日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

差別と戦いながら、栄光を勝ち取っていく黒人の物語。

つい最近「ドリーム」 Hidden Figures という「ライトスタッフ」な時代の影の功労者たちの映画を紹介した。

この映画、当ブログ的には現状、今年のベスト1候補。

未だ日本未公開だが9月公開との話も聞く。

「ドリーム」は「ライトスタッフ」な時代、なのでそっちは1950年代。

ところが今作はタイトルにもあるように、1936年 しかもナチス政権下のベルリン!

 

 

主人公は、伝説の陸上選手 ジェシー・オーエンス。

出場したのは、1936年 ベルリン・オリンピック。

あの記録映画で有名な大会で、ナチスをプロパガンダしようとしたヒトラーがそこにいた!

 

開催に向け人種差別政策を一時棚上げするドイツ、ボイコットを検討するアメリカ、イギリス。

ブランデージを演じるのは、重鎮 ジェレミー・アイアンズ。

この交渉の経緯だけでも見応えがある。

 

さらに晴れて出場が決定してからもトラブルは続く。

活躍するオーエンスに対し、当然白人主義のヒトラーは面白くない。

女性監督のリーフェンシュタールも困惑するような状況に陥る。

 

 

 

今日この映画を紹介するのは、この映画がオリンピックの精神を体現していると感じたから。

ライバルとなっていたドイツの陸上選手ルッツ・ロングとの友情を育むシーンがある。

 

昨日パリとロスが東京の次で確定し、パりが招致するとちょうど100年ぶり。

その100年以内は、こんな状況いがあったとは...

 

結論:人種差別な時代に、オリンピック精神を発揮した男たち、の物語は今だから知っておくべき物語。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« 2020 東京 に... 楽天の71億... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「栄光のランナー/1936ベルリン」@明治安田生命ホール (新・辛口映画館)
 スターチャンネルさん主催の試写会。客入りは7割ほど、客年齢は高め。
 
 


 
編集 編集