日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






六本木の国立新美術館で開催中、オブセッショナル・アートの巨匠「草間 彌生 わが永遠の魂」

混んでいると聞いたのでつい敬遠していたのだが、終了が5月22日(月)と聞き慌てて駆けつけた。


行く前に、5年前に放送された NHKスペシャル をチェック。

この番組は、彼女の多忙を極める姿を、過去観たことのないレベルでドキュメントしている(汗)

 

例えばその映像は、

・世界に散らばったはずの「無限の網」が大量展示されたテイトの専用展示室で、泣きだす草間。

・ロンドンのホテルで自閉症ぎみになり、彼女が主賓のパーティを欠席する草間。

・現在の彼女の集大成的となる、100点の連作を実際に制作する草間(=今回の展示!)

 早回しで、作品が完成する過程をみせる。

・精神病院で寝泊まりする草間の病室を実際にみせる。

・カツラを取り、「素」状態のフツ―の人状態の草間が病院薬局で薬をもらう姿。

・一方で、自分の「死」に向け、「新草間ビル計画」を進める彼女。

という具合。

 

「私は、NYにいるとアーティストとして尊敬されるんだけど、日本に帰ると精神異常者って言われるんだよ」

実際に精神病院の病棟で、質素な生活をしている彼女の姿をみて、初めてその言葉が恐ろしくリアルに響いた。

 

 

こうして予習した上で入場。

まず入場すると、富士山?の大型作品。

いかにも草間らしい富士山…

 

でセンターの巨大展示場に入ると、そのスケールだけで圧倒される。

2009年から展開している大型絵画シリーズ「わが永遠の魂」が巨大展示場全面に!(写真)

数えてみたら、その数100点以上(正確には132点とのこと)

 

NHKスペシャルで製作していた絵画の連作が、こうして一堂に。

(トータルでは500点超とのこと)

バラエティに富む作品群は、どの作品をとっても「草間」でしかない。

入場者はひたすら、彼女(88歳)のエネルギーにひれ伏すのみ!

 

 

そしてこの巨大展示場の周囲を一周すると、彼女の若い世代からNY時代、そしてその後を回顧する展示が。

世界注から集めた作品はもちろん、NHKスペシャル で彼女が「重美」(重要な美術品)と呼び、キープし売りたくない作品群も含まれる。

このゾーンだけで、NYのホイットニーで2012年に観た彼女の展示を完全に超えていた。

 

 

最後にこれから行く方にアドバイス。

・前売り券は必須。

 でないと、それだけで相当の行列(ネットでも買えるそう)

・時間は余裕を持って。メインの巨大展示場は何時間いても飽きない?)

・最後のお土産店が実は最も混雑する。ので 注。

 

〜追記〜

2012年NYではホイットニー美術館だけでなく、ハドソン川沿いや宝飾品店で草間が大量発生(笑)

このへんの写真は貴重と思われるので、次のエントリーでアップしておきます。

でご参考まで!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 映画:マンチ... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集