日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



優れたヨーロッパ映画を続けて×4も観たので、その感想シリーズ。
今日は、その第二弾を。


前作同様、実際にあった話を映画化。

1980年代のイタリア、ミラノ。
正義感が強いがゆえに異端児扱いされ、突然 左遷された労働組合員 ネッロ(写真、右)
わけもわからず、異動させられた主人公がそこで巻き込まれるのは・・・
バザーリア法の制定で精神病院が廃止された時代、行き場を失った患者たちを引き取る運命に。
さて、どうするか。

原題の si puo fareの意味は「やればできるさ」
ネッロの提案からはじまり、少しずついい回転が引き起こされていく。
そして.....


主演のネッロ役そして精神病患者を演ずる俳優陣は、それぞれリアリティを感じさせ、Good!
精神科病院や精神医療施設での研修を経て、そうなったらしい。
なんとか人生の巻き返しを計ろうとする面々を、生き生きと演じている。
メンバーそれぞれのキャラが嫌味にならない程度に抑えられていて、そのケレン味のないところに好感が持てた。

また、音楽の使い方のセンスも○マル。
サントラを見かけたら、買ってしまいそうなくらい。

このイタリア発のなかなかな1本、公開は明日から。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 14 )



« ヨーロッパ推... ヨーロッパ推... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
人生、ここにあり!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
イタリアには、精神病院が無い。 1978年に制定された“バザリア法”によって、それまで病院に閉じ込められ、人間的な扱いを受けていなかった人々が一般社会に戻ってきた。 「自由こそが最良の治療」という革新...
 
 
 
人生、ここにあり! (てるてるブログ)
試写会で観てきました。 精神病院が閉鎖され社会に出された患者たちの挫折と自立を「やればできる!」をテーマに描いたイタリア映画。 「自由こそ治療」と言う精神のもとに社会に出された精神病患者たち。 とは言え、社会から隔離されていた患者たちがいきなり社会に出て...
 
 
 
*人生、ここにあり!* (Cartouche)
『人生、ここにあり!』予告編 日本版   1983年のイタリア、ミラノ。新しく制定されたパザリア法により精神病院が閉鎖され、行き場を失った元患者たちは、病院付属の「協同組合180」に集められ、慈善事業という名目の単純作業をしながら無気力な日々を送っ...
 
 
 
人生、ここにあり! (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Si Puo Fare(やればできる)。ジュリオ・マンフレドニア監督、 クラウディオ・ビジオ、アニータ・カブリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、 ...
 
 
 
「人生、ここにあり!」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Si può fare」…aka「We Can Do That」2008 イタリア ネッロに「ニルヴァーナ/1996」のクラウディオ・ビシオ。 サラに「イタリア的、恋愛マニュアル/2005」のアニタ・カプリオーリ。 フルラン医師に「愛と欲望 ミラノの霧の中で/2006」「まなざしの長さをは...
 
 
 
映画・人生、ここにあり! (お花と読書と散歩、映画も好き)
2008年 イタリア原題 Si Puo Fare(やればできるさ!) 1978年、イタリアで制定されたバザリア法により次々と精神病院が閉鎖されました「自由こそ治療だ」という画期的な考え方から、病院に閉じ込められ人間らしい扱いを受けてこなかった患者たちを一般社会で生活さ...
 
 
 
[映画『人生、ここにあり!』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆八王子シネマで公開されていて、なかなか時間が合わなかったのだが、やっと観れた!  しかも、偶然にも、初めて「メンズデー(男1000円)」なる日にあたったゾ^^  とてもいい作品だった。  話は、あまりにも激しく真摯過ぎる組合活動を続けてきた主人公ネッ...
 
 
 
人生、ここにあり! (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
イタリアで法律によって精神病院が閉鎖された実話をもとに作られたコメディ。病院を出た元患者たちと労働組合員が一体となって困難を乗り越え、前向きに生きていく姿を描く。出演 ...
 
 
 
人生、ここにあり! (映画の話でコーヒーブレイク)
イタリア映画といえば、昔は華やか~でした。 ソフィア・ローレンやマストロヤンニ、ジーナ・ロロブリジタ、クラウディア・カルディナ―レ、 ロッサノ・ブラッツイにジュリアーノ・ジェンマ、皆さんハリウッド映画によく出演しておられたので 多くの俳優さんや監督の名前...
 
 
 
人生、ここにあり! (映画の話でコーヒーブレイク)
イタリア映画といえば、昔は華やか~でした。 ソフィア・ローレンやマストロヤンニ、ジーナ・ロロブリジタ、クラウディア・カルディナ―レ、 ロッサノ・ブラッツイにジュリアーノ・ジェンマ、皆さんハリウッド映画によく出演しておられたので 多くの俳優さんや監督の名前...
 
 
 
人生、ここにあり! (映画とライトノベルな日常自販機)
“笑って泣いて、生きていることの素晴らしさを実感しました” おすすめ度:★★★★☆ 2011年12月11日  新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(12月23日まで上映) 精神疾患にかかり入院したり施設いる人々は、薬の影響で無気力であり動作も緩慢です。そして医師や...
 
 
 
人生、ここにあり! (だらだら無気力ブログ!)
素敵な作品だった。
 
 
 
人生、ここにあり! (C'est joli~ここちいい毎日を~)
人生、ここにあり! '08:イタリア ◆原題:SI PUO FARE ◆監督:ジュリオ・マンフレドニア ◆出演:クラウディオ・ビジオ、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ ◆STORY◆1983年のイタリア、ミラノ。...
 
 
 
人生、ここにあり! (いやいやえん)
法律によって精神病院が廃止された国・イタリアで起こった実話を映画化。 元患者達が前向きに仕事して生活していこうと奮闘する姿と挫折から再起する姿は観てよかったなーと思えるものでした。今の私には一番効いた
 
 


 
編集 編集