日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






世界中で大ブーム「テッド」の監督だけでなく、アカデミー賞の司会を軽々とこなしたセス・マクファーレン。
(ゴイス!)

彼の新作が登場!
しかも本人が主役で。

舞台は、1882年、西部開拓時代のアリゾナの小さな街。
ここでマクファーレンが強調するのは、いかにこの時代が前時代的なこと。
無法者たちがうろつき、ちょっとしたきっかけで乱闘に陥る酒場。
町長が誰かに殺されても、誰も気にしないで死体をまたいで通る。
「タフ」でなければ、サバイブできない環境なのだ!

マクファーレン演じる主人公は、全くその環境に対応できない。
決闘になりそうでも、ねちっこく交渉しなんとか逃れ延命するしかない、ヒツジ飼い。
いかにも現代ッ子っぽいマクファーレンなので、その情けない感じがいい!

その様子に、彼女(アマンダ・セイブライド)からも愛想をつかされてしまう。
そうして落ちぶれた気分満載の人生のはずだったが…


そんな感じで全くのギャグ映画。
なのだけれど、妙に胸がさわぐシーンが散りばめられている。

それは例えば、まず冒頭でドッカーンと。
ダイナミックなオーケストレーションと共に、映し出される雄大な荒野の風景。
これだけで、ハイになっている自分がいた!
絵といい、音楽といい、そしてタイトルのロゴといい、西部劇の正しいフォーマットを踏襲。
「こういう感覚、なんか久しぶり~い!」って感じでワクワクしてくる。
王道の西部劇をチラっと臭わせ、こんな感覚を呼びこすようなシーンがあちこちに登場!


そのワクワク感と、下ネタ中心のギャグを交互にかまされているうちに、すっかりご満悦に(笑)
「ガーディアン・オブ・ギャラクシー」がダメダメだったので、こっちの脱力加減が気持ちいい!
ギャグも100発100中とはいかないところも、逆にマクファーレンの狙いか?

さらに! この映画会社でしか出来ないパロディ(観てのオタノシミ)を1発強力にかまされ、駄目押し!


ということで結論。
これぞ、正統派「脱力系 西部劇」(そんなのあるのか?)

これで次の「テッド2」迎撃の準備は完了。
いつでも来い?(笑)
(実際はまだ来春の公開だけど、ね。)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 24 )



« 来週10日(金)... 東京オリンピック... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ (佐藤秀の徒然幻視録)
BTFからアイアンマンまで超オマージュ 公式サイト。原題:A Million Ways to Die in the West。セス・マクファーレン監督・主演。シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、リーアム・ ...
 
 
 
荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて / A Million Ways to Die in the West (勝手に映画評)
TEDで一世を風靡した(?)セス・マクファーレンの作品。R15+指定の作品です。 冒頭、“いかにも西部劇”と言う雰囲気の映像と、音楽で始まります。今回西部劇コメディを映画化するに際し、監督で主演のセス・マクファーレンは、過去の西部劇へのオマージュを込めたらしいで...
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) オープニングタイトルとクレジット、それにあの音楽は
 
 
 
『荒野はつらいよ -アリゾナより愛をこめて-』 2014年10月3日 東宝東和試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『荒野はつらいよ -アリゾナより愛をこめて-』 を試写会で鑑賞しました。 つらいよシリーズは流行るのか 【ストーリー】  1882年アリゾナ、パッとしない羊飼いのアルバート(セス・マクファーレン)は無法者がはびこる西部の町を嫌い、オタク友達とグチる毎日を過ご...
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的大ヒットコメディー『テッド』で注目を浴びたセス・マクファーレン監督が放つ異色ウエスタン。無法者がのさばる西部開拓時代の田舎町を舞台に、さえないオタクの羊飼いが謎めいた美女と恋に落ちたばかりに、西部きっての極悪人から命を狙われるさまを描く。スゴ腕ガ...
 
 
 
『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』 (時間の無駄と言わないで)
「テッド」がイマイチ合わなかったけど、今回は西部劇だしキャストも豪華になってるし大丈夫かもと思って観たけど、やっぱりイマイチだった。 作家性が強烈に出てるとも言えるか ...
 
 
 
『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』 (2014) (相木悟の映画評)
マクファーレン流、お下劣西部劇コメディを堪能せよ! バカバカしくも、その実、真っ当な青春モノで、なおかつジャンル映画への愛を感じる良コメディではあった。 本作は、『テッド』(12)で一大旋風を巻き起こしたセス・マクファーレン監督作。今回は堂々、顔出し....
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~  監督/セス・マクファーレン (西京極 紫の館)
【出演】  セス・マクファーレン  シャーリーズ・セロン  アマンダ・セイフライド  リーアム・ニーソン 【ストーリー】 1882年アリゾナ、パッとしない羊飼いのアルバートは無法者がはびこる西部の町を嫌い、オタク友達とグチる毎日を過ごしていた。射撃経験すらない....
 
 
 
「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」inしたまちコメディ映画祭 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
したコメ映画祭の続けて3本目。 大好きな「ted」の監督、セス・マクファーレンが監督主演を務めた映画だから、絶対面白いハズ! 思ったより抑え目だから映倫15禁だけど、その分子供の好きそうなばっちいネタが満載で・・・・
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (I am invincible !)
平均寿命が30代という、西部開拓時代1882年のアリゾナの田舎町オールド・スタンプ。 羊の世話もまともに出来ない牧童のアルバート(セス・マクファーレン)は、必死で毎日生き延びてきた。
 
 
 
『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』をトーホーシネマズシャンテ1(4F)で観て、こーゆーの好きふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★映画よりも笑いを上にしたから好き】   監督自身が主役。メル・ブルックスかよ! しかも、これが地味フェイスでいいのである。 アメリカから100人の公 ...
 
 
 
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて (シネマ日記)
「テッド」のセスマクファーレンがまたもや監督兼主演、アマンダサイフリッドが出演するっていうんでずっと前から楽しみにしていました。「テッド」をご覧になった方ならばお分かりになると思いますが、この作品ももうしょっぱなから下ネタオンパレード。セックス系の下ネ...
 
 
 
『荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて」 □監督 セス・マクファーレン□脚本 アレック・サルキン、セス・マクファーレン、ウェルズリー・ワイルド□キャスト セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、...
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
可愛い熊のぬいぐるみがオッサンのような 中身で笑わせる大ヒットコメディ『テッド』で 知られるセス・マクファーレン監督の新作で自身 が主演も務めるウエスタンコメディ映画『荒野は つらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』が公開 されましたので観に行ってきました。 ...
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (だらだら無気力ブログ!)
当初、思ってたよりも結構面白くて笑えた。
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~/セス・マクファーレン (カノンな日々)
『テッド』セス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じたウェスタン・コメディ。予告編であのデロリアンを目にしたらもう絶対観に行くっきゃないでしょう~。 出演はその他に、 ...
 
 
 
『荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて』 (こねたみっくす)
祭りで人は死ぬ。 良い意味でも悪い意味でも、何というゲッスイ映画なんでしょう!笑える下ネタは多いものの、とにかく不必要に人が死ぬのも多すぎる。さらに正直アメリカでウケ ...
 
 
 
「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて」西部劇をパロった映画です。  (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 西部劇好き、テッドファン ☆☆☆☆ もちろん、R-15. 最近の西部劇は、一癖も二癖もひねったものが多い。 本作は、そのもっともパロった映画です。というのも、「テッド」で、その下品さと面白さで観客を魅了したセス・マクファーレンが、自...
 
 
 
「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/ユニヴァーサル 配給:シンカ、パルコ 原題:A Million Ways to Die in the West 監督:セス・マクファーレン脚本:アレック・サルキン、セス・マクファ
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (真・天文台)
監督:セス・マクファーレン 脚本:セス・マクファーレン、アレック・サルキン、ウェ
 
 
 
映画『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-81.荒野はつらいよ■原題:A Million Ways To Die In The West■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:116分■料金:1,800円■鑑賞日:10月12日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本・出演:セス・マクファーレン□脚本:アレック・サ...
 
 
 
荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST】 2014/10/10公開 アメリカ R15+ 116分監督:セス・マクファーレン出演:セス・マクファーレン、シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、ジョヴァンニ・リビシ、ニール・パトリック・ハリス、サラ・シルヴァーマン、リーアム...
 
 
 
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (A Million Ways to Die in the West) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 セス・マクファーレン 主演 セス・マクファーレン 2014年 アメリカ映画 116分 コメディ 採点★★★ 「現代の知識を持ったまま大昔にタイムスリップなんかしたら、神とか王様扱いされてウハウハなんじゃね?」なんて戯言を若い頃はよく妄想したもので。今でも...
 
 
 
映画評「荒野はつらいよ~アリゾナより愛をこめて~」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督セス・マクファーレン ネタバレあり
 
 


 
編集 編集