日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





理論物理学者 スティーヴン・ホーキング博士の若き日々~先 を描く。
学生時代からはじまり、この映画のメイン・テ―マに直ちに突入。
それは、ホーキングとその妻になるジェーンの恋愛。

関係が深まったところで、ホーキングに悲劇が・・・
彼は身体を蝕んでいく病の進行性の病気(筋萎縮性側索硬化症)に陥ったのだ。

最初は戸惑うものの、最終的にジェーンは決意する。
「彼とこの病気と闘っていく」と。
フェリシティ・ジョーンズの目力で、強い意思を表現。強い!
周囲は当然反対するが、押し切って結婚。
そして…


面白いのは、この夫婦の対話を通じ、ホーキング理論を少しずつ解った気になれること(笑)
そして最初はただ拝聴する側だったジェーンも鍛えられ、彼の理論をフォロー出来るようになっていく。
このサマがすこぶる面白く、こちらもその気になってくる!

という点で、日本タイトルは秀逸。
博士と彼女のセオリー、とはピッタリで、言いいえて妙、だなと・・・
原題の The Theory of Everything さえも霞むくらいの出来。
今年、これ以上のタイトルは有り得ないだろうから、今から日本タイトル1位に置きたい(笑)


結論:
2人の会話から、理論は勿論、広大な宇宙までイメージさせる点で、凄く新しい。
ハッタリ効かせまくりの「インターステラ―」とまではいかないにしても、十二分に楽しめた。
とはいえ、キップ・スローンもちゃんとセリフ他?!でしっかり登場してるし...

唯一、アカデミーで敗れた マイケル・キートンは納得いかないかも、だが…(笑)


明日3/13 から公開!



コメント ( 4 ) | Trackback ( 34 )



« あれから4年... Hostess Club ... »
 
コメント
 
 
 
ホーキングを知れました (atts1964)
2015-03-26 09:57:56
なかなか彼の伝記ものに触れたことが無かったので、今まで行かに彼が生きてきたか、まあ想像を超えた苦労はあったんだろうとは予測されましたが。
かなり若いころに発症していたことにまず驚き、そしてなんといってもあの二人の結末でしたね。大人の選択をしたことは頷けました。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
逆でした(笑) (すぷーきー)
2015-03-26 20:30:11
この邦題だと規模が小さく感じて、原題のほうが良いと思っていました。
ひとそれぞれ感想が違って面白いですね。(笑)
TBありがとうございます。
 
 
 
atts1964さん、コメントありがとうございます! (onscreen)
2015-03-27 09:28:19
そうですね、彼の伝記を読んでみたくなりますね。
これも映画の醍醐味のひとつですね~

とはいえ、当ブログ的にはイミテーション・ゲームが優先ですが(笑)
 
 
 
すぷーき―さん、コメントありがとうございます! (onscreen)
2015-03-27 09:34:13
お~ 逆の感想もあるんですね~、面白い!

私はラストのクレジットで、彼女も何らかの博士号を獲得したのを知り、その印象が強く残ったことで、あのような感想になった次第です。
今後ともよろしくです!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
博士と彼女のセオリー / The Theory of Everything (勝手に映画評)
実話を下にした作品。『車いすの天才物理学者』スティーブン・ホーキング博士の若かりし頃の姿と、ALSが侵攻していく最中、最愛の人を見つけ、立ち向かっていく姿を描きます。 この作品は、ラブストーリーですね。原題が『The Theory of Everything』と言うことで、ホー....
 
 
 
博士と彼女のセオリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 今週は“天才祭り”なのか(笑)
 
 
 
『博士と彼女のセオリー』 (こねたみっくす)
スティーヴンとジェーンの不器用なラブストーリー。 ブラックホールの消滅など現代宇宙論に多大なる影響を与えた「車椅子の天才物理学者」スティーヴン・ホーキング博士と、彼を ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー~愛のホーキング放射 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:The Theory of Everything。ジェーン・ホーキング原作、ジェームズ・マーシュ監督。エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コック ...
 
 
 
『博士と彼女のセオリー』 (時間の無駄と言わないで)
実在の天才博士が主役で、アカデミー主演男優賞ノミネート作で、同日公開。 「イミテーション・ゲーム」とはしご観賞です。 チューリングは知らない人だったけど、こちらのホー ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー/エディ・レッドメイン (カノンな日々)
もともととても期待していた作品ですが先日のアカデミー賞中継を観ていてさらに期待度が高まってしまいました。天才物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生とスティーヴン・ ...
 
 
 
『博士と彼女のセオリー』 (2014) (相木悟の映画評)
個人レベルから宇宙規模へ、深遠なるラブ・ストーリー! 導き出すのは、ひとつのセオリー。一筋縄ではいかない恋愛感情を知的に切りとった珠玉の一品であった。 量子宇宙論の形成に多大な影響を及ぼした理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士。若くして難病ALS(筋...
 
 
 
博士と彼女のセオリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー賞....
 
 
 
博士と彼女のセオリー (to Heart)
英題 THE THEORY OF EVERYTHING 製作年 2014年 製作国 イギリス 上映時間 2時間4分 原作 ジェーン・ワイルド『Travelling to Infinity: My Life with Stephen』 監督 ジェームズ・マーシュ 脚本 アンソニー・マクカーテン 出演 エディ・レッドメイン/フェリシティ・ジョ....
 
 
 
博士と彼女のセオリー (風に吹かれて)
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste
 
 
 
博士と彼女のセオリー 観ました。 (まぜごはん)
今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。 車椅子の天才物理学者スティーヴィン・ホーキング博士の半生+妻ジェーンとのラブストーリー。 1963年。ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーヴィンはパーティで...
 
 
 
博士と彼女のセオリー  (心のままに映画の風景)
1963年、イギリス。 天才物理学者として将来を期待されるスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)は、ケンブリッジ大学大学院に在籍中、詩について勉強していたジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。 その頃から体調に異変が起き始め...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
主演のエディ・レッドメインの演技はまるで本当に病気になっていくようだ。妻ジェーンは夫の研究に打ち込むのを本当に理解しており、共同研究者のようなパートナーだと感じた。家族であるだけならもっと楽ができたと思うけど、あえて過酷な道を選んでいる。観客は博士の車...
 
 
 
「博士と彼女のセオリー」 (セレンディピティ ダイアリー)
エディ・レッドメインが理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士を演じる伝記映画
 
 
 
博士と彼女のセオリー (そーれりぽーと)
スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた『博士と彼女のセオリー』を観てきました。 ★★★★★ アカデミー主演男優賞のエディ・レッドメインは、普段から口をポカーンと開けていて表情が薄いイメージなので、才気あふれる役には合わない気がするという色眼鏡での鑑...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (シネマ日記)
ホーキング博士は有名な物理学者で、もちろん知っていますが、彼のような天才と言われる博士の理論には頭がついていかないし、分野的にも興味はないしで、彼のことをこの作品を見るまでアメリカ人だと思っていたくらい何も知りませんでした。スティーブンホーキングエディ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 車いすの天才物理学者ホーキング博士を描いた、アカデミー主演男優賞を受賞した話題作なんですが、伝記映画特有の話が散漫になっていたし、エディ・レッドメインの熱演はさすがですが、実在の障害者を演じるとオスカーは取りやすいことを考えると、世評ほど感動はしませ...
 
 
 
「博士と彼女のセオリー」☆それでもビーンズ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
かなり勇気のいったことでしょう。 まだご存命の方の人生を映画にすること。 しっかり、媚びずにしかも素敵に描かれていたのは、何より彼らの人生がいつも真剣そのものだったから。
 
 
 
『博士と彼女のセオリー』('15初鑑賞25・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月13日(金) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン7にて 16:00の回を鑑賞。
 
 
 
『博士と彼女のセオリー』 (beatitude)
天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキング(エディ・レッドメイン)がケンブリッジ大学の大学院に在籍中、詩を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、二人は恋に落ちる。だが直後にスティーヴンは難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症、余....
 
 
 
博士と彼女のセオリー (atts1964の映像雑記)
2014年作品、ジェームズ・マーシュ監督、エディ・レッドメイン主演。 スティーブン・ホーキング(エディ・レッドメイン)とブライアン(ハリー・ロイド)は、さっそうと自転車に乗り、大学に着く。 ブライアンは何かにつけて、女性の扱いが上手く、一方のスティ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (映画と本の『たんぽぽ館』)
広大な宇宙の片隅の一瞬の出来事でありながら、人生は貴重で美しい * * * * * * * * * * ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながら、 現代の宇宙論に多大な影響を与える研究に励んだ天才物理学者、 スティーブン・ホーキング博士と、博士....
 
 
 
博士と彼女のセオリー。 (すぷのたわごと。)
『博士と彼女のセオリー』を観に行ってきました。 エディ・レッドメインがホーキング博士役ということで、注目していた作品。 この邦題がなぁ…なんでラブストーリー限定みたいなタイトルにしたんだろう? 原題は『THE THEORY OF EVERYTHING』で、“すべての理論”なん...
 
 
 
「博士と彼女のセオリー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Theory of Everything」2014 UK 1963年、英国。ケンブリッジ大学大学院で理論物理を研究するスティーヴン・ホーキングは、ある日パーティで中世スペイン詩を学ぶ魅力的なジェーンと出会う。ユーモアのセンスを持った彼女は才女でもあった。やがてあっという間...
 
 
 
最善を尽くした二人の物語~『博士と彼女のセオリー』 (真紅のthinkingdays)
 THE THEORY OF EVERYTHING  1963年。ケンブリッジ大学院で理論宇宙物理学を研究するスティーヴン・ ホーキング(エディ・レッドメイン)は、あるパーティで文学専攻のジェーン(フェ リシティ・ジョーンズ)と出逢う。  『ホーキング、宇宙を語...
 
 
 
「博士と彼女のセオリー」:脚本も演出も演技も高品質 (大江戸時夫の東京温度)
映画『博士と彼女のセオリー』は、実にウェルメイドなホーキング博士夫妻(元、ですが
 
 
 
映画「博士と彼女のセオリー」 (FREE TIME)
映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。
 
 
 
ショートレビュー「博士と彼女のセオリー・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
壮大なる愛の時間史。 おそらく世界一有名な理論物理学者、スティーヴン・ホーキング博士と彼の最初の妻ジェーンを主人公とした、実話ベースのラブストーリー。 1963年、彼がまだ難病ALSを発症する前、学生時代の二人の出会いから山あり谷あり、およそ四半世紀の家族...
 
 
 
映画感想『博士と彼女のセオリー』2015年 (見取り八段・実0段)
時間は戻らない…けれども記憶は逆行するんだよね。本物の、夫婦で歩む物語。★★★.7(5点満点)詳しい感想記事はこちら→映画@見取り八段 『博士と彼女のセオリー』恋愛のセオリーTB...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
博士と彼女のセオリー '14:イギリス ◆原題:THE THEORY OF EVERYTHING ◆監督:ジェームズ・マーシュ「シャドー・ダンサー」「キング 罪の王」 ◆出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (映画的・絵画的・音楽的)
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作(注1)は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきた次....
 
 
 
博士と彼女の関係、そして (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。 物理学者として将来を期待されるスティーブン・ホーキングは大学時に詩を学ぶ女性ジェーンと恋に落ちる。しかし直後にスティーブンはALSを発症 余命2年の宣告を受けてるが それでもジェーンはスティーブ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (いやいやえん)
【概略】 1963年、ケンブリッジ大学で理論物理学を研究するスティーヴン・ホーキングは、中世詩を学ぶジェーンと恋に落ちるが、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症、余命2年と宣告される。妻となった彼女の支えで研究を進め時の人となるが、介護と育児に追われる彼女とはすれ...
 
 
 
博士と彼女のセオリー (のほほん便り)
まずは、スティーヴン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技力にも感服しましたが、(アカデミー賞受賞も納得です) 学生時代に出会い、難病と知り、余命2年と知って余計に恋が燃え上がり、結婚した妻ジェーンも素晴らしく、 決してキレイキレイなば...
 
 


 
編集 編集