日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

行きつけの店でいつもかかっているのが、Beach House。

 

「この曲、いいね。誰?」→「Beach House」

というやりとりが2度ほど繰り返され、3度目になる前にCDをチェック(笑)

 


Vini Reillyの病気でDurutti Columnの新作がなく、リリカルなギターコラージュ欠乏症だった自分に Alex Scally のギターが心地よく響く。

 

基本このAlex Scally と、メインボーカルのVictoria Legrand の2人( + ドラマー)

彼らを定義するコトバに「ドリーム・ポップ」があるそうだが、当ブログ的にはピンとこない(笑)

 

セットリストは、

1.Wild
2.PPP
3.Silver Soul
4.Space Song
5. 10 Mile Stereo
6.Wishes
7.Elegy to the Void
8.Take Care
9.Sparks
10.Myth

 

ほぼ観たかった楽曲群が目の前で次々と展開され、大満足。

プロジェクターが部分的に機能しない、とか、背景用スモークが Victoria の顔に直撃、などの少々のトラブルもあったが、気にならなかった。

 

このフェスに参加しずっと感じてきたことだが、NYの聴衆のノリが良く、各曲への反応がアーティストを盛り上げる!

そんな状態なので、やや機械的に聞こえてしまう Victoria のボーカルに、生だともっとニュアンスが。

そしてキーボード弾きつつ、時折みせる手のパフォーマンスを見れて良かった。

次のアルバムは、いつ出るのかな?

 

 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 初・音楽フェ... 初・音楽フェ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集