:50:42
遅くなりましたが先日はトラックバックありがとうございました。
ドゥダメルをナマで、それもNYPの演奏とはうらやましい!! アメリカの聴衆はノリが良い演奏は大好きだから、ドゥダメルもウケたでしょうねー。僕もいつの日か実演に接したいものです。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2009-03-08 23:30:23
yujiさんコメントありがとうございます。

行くことを決めたのがかなり直前だったので
ドュダメルが観れることが確定した瞬間はもう
大コーフンでした!!
「マンボ」などのアンコールはなしでしたが。

yujiさんFOOTBALLもかなりお好きなようですね。
レッズ、1試合めはアントラーズにうまくやられて
しまいましたが、確かにしばらくは我慢かも。
地力はありますから!

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集