日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



アカデミー賞外国語映画賞受賞という大金星をあげてしまった「おくりびと」が早くもDVDで登場。

というよりは、予想以上のヒット + 全く予想外のアカデミー賞受賞 の結果、まだ劇場公開中なのにDVDリリースのタイミングを迎えてしまったのだった。(ウレシイ誤算?)
今のDVDリリースタイミングが早いからこういうことも起こる。
なんたって公開は去年の9月だから、まだ公開日から半年しかたってない。
評判の映画をこうして家でごろっと観れるなんて最高の連休!

公開当初からこの映画に興味はあったけど、「死」を扱っている映画ということで、そこに躊躇するものがあった。
先日アップした「コルテオ」の感想でもふれたが、そもそも「コルテオ」の意味は「葬列」を意味し、こちらも主題は「死」。
「臨終」のシーンのオープニングはから始まり、その人が昇天するまで描くという点で、サーカスが全体のテーマとして「死」を扱っているという点でかなり挑戦的な演目ではあった。
つい最近に身近で接触した人だとした場合、どうしても微妙な気持ちになってしまう内容ではある。
「コルテオ」を横で観ていたおじいさんが最初から最後まで泣きっぱなしというエピソードを聞いた時、その涙の意味をつい考えてしまった。

このように「死」をテーマに扱ってエンタテイメントにすることは難しい。
最近ネットでも話題になっている「映画芸術」で「おくりびと」がワースト1位になっているのも、おそらく選者の多くが年齢が高めだという点でそう判断されたのではないか。
「キネ旬」(映画雑誌 キネマ旬報)でも、ランキングに反映されてはいないが、ワースト1位にしている人がそれなりにいて、驚くとともに自分の中でも腑に落ちるところはあった。


さて、鑑賞してみて。
真摯に「死」に向き合っているという点で、懸念は全く杞憂に終わった。
この映画では、「死」を描くことによって、徐々に浮き彫りにされてくることがある。
それは「生」がいかに貴重な価値があるものであり、意義があること。
この表現が素晴らしい。

俳優陣も山崎勉をはじめ、文句のつけどころがない。
笹野高史もいつもながら見事。

山形の自然を感じさせ、ロケ地にこの映画のファンが巡っているというのも納得がいく。
今更だが、劇場で観ておけばという気にもなる。
少なくともそう思わせる出来。
久石譲の音楽もこの風景にズバリはまっていて、強い印象を残す。

この映画が海外で評価されたことは、日本映画にとって大きな一歩なのではないだろうか。
日本ならではの感受性が認められたことは、今後の映画も含めた日本文化にいい影響を及ぼしていくような気がする。

一方で、前半でふれたようにこのテーマに嫌悪感を持つ人がいるのも理解できる。
(それでいうと、エンドロールだけはちょっとあざとく感じた)

コメント ( 3 ) | Trackback ( 23 )



« 読後評:会社... WBC優勝おめで... »
 
コメント
 
 
 
NY行きの機内で (JUNKO)
2009-03-29 21:26:54
実は、この「おくりびと」NY行きの機内で見たので
私にとっては思い出深い映画なんです。
まさか、アカデミー賞までとってしまうなんて!!
きっと、不況で暗い雰囲気のアメリカで、「死」を描きながらも暖かい気持ちにさせてくれるこの映画が、時代のタイミングに合ったんでしょうね。
この細やかな表現が、アメリカ人にも受け入れられたのは喜ばしいことです♪
 
 
 
コメントどうもです! (onacreen)
2009-03-30 06:09:23
JUNKOさん、たびたびのコメント感謝感謝です。

えっ機内映画で「おくりびと」ですか!
それはうらやましすぎですね~

確かにおっしゃる通り、アメリカの気分にちょうどはまった
タイミングだったのかもしれないですね。
寿司だけじゃなくて、日本をより知ってもらう機会になると
いいなあと心底思います。

ただ納棺士の知識が全くといってないので、外人にいきなり
質問されたら困るだろうなとは思いますが.....
 
 
 
はじめまして (soal)
2009-04-10 19:09:03
トラックバックありがとうございます。

「ありがとう
また会おう」

にはもっと泣けました。

親しい人を失った人には
さらに胸にしみる言葉でした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
おくりびと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・...
 
 
 
映画「おくりびと」を試写会で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「おくりびと」@ヤクルトホール 試写会の主権はニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」だ。映画上映前にパーソナリティーの増田みのりさんの舞台挨拶があり上映だ。客入りは若干空席のある9割ほどで年齢層は高い。おくりびと 映画の話 リストラされたチェロ...
 
 
 
映画レビュー「おくりびと」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
おくりびと [DVD]◆プチレビュー◆納棺師になった青年の成長を通して生と死の意味を問う秀作。納棺の所作と山形の自然が美しい。 【75点】 失業したチェロ奏者の大悟は、ひょんなことから故郷の山形で納棺師という職につく。特異な職業にとまどいながらも、次第に仕事...
 
 
 
おくりびと (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。滝田洋二郎監督、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫。遺体を「葬る」(ほうむる)ことと遺体を「頬張る」(ほおばる)こととは、実は一対じゃないかと思えてくるほど、なぜか食事のシーンが多い。
 
 
 
『おくりびと』 (Sweet*Days**)
監督:滝田洋二郎  CAST:本木雅弘、山崎努、広末涼子 他 チェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好...
 
 
 
【おくりびと】 (日々のつぶやき)
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、山崎努、広末涼子、笹野高史、余貴美子、吉行和子 「オーケストラが解散され無職となったチェロの演奏者だった大悟は妻の美香と故郷に帰った。就職活動をして採用されたのはNKエージェント、納棺師としてだった。 最初は嫌々だ
 
 
 
[【プログラム】メモリアル・サービス]これもまた『おくりびと』 ( 『QM』~NPO法人アカーWEBマガジン)
遅ればせながら、観てきました。『おくりびと』。 3月14日、故・井田真木子さんの命日にあたる日に。 「本木雅弘主演の『おくりびと』だから…」そんな井田さんのお告げが降ってきたからではないです。2001年から毎年行っている恒例の井田真木子さんのお墓参りは、新宿・...
 
 
 
【映画】おくりびと (新!やさぐれ日記)
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努...
 
 
 
おくりびと (Akira's VOICE)
いのち芽吹く物語。  
 
 
 
おくりびと (映画!That' s Entertainment)
●「おくりびと」 2008 日本 松竹、TBS、セディック、小学館、アミューズ・ソフトほか 130分 監督:滝田洋二郎  脚本:小山薫堂 音楽:久石譲 出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹(故人)ほか <2008年度アカ...
 
 
 
おくりびと (Addict allcinema 映画レビュー)
キレイになって、逝ってらっしゃい。
 
 
 
~『おくりびと』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、滝田洋二郎監督、小山薫堂脚本、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、峰岸徹、笹野高史共演。第81回アカデミー賞外国映画賞をはじめ国内外の数多くの映画賞を受賞した作品。 ≪DVD鑑賞≫
 
 
 
mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
 
 
 
mini review 09360「おくりびと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作。監督には『壬生義士伝』の滝田洋二郎があたり、人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。一見近寄りがたい職業、納棺師...
 
 
 
映画「おくりびと」 (おそらく見聞録)
監督:滝田洋二郎(あれ? 俺とっちゃたよ) 出演:本木雅弘(いいだしっぺ)広末涼子 山崎努(いぶし銀) 出演:余貴美子 笹野高史 峰岸徹 吉行和子 杉本哲太   「安らかな旅立ちのお手伝い」をする納棺師のお仕事を始めた 一人の男。最初は戸惑うが、...
 
 
 
映画感想『おくりびと』 美しき愛あるおくり (レベル999のマニアな講義)
内容夢叶い、東京でチェロ奏者となった小林大悟(本木雅弘)。だが、、それもつかの間、突然の楽団の解散。夢をあきらめ、亡き母が残してくれた故郷の実家へ妻・美香(広末涼子)とともに帰ることに。家賃が無くてすむと言う安易な考えであった。翌日から、職探しをはじめ...
 
 
 
おくりびと 英語題:Departures (単館系)
記事アップ日【2008/12/08 21:21】 アカデミー賞受賞上げ とあるマイミクさんの勧めで見てきました。 通常ならもう公開は終わっていますが関東で ...
 
 
 
映画 【おくりびと】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「おくりびと」 滝田洋二郎監督作品。第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。 おはなし:楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが...
 
 
 
『おくりびと』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけ、その場で採用になるが、それは遺体を棺に納める納棺師という仕事だ...
 
 
 
おくりびと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TVで鑑賞―【story】楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は、好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざ...
 
 
 
おくりびと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本目は「王妃の紋章」で、観賞日は4月28日だったことを踏まえると、いかにハイペースで映画を見...
 
 
 
偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』 (水曜日のシネマ日記)
遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。
 
 
 
おくりびと☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告を観たときに、なんとなく様式美的でいいかなっと変なところでひっかかってた『おくりびと』そしたら、モントリオール映画祭で金賞ですか?平日金曜日の昼間の回・・・ほぼ満席って^^;これって映画祭金賞効果なのか、どうなんだろう・・・ちなみに年配の方が多くて...
 
 


 
編集 編集