日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






前作「白いリボン」をみた時、ベルイマンを継ぐのは彼しか無い、と悟った(汗)
それまでの「直接的」な暴力描写が消え、「暗喩」に表現が進化していたのだ。
そのハネケの新作。


今回、老夫婦に絞ったストーリーなので、そういう点で引き続き同様の方向。
痺れたのは以下のようなポイント。

実の娘にさえ理解してもらえず、冷たい視線を浴びる 主人公。
ちょっとした一言にさえ、それが表出する様子...

これぞヨーロッパ映画、と唸る「間」の取り方。
「絵画」が静かに描写されるシーンなど。

無知・無垢なゆえに存在感を示す、ある「動物」
ブニュエルにおける「ヤギ」同様の影響力が(笑)

映画ならではのマジック!が発揮されるシーンがいくつも。
特にラスト近く、それまでに形成された「鬱気分」に喝が入る(笑)
久々だなあ~ こういう感覚...



これ以上、言葉では語りたくないので、これで終わりにする。
が、これだけは言おう、今年2013年 必見の1本であることに疑いはない!


コメント ( 6 ) | Trackback ( 31 )



« ブログでUEFAチャ... 「ブログでサッカ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (mig)
2013-03-17 08:44:58

こんにちは、
いつもTBありがとうございます。

いつも数回はいってるのですが、こちら認証制でみたあときちんと反映しているので宜しくお願いします☆
 
 
 
了解です (onscreen)
2013-03-17 13:51:32
せっかちでごめんなさい(笑)
 
 
 
TBを・・・ (Julien)
2013-03-20 09:56:59
有難うございます。
さすが、ヨーロッパ映画は違いますね。
ハネケ自身の脚本も、また実際に家族の実生活も参考になっているようですが、フランス映画はやはり違いますよね。
間の取り方、台詞の簡潔さ、全く無駄のない会話と空間、私たちがいずれは直面するかもしれない問題を身近にとらえて、秀逸な作品でした。
観ていない人には、是非観ていただきたいものです。
 
 
 
コメントありがとうございます! (onscreen)
2013-03-20 11:08:10
おっしゃる通りです。
今年有数の1本ですね。
個人的には観賞後落ち込みから立ち直るのに時間がかかりましたが(笑)
 
 
 
はじめまして (ゆーきねこ)
2013-03-22 09:48:52
はじめてコメントさせていただいます。

私も、この映画は言葉で語りたくないと思いました。
というか、今の自分の語彙力と人生経験では語れない…;;
決して好きな映画ではないですが、個人的には今年No.1といってもいいくらいの映画でした。

ハネケ監督の作品は初めてでしたが、他のものも見たくなりました。
怖いけど…;;

トラックバックさせていただきました!
 
 
 
よくわかります (onscreen)
2013-03-22 10:21:04
<決して好きな映画ではないですが、個人的には今年No.1といってもいい

私も正直、観賞後は翌日起きるまでダークになってました(笑)

<他のものも見たくなりました

まずは「白いリボン」からですかね...
他は違った意味で、かな~りヤバい(汗)です
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画『愛、アムール』★老夫婦二人の愛:ともに生き、ともにいく… (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビュー(ネタバレ表示)です。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id344164/rid36/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161061/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 ...
 
 
 
愛、アムール (あーうぃ だにぇっと)
愛、アムール@銀座テアトルシネマ
 
 
 
愛、アムール / Amour (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click これは、老人介護の話でも不治の病がテーマの話でもなく ある老夫婦の 愛を描いたストーリー 愛する者が死に臨む、その姿を横で見届けることは果たして愛の終焉か、 それとも幸福の完成なのか。 「....
 
 
 
愛、アムール~即興曲破綻調 (佐藤秀の徒然幻視録)
壊れたキー 公式サイト。フランス=ドイツ=オーストリア。原題:AMOUR。ミヒャエル・ハネケ監督、ジャン・ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール、ア ...
 
 
 
『愛、アムール』 (2012) / フランス・ドイツ・オーストリア (Nice One!! @goo)
原題: AMOUR/LOVE 監督: ミヒャエル・ハネケ 出演: ジャン・ルイ・トランティニャン 、エマニュエル・リヴァ 、イザベル・ユペール 、アレクサンドル・タロー 公式サイトはこちら。 今までのハネケ作品、正直あまり好きではないのです。残酷すぎてしまったり...
 
 
 
『愛、アムール』:鳩の意味するものは? (シネマ・クチュール)
新作の感想は、主にもうひとつのブログで書いてますが、 まだ日本公開になる前に記事をあげることが多く、ネタバレなしに書こうとすると、 深いところには入れないというジレンマに陥ります。 そこで、監督のインタビューで知ったことや ネタバレ込みで自分で感じ...
 
 
 
映画レビュー「愛、アムール」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 愛、アムール オリジナル・サウンド・トラック [CD]◆プチレビュー◆老いと病を通して究極の夫婦愛を描いた「愛、アムール」。名優二人の存在感とハネケ監督らしからぬ物語に驚 ...
 
 
 
愛、アムール (to Heart)
人生はかくも長く、 素晴らしい。 原題 AMOUR/LOVE 製作年度 2012年 上映時間 127分 監督 ミヒャエル・ハネケ 製作国・地域: フランス/ドイツ/オーストリア 出演 ジャン=ルイ・トランティニャン/エマニュエル・リヴァ/イザベル・ユペール/アレクサンドル・タロー/ウィ...
 
 
 
愛、アムール (心のままに映画の風景)
パリ在住のジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ(エマニュエル・リヴァ)夫婦は、充実した老後を送っていたが、ある日、アンヌが突然の発作に見舞われ、半身麻痺が残る状態になってしまう...
 
 
 
隣のおじいちゃんとおばあちゃんのこと。~『愛、アムール』 (真紅のthinkingdays)
 AMOUR  元音楽教師のアンヌ(エマニュエル・リヴァ)とジョルジュ(ジャン=ルイ・トラ ンティニャン)は、パリのアパルトマンに暮らす仲睦まじい老夫婦。悠々自適な 生活を送っ...
 
 
 
愛、アムール ★★★★ (パピとママ映画のblog)
パリの高級アパルトマンで暮らす音楽家の老夫婦の姿を描いた『愛、アムール』。 監督・脚本は1942年生まれで70歳のミヒャエル・ハネケ。前作『白いリボン』に続き本作と2作品連続でカンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)に輝く快挙を果たした。本作は米アカデミー賞...
 
 
 
『愛、アムール』 愛という名の依存 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白いリボン』で悪意の誕生を描いたミヒャエル・ハネケ監督が、次回作では打って変わってAmour(愛)をテーマにした――のだろうか。  「愛」とは美しい言葉だが、ミヒャエル・ハネケ...
 
 
 
愛、アムール~「老い」と「死」を通じて見つめた「愛」 (movie memo)
正直、今の自分に、この映画の感想を書くことはできないと思います。 あふれてくる思いはたくさんあるけど、とても言葉にはできない。(まぁ、いつもめちゃくちゃな文章ですが) でも、なにか書き留めて...
 
 
 
『愛、アムール』は、究極の愛なのですか? (Healing )
愛、アムール Amour★★★★★ ともに生きる。ともに老いる。 これは究極の愛なのですか 先日の第85回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞。 主演のエマニュエル・リヴァは主演女優賞ノミネート。 授賞式でも、とてもすてきでした。 監督・脚本はミニャエル・ハネケ。 こ...
 
 
 
この結末にしてこのタイトル。『愛、アムール』 (水曜日のシネマ日記)
第65回カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールを獲得した作品です。
 
 
 
No.342 愛、アムール (気ままな映画生活)
ミヒャエル・ハネケ監督が、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞したドラマ。妻が病に倒れたことで穏やかだった日常が変 ...
 
 
 
愛、アムール/ジャン=ルイ・トランティニャン (カノンな日々)
先日開催された第85回のアカデミー賞でも賞レースの有力候補作品としてノミニーされていた『白いリボン』 のミヒャエル・ハネケの監督作品です。といっても実のところ高齢者夫婦を ...
 
 
 
愛、アムール~即興曲破綻調 (佐藤秀の徒然幻視録)
壊れたキー 公式サイト。フランス=ドイツ=オーストリア。原題:AMOUR。ミヒャエル・ハネケ監督、ジャン・ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール、ア ...
 
 
 
愛、アムール (とりあえず、コメントです)
世界の映画祭で高い評価を受けた、ある老夫婦の愛の姿を描いた人間ドラマです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、どんな物語なのか気になっていました。 ハネケ監督作品は初めてだったのですけど、深く考えさせられるような物語でした。
 
 
 
『愛、アムール』 愛、あるいは (Days of Books, Films )
Amour(film review) 『愛、アムール(原題:Amour)』は、全
 
 
 
愛、アムール (映画的・絵画的・音楽的)
 『愛、アムール』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)前作『白いリボン』に引き続いてカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したハネケ監督の作品(アカデミー賞の最優秀外国語映画賞も受賞)というので、映画館に足を運びました。  前作は随分と見応えのある作品な....
 
 
 
『愛、アムール』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「愛、アムール」 □監督・脚本 ミヒャエル・ハネケ□キャスト ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
 
 
 
『愛、アムール』 (こねたみっくす)
愛する人との別れが迫った時に見えてくる真実の愛。 第85回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのミヒャエル・ハケネ監督の作品。老老介護を扱っていながらも介護問題ではなく老夫婦 ...
 
 
 
「愛、アムール」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・フランス・ドイツ・オーストリア合作 配給:ロングライド 原題:Amour 監督:ミヒャエル・ハネケ脚本:ミヒャエル・ハネケ製作:マルガレート・メネゴス、シュテファン・アルント、ファイト・ハ
 
 
 
『愛、アムール』 2013年3月29日 銀座テアトルシネマ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『愛、アムール』 を鑑賞しました。 銀座テアトルシネマのラスト前の作品です。 そういえば、同じ銀座のシネパトスは今月末で閉館です。 銀座地区から映画館が減っていくのは残念ですね。 【ストーリー】  パリ在住の80代の夫婦、ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティ...
 
 
 
いつか訪れる、愛 (笑う社会人の生活)
11日のことですが、映画「愛、アムール」を鑑賞しました。 パリ在住の80代の夫婦ジョルジュとアンヌ、ある日アンヌが病で倒れ半身まひという後遺症が残ってしまう 家に帰りたいというアンヌの願いから自宅で彼女の介護を始めるが少しずつ症状は悪化していき・・・ 老老....
 
 
 
愛、アムール  (映画感想メモ)
邦題はアムールでも良かったんじゃないかな……。 いい加減あらすじ ジョルジュとア
 
 
 
愛、アムール ★★★★☆ (センタのダイアリー)
次々と上映が終了になる中で時間が見つけられず、この映画にはご縁がなかったかとあきらめかけていた今週、たまたま時間があってようやく見ることができました。 小さい頃、祖父母の介護をする両親を見てい...
 
 
 
「愛、アムール」:あなたや私のことでもある (大江戸時夫の東京温度)
映画『愛、アムール』は、確かに問題作ではありましょうが、作りは実に端正。ハネケら
 
 
 
「愛、アムール」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Amour」 2012 フランス/ドイツ/オーストリア パリのアパルトマンに暮す音楽家夫婦のジョルジュとアンヌ。ある日、アンヌが病に倒れ、やがて寝たきりになってしまう。ジョルジュは献身的にアンヌを介護するが、アンヌの病状はどんどん悪化していく… ジョルジュ...
 
 
 
愛、アムール (迷宮映画館)
つづけさまに抵抗の映画を見た気分に・・・
 
 


 
編集 編集