日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



久々にスコセッシがおもしろい映画をとった(笑)という噂の、シャッターアイランド。
けっこうハラハラドキドキな出来らしく、それなりに期待している。


ところが、とまどっているのが、これまで聞いたことない話が。
今回、なんと!“超”日本語吹替版があるとな?!
は?!?

原語派の私としては、なんとも微妙。
翻訳は、大御所 戸田奈津子だそうだが、だから何なんだという気持ちは消えない。
まあおそsらく、シドニーシャルダンの“超”訳、にかけているのだろうが。
一方で、ディカプリオの、あの細い声が、あまり好きでない自分もいる(笑)

絶対勘弁してもらいたいのは....
マサカ「豪華タレント陣」がアテている、から “超”日本語吹替版なんてえのだけは!
その道のプロでないタレントがアテただけで完全に「興ざめ」してしまう映画は、過去大量に生産されてきた。
またこの道をたどるのか?!? スコセッシ危うし(笑)


ところで、劇場公開時(4月9日(金)~)、字幕・吹替をどういう比率にするのだろうか?!
このさじ加減だけで、かなり興収成績に影響してしまうのは間違いない。
ディカプリオ・ファン(そんなのいるっけ?)は皆、どうせ押し掛けるのだろうが.....



コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )



« トビオ(って... iPhone & iPo... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
No.215 シャッターアイランド (気ままな映画生活)
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。
 
 
 
「シャッターアイランド」Shutter Island(2010 パラマウント) (事務職員へのこの1冊)
「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ
 
 


 
編集 編集