日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。
このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。
サスペンスものとしては上々か。
まんまとうまく騙されてしまった(笑)


前任の急死によって、突然巻き込まれる主人公(ユアン・マグレガー)
スキャンダル渦中の元大統領の自叙伝原稿に手を入れ、出版するためのゴーストライター。

彼が一気!に、濁流のような状況に巻き込まれる様が面白い。
ヘリから打ち合わせ風景を撮影され生放送で流れるわ、マスコミ用コメントを急遽書かされ、即それがニュースでオンエアされるわ...
急ピッチで、いつでもトラブルが発生しそうなぴりぴりした状況が深まっていく。


出演陣では、元大統領を演ずる ピアース・ブロスナンと、その妻を演ずる オリビア・ウィリアムスが強い印象を。
彼らから比べると、主演のユアン・マグレガーも トム・ウィルキンソン も普通(笑)

特にブロスナンは、彼ならではの気品がある一方の「怪しさ」(奇しさ?妖しさ?)が存分に物語をもり立てていた。
彼のこの存在感だけで、この映画をかなり引っ張っている感じ。
このキャスティングには正直、唸った。


ただ鑑賞後に残るのは、はめられた気持ち良さ、ではないのが残念。
あとになってみると、やや設定に無理がある気がしてしまう感じ。
この点では、最近の作品では「アン・ノウン」を思い出す。
どっちも、観ている間は十二分に面白いんだから、いいっちゃあいいんだけど(笑)

PS ポランスキーの新作は Carnage(修羅場)というタイトルで、ジュディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、 クリストフ・ヴァルツと超豪華でタノシミ!



コメント ( 6 ) | Trackback ( 42 )



« クラシコ速報!20... なめてんのか!?... »
 
コメント
 
 
 
観ました。 (gangangansoku)
2011-08-22 12:28:28
この映画、映画館で去年観たので記憶が遠のいているのですが・・DVDでもう一度見てみます!笑
大統領の妻は、確かに印象的でした。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2011-08-22 18:54:14
おっしゃる通り、
(直後はともかくとして)
しばらくたつと、また観たくなるコンツンツですね。
 
 
 
ラストが (rose_chocolat)
2011-08-26 07:51:43
印象的でした。 
あと画面もスタイリッシュでしたね。
私も忘れかけてるので、再度鑑賞したいです。
 
 
 
おっしゃる通り! (onscreen)
2011-08-26 18:10:24
画がよかったですね、確かに。

フェリーに取り残される1台の車

とか、

大雨の海岸線

とか、

おっしゃる通り、再度鑑賞ですね!
 
 
 
好映画 (iina)
2011-09-16 08:59:56
>やや設定に無理がある気がしてしまう・・・
映画の冒頭からありました。それほど秘密にする必要があるなら、自叙伝を他人に任せられないでしょという点です。

映画は、あり得ぬ環境下で登場人物たちをどう立ち回らせるかが勝負ですから、目をつむるしかありません。
映画の最中は、余計なことを考えることもなく集中できました。その意味で好い映画でした。
 
 
 
そうです、そこそこ! (onscreen)
2011-09-16 22:09:19
<それほど秘密にする必要があるなら
<自叙伝を他人に任せられないでしょ

そこです、そこそこ!!

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『ゴーストライター』 (ラムの大通り)
(原題:The Ghost Writer) ----これは、観たときから スゴク気にっていた映画だよね。 ロマン・ポランスキーだっけ? 「うん。 1960年代に大活躍していた監督たちは、 そのほとんどが鬼籍入りしちゃったけど、 彼は『水の中のナイフ』デビューしたのが20代。 というこ...
 
 
 
【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン ジョン・バ...
 
 
 
映画レビュー「ゴーストライター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Ghost Writer◆プチレビュー◆重層的な仕掛けと丁寧な演技で魅せる政治ミステリー。主人公に名前がないのが象徴的だ。 【70点】 元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を、破格 ...
 
 
 
ゴーストライター (LOVE Cinemas 調布)
『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞を受賞した巨匠ロマン・ポランスキー最新作。原作はロバート・ハリスの同名ベストセラー小説だ。元英国首相のゴーストライターとなった主人公が、思わぬことから重大な秘密にふれてしまい恐ろしい陰謀に巻き込まれてゆく姿を描...
 
 
 
『ゴーストライター』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Ghost Writer [DVD] [Import]クリエーター情報なしSummit Entertainment 『ゴースト・ライター』2010年(英・仏・独)監督ロマン・ポランスキー ●ポランスキー流、迷宮的ミステリー  元英国首相ラングの自叙伝を無名で執筆するように依頼されたゴースト・ライター...
 
 
 
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
 
 
 
*ゴーストライター* (Cartouche)
  元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう。その矢先、ラングがイスラム過激派の逮捕や拷問に加担した疑いがあるというニュースが流れる。このスキャンダルは国際刑...
 
 
 
ゴーストライター (映画の話でコーヒーブレイク)
ロマン・ポランスキーの最新監督作。 なんの前知識もなく見てきました。 2010年ベルリン映画祭で金熊賞は逃したものの、ポランスキーが銀熊賞(監督賞)を獲得した作品です。    **********************           ゴ ー ス ト ...
 
 
 
ゴーストライター (to Heart)
知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストライター』((講談社文庫刊) 脚本 ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポラン...
 
 
 
サスペンスのお手本のような (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いやー、サスペンス ミステリーを堪能 まさに 監督の職人技、演出の...
 
 
 
<ロマン・ポランスキーの新作、公開> (テアトル十瑠)
ツイッターに書きましたが、どちらかというとブログ向きの話題のような気がしたので、コチラにも載っけます。予告編動画付きです。
 
 
 
『ゴーストライター』 不安の感情 (Days of Books, Films )
The Ghost Writer(film review) 『ゴースタライター(
 
 
 
ゴーストライター (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   『ゴーストライター』  (2010) 元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝の執筆を、破格の報酬で引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。 その仕事の前任者が事故死したこともあり、彼は気乗りがしないまま、...
 
 
 
「ゴーストライター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Ghost Writer」 2010 フランス/ドイツ/UK ゴーストに「ブローン・アパート/2008」のユアン・マクレガー。 アダム・ラングに「あぁ、結婚生活/2007」のピアース・ブロスナン。 アメリア・ブライに「セックス・アンド・ザ・シティ/2008」のキム・キャトラル...
 
 
 
『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽し...
 
 
 
ゴーストライター/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
巨匠ロマン・ポランスキー監督がロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス・ドラマ。予告編を何度も目にしましたし、大作風に感じたのでてっきり全国展開する作品とばかり思 ...
 
 
 
映画「ゴーストライター」 (After the Pleistocene)
 功成り名を遂げた政界や経済界の大物が自叙伝を書くとき、出版社はゴーストライターを貼り付ける。主人公(なんと最後まで役名がでない!ユアン・マクレガー)が元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)のゴーストライターに選ばれた経緯は、前任者が不慮の死...
 
 
 
「ゴーストライター」~格調高いポリティカルサスペンス (酔生夢死浪人日記)
 原発先進国を自任するフランスの核廃棄物処理工場で爆発が起き、死傷者が出た。「現時点で外部への放射能漏れはない」という原子力報道官のコメントにデジャヴを覚えた。  枝野氏は官房長官時代、放射能汚染について「直ちに影響はない」と虚偽の情報を垂れ流した。遠...
 
 
 
ゴーストライター (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン...
 
 
 
ゴーストライター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが〕....
 
 
 
「ゴーストライター」 (prisoner's BLOG)
満席で前から二番目という結構すごい席で見る羽目になる。 冒頭ざあざあ降っている雨がその場の暗鬱な効果を出しているだけでなく、その後も雨が降り出すと不吉な予感をもたらしたり、前任者のゴーストライターの携帯やカーナビといったアイテムをたどっていくうちにその...
 
 
 
「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる? (はらやんの映画徒然草)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
 
 
 
ゴーストライター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) かなり地味だけど上質なミステリー映画に惹き込まれた。
 
 
 
ゴーストライター (心のままに映画の風景)
元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。 政...
 
 
 
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
 
 
 
ゴーストライター (とりあえず、コメントです)
ロバート・ハリスの同名小説をロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。 昨年の東京国際映画祭でタイトルを観た時から、どんなサスペンスになるのだろうと楽しみにしていました。 展開というよりは題材がすごくて、ラストまでうわーと思いながら観ていました。
 
 
 
ゴーストライター (とりあえず、コメントです)
ロバート・ハリスの同名小説をロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。 昨年の東京国際映画祭でタイトルを観た時から、どんなサスペンスになるのだろうと楽しみにしていました。 展開というよりは題材がすごくて、ラストまでうわーと思いながら観ていました。
 
 
 
映画『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』 (健康への長い道)
 『猿の惑星』の公開は1968年だから、当然リアルタイムでは鑑賞していませんが、初めて観たときは衝撃的でした。その前日譚『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』をTOHOシネマズ梅田にて。 Story サンフランシスコの製薬会社ジェネシス社の神経化学者ウィルが開発したアル...
 
 
 
ゴーストライター (Peaceナ、ワタシ!)
知りすぎた、男(ゴースト)ー。 ユアン・マクレガー主演の『ゴーストライター』を観てきました! (…本当は『ライフ』のつもりでいたのだけれど、時間の関係等の諸事情により…ちなみに先週の話!) この映画、宣伝すら観た事がなかったので、タイトルから何となく想像できる...
 
 
 
知り過ぎた男~『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
 
 
 
映画『ゴーストライター』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-58.ゴーストライター■原題:The Ghost Writer■製作年・国:2011年、イギリス・ドイツ・フランス■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ロマン・ポランスキー□原作・脚本:ロ...
 
 
 
ゴーストライター (だらだら無気力ブログ!)
これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。
 
 
 
「ゴーストライター」The Ghost Writer (事務職員へのこの1冊)
冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。
 
 
 
ゴーストライター (A Day In The Life)
DVD観賞 解説 『戦場のピアニスト』などの巨匠ロマン・ポランスキー監督が、 ロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス。 元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた平凡な男が、 ある秘密に吸い寄せられていくさまを鮮やかなタッチで描く。 主人...
 
 
 
ゴーストライター (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ゴーストライター '10:フランス=ドイツ=イギリス ◆原題:THE GHOST WRITER ◆監督:ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」 ◆出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン ◆STORY...
 
 
 
ゴーストライター  THE GHOST WRITER (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画は一見するとサスペンスなんだけど、トニー・ブレア元首相を皮肉ったブラックユーモアたっぷりの物語なのだ。元首相の自叙伝を執筆するゴーストライターとして雇われた主人公は、活字にするのは元首相の名前でないといけない。それが自分の筆で物事を書いたら、そ...
 
 
 
ゴーストライター (銀幕大帝α)
THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス『ゴーストライター』 脚本: ◆ロバート・ハリス ◆ロマン...
 
 
 
ゴーストライター (いやいやえん)
元英国首相の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになった「ゴーストライター」が主人公です。 身の危険を感じながら、偶然(?)見つけた「疑惑」を調べ始めるというお話ですが、古典
 
 
 
ゴーストライター (The Ghost Writer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言...
 
 
 
ゴーストライター (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GHOST WRITER】 2011/08/27公開 フランス/ドイツ/イギリス 128分監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン 知りすぎた、男(ゴースト)――。 英国の元...
 
 
 
映画評「ゴーストライター」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年フランス=イギリス=ドイツ合作映画 監督ロマン・ポランスキー ネタバレあり
 
 
 
【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月29日(土曜日)はレンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです …ヤバかったなぁ 早速ですが、以下は映画観賞記録 もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆☆☆) 今まで説明して無かったけど。★の数が私の記事書く上でのイ...
 
 


 
編集 編集