日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 


現代音楽家 フィリップ・グラスの作品。

彼の反復音楽の音といえば、ソロでのピアノによる作品群あるいは映画「コヤニスカッティ」を思い出してしまう。

特に後者では、96分にわたるエレクトロニクス全開ガチガチの、モノトーンな「音」郡 に気が狂いそうになった(笑)

 

が今回はMETオケ + 歌唱という、ヒューマンで多様な「音」による反復音楽。

この点において、5時間にわたる長時間の鑑賞でも十二分に楽しめた。

 

 

テーマとなるのは、ガンジー。

若き日の彼が、南アフリカに渡って経験した酷い現実の中、思想家として覚醒する様を描く。

これを、グラスらしい スペクタルな反復音楽で、ドラマチックに再現している。

直前の予告編「山本五十六」で極めて不快な印象が残っていた自分にとって、一般市民が巻き込まれる「戦争の痛み」から立ち上がるこのドラマは、非常に心に突き刺さるものがあった!

 

 

面白かったのが、歌手たちの歌詞の原語が サンスクリット語ということ。

これまでのライブ・ビューイングでは「歌詞」がロシア語だろうが何語だろうが、字幕で瞬時にわかることが、作品への理解を助ける重要なキーポイントだった。

ところが、今回は作曲者自らそれをほとんど不要であるとし、反復する音に身を委ねろ、という指示。

真逆なところが新しい!

 

いつも年末に「必見」と言いたい映画が、ひょっこり登場する。

が、ことしは映画ではなくて、これだったか!!

 今週の金曜までの公開。


 

最後に。

裏舞台紹介で司会で登場するリングのアルベリヒ役 エリック・オーウェンズ をはじめとして、作品名を「サチャグラハ」と発音していた。原語は、Satyagrahaだから、確かに tya 部分はそう発音してしまいそうで、それも正しいかも?!

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« 映画:ワイル... クラシコ速報... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『サティアグラハ』@METライブビューイング (オジ・ファン・トゥッテ♪)
米国の作曲家、フィリップ・グラスによる現代オペラ、「サティアグラハ」は何とも不思
 
 


 
編集 編集