日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

タイトルに「3つ」「3人」とつくだけあって、オムニバス3話。

 

だいたいオムニバスな映画って、そんなに面白くはならない(笑)

よほどそれぞれのエピソードにパンチがあるか、最後に一気に統合し驚かせる展開があるか。

 

 

 

だがそれは置いておいて、今作には次の2点で観るべき価値があるかも。

 

まず冒頭のエピソードで登場は、セルマ・ハエックそしてジョン・C・ライリー。

そしてヴァンサン・カッセル、となかなかの豪華布陣。

 

次にそれぞれの物語のロケ場所は、イタリアの歴史上価値があり、かつ視覚的に面白い処。

ロッカスカレーニャ城、ソヴァーナの洞窟、デルモンテ城、ドンナガータ城、アルカンタラ渓谷 etc…

普通のイタリア旅行では、まず行かないマニアックな場所揃いなのだ。

やはりそれらは目玉の一つのようで、ポスターでもご覧の通り!(笑)

(左奥が デルモンテ城、右奥が ロッカスカレーニャ城)

 

 

そんな歴史的名所で紡がれる物語は、3つとも ダークで気色悪い。

どれもイタリアでは有名な昔話らしいので、日本で言えば、まんが日本昔ばなし(笑)

と考えれば、そこそこ納得はいくレベルか?!

 

11月25日公開。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )



« CD:Angel Ols... こりゃ画期的... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
五日物語 3つの王国と3人の女 (あーうぃ だにぇっと)
五日物語−3つの王国と3人の女@ヤクルトホール
 
 
 
五日物語-3つの王国と3人の女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 3話からなる大人のダークファンタジー。研ぎ澄まされた映像は必見!
 
 
 
五日物語―3つの王国と3人の女― (映画的・絵画的・音楽的)
 『五日物語―3つの王国と3人の女―』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)予告編で見て面白いと思い、映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、ロングトレリス国の......
 
 
 
五日物語-3つの王国と3人の女 (映画好きパパの鑑賞日記)
 17世紀にイタリアのジャンバティスタ・バジーレが書いた欧米最古の民話集「ペンタメローネ 五日物語」を元に、イタリアの鬼才・マッテオ・ガローネ監督が独特の映像美で魅せて......
 
 
 
ショートレビュー「五日物語 ー3つの王国と3人の女ー・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
美しく残酷な、御伽話の真の姿。 夢のある異世界ファンタジーっぽいキービジュアルだが、騙されてはいけない。 これは「ゴモラ」「リアリティー」で知られる、異才マッテオ・ガ......
 
 
 
五日物語-3つの王国と3人の女 (とりあえず、コメントです)
名作童話の原形となったヨーロッパ初の本格的な民話集『ペンタメローネ』を映像化した作品です。 予告編を観て、美しい色彩に彩られた映像と妖しい雰囲気に惹かれて気になってい......
 
 
 
五日物語-3つの王国と3人の女 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ゴモラ」のマッテオ・ガローネ監督が17世紀初頭に書かれた世界最初のおとぎ話『ペンタメローネ 五日物語』を映画化した大人のファンタジー・ドラマ。3つの王国を舞台に、自ら......
 
 


 
編集 編集