日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

すでに一度感想をアップしているが、追加で。

 

前の感想ダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ

 

このダークさ・凶暴さに磨きがかかった感じ、という感想は何処からきているか。

改めて考えてみた(極力ネタバレにならないようには表現しています)

 

 

よくあるパターンは=ヒューマンエラーあるいは人間たちの争い

だが映画中の「現在」コヴェナント号のクルーたちによる大きな過ちとか争いは発生していない。

すると、どこからこんなに暗黒に落ちるのか?

 

結論:おぞましい「ダークさ・凶暴さ」は、そんなほんの一面からではなく、

 

「未来」(我々の時勢視点)から襲いかかる!

 

だけでなく予想外にも、

遥かな「過去」から襲いかかる!

 

そして一番怖いのは...

この「未来」と遥かな「過去」の悪意が混ざり合い、「ダークさ・凶暴さ」が完成すること(汗)

 

 

少しずつ少しずつ、この辺が浮き彫りになっていく過程がホントやばい(汗)

改めて、リドリー・スコットに戦慄… 



今作で一応オリジナル第1作に繋がるところまでは流れ的に到達。

だが同じ番外編でも、SWのような如何にも繋げました的な白々さはない。

しかも、こちらはもっと手が込んでいる。

第3作!の構想も既に監督自らが明かしており、何とタイトルまで!

「アウェイクニング」

 

驚いたことに次の第3作は、Beforeシリーズ第1作と第2作の「間」を描くとのこと。

恐ろしや!(笑)


コメント ( 2 ) | Trackback ( 15 )



« かねてから噂... 追悼:Holger ... »
 
コメント
 
 
 
新シリーズ (iina)
2017-10-04 10:31:12
> 「未来」と遥かな「過去」の悪意が混ざり合い、「ダークさ・凶暴さ」が完成すること(汗)
たしかに、エイリアン番外編は、手がこんでますね。

そこに面白さも考えすぎなきらいもあります。

 
 
 
ですね (onacreen)
2017-10-04 12:21:41
そういうきらいもありますね(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
エイリアン:コヴェナント  監督/リドリー・スコット (西京極 紫の館)
【出演】  マイケル・ファスベンダー  キャサリン・ウォーターストン  ビリー・クラダップ 【ストーリー】 宇宙移住計画を遂行するため、コールドスリープ中の男女2,000人を乗せ......
 
 
 
映画「エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『エイリアン:コヴェナント(日本語字幕版)』(公式)を公開初日(9/15)に劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら55点にします。 なお、『エイリ......
 
 
 
エイリアン:コヴェナント (だらだら無気力ブログ!)
いやぁ『プロメテウス』の続編だったとは。
 
 
 
エイリアン:コヴェナント (あーうぃ だにぇっと)
エイリアン:コヴェナント@ユナイテッドシネマ豊洲
 
 
 
[映画『エイリアン:コヴェナント』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM60秒(サッカー編) ☆・・・まあまあでしょうか?  エイリアンのスペックは、作品を重ねることに付加されていくので、もう、何でもあ......
 
 
 
エイリアン:コヴェナント 感想 (源之助の日記)
9/15公開のエイリアン:コヴェナントを先程(9/16午前)鑑賞してきました。 端的に言うと、、、 微妙な出来だった前作プロメテウスを見た上で"わざわざ"映画館まで見に行く(地雷を...
 
 
 
エイリアン:コヴェナント (ネタバレ映画館)
なぜ「カントリーロード」?
 
 
 
エイリアン:コヴェナント・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ついに“奴”が生まれる。 リドリー・スコット監督による、「エイリアン」前日譚。 2012年の「プロメテウス」に続く第二弾は、スコット作品としては38年ぶりに「エイリアン」のタ......
 
 
 
『エイリアン:コヴェナント』 (こねたみっくす)
「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。 嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物......
 
 
 
「エイリアン:コヴェナント」Alien:Covenant (2017 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
オープニングの、ウェイランド社の社主(ガイ・ピアース)とアンドロイド(マイケル・ファスベンダー)のやりとりにすべてがこめられている。 白い部屋。スタインウェイのピア......
 
 
 
「エイリアン:コヴェナント」 (或る日の出来事)
ファスベンダー×ファスベンダー。
 
 
 
『エイリアン:コヴェナント』('17初鑑賞105・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。
 
 
 
エイリアン:コヴェナント (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 最後のアンドロイドがウォルターだったら
 
 
 
エイリアン (もののはじめblog)
コヴェナント<THX方式> 本作のキャッチコピーは「絶望の、産声。」 エイリアンを時系列に並べると、   『プロメテウス』(2089年-2093年)   『エイリアン』 (2122年)   『......
 
 
 
『エイリアン:コヴェナント』 エイリアンのつくり方 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 リドリー・スコットの最新作にして『エイリアン』シリーズの最新作。  タイトルの「covenant」とは「契約」の意味。  『プロメテウス』は『エイリアン』の前日譚だったわけ......
 
 


 
編集 編集