日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

タイトルから読み取れるように、時代は第2次世界大戦。

ユダヤ人への迫害が極まったポーランド・ワルシャワ。

その中心は「シンドラーのリスト」でも取り上げられていた、ユダヤ人強制居住区域(ゲットー)

 

ここから橋を隔てた直ぐのところに動物園があった。

その位置と、動物園という特殊な環境を生かし、沢山のユダヤ人を救った夫婦が実在した。

ドイツ兵に見つかれば、自分・家族の命さえ危うい状況(汗)

そんな過酷な環境をくぐり抜け、300人超のユダヤ人を救った夫婦の活躍を描く。

 

 

何よりうれしいのが、ジェシカ・チャステインが素敵な女性を演じていること!(写真)

「ゼロ・ダーク・サーティ」そして当ブログが今年有数に気に入っている「女神の見えざる手」での彼女の演技は秀逸だったが、ビッチ系演技が多い(笑)

 

一方今作ではやっと?!?、彼女は心優しい女性。

役柄も伴い、そういう彼女はとても新鮮で、魅力的。

他作ではうかがい知れない、彼女の演技での実力を垣間見ることが出来た。

 

最近ゴールデン・グローブで女優賞のノミニーになった、MOLLY’S GAMEも待機中。

今度こそ、賞に輝いてほしい!

 

 

本編に戻ると、わずか5年ぐらいの間の超・過酷な時代に絶句させられる。

(逆にいえば、どんな屈辱を受けても5年何とか耐え抜けば 状況は変わる、とも受け取れる WOW!)

 

今作の影響で、このあと未見(1993年当時、超多忙で観れず)の「シンドラーのリスト」をチェック。

こちらはこちらで重かった…

が、それをあえて観ようという気持ちにさせた今作に感謝!

 

結論:ジェシカ・チャステインの演技とともに、この冬の収穫!

 
 
 


コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 「アクセスさ... Blue-Ray:メ... »
 
コメント
 
 
 
ジェシカ・チャステイン (まっつぁんこ)
2017-12-15 07:24:23
ジェシカ・チャステインの舞台挨拶つき上映がありましたがチケットが売れ残っていました。
どうでもいいようなのが高値をよび、いいものは売れ残る(>_<)
良い作品なのにもったいないと思いました。
 
 
 
Unknown (yutarou)
2017-12-15 09:07:06
ジェシカ・チャスティンは本当に良い役でした。
「女神の見えざる手」を見逃していますので
機会があれば見たいと思っています。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2017-12-16 18:03:19
まっつあんこさん、

えー!!!
挨拶つきの上映で、そんな...(涙)


yutarouさん、

必見でっせ!!!(笑)


 
 
 
ユダヤ人を救った人たちのなかには、 (ボー)
2018-01-04 22:06:47
まだ、あまり知られていない人もいるんだなあと思いました。
ほかにも、いそうですね。
ジェシカは、「チャステイン」なのか「チャスティン」なのか!?
 
 
 
確かに (onscreen)
2018-01-04 23:42:29
「ユダヤ人を救った...」パンフによると、チャステインですね..

今年アカデミー賞にノミニーされていますから、受賞式の発音に注目しましょう!(笑)
 
 
 
Unknown (margot2005)
2018-01-13 15:28:38
動物園を運営する夫妻がユダヤ人を救った史実を知って感動しました。
ジェシカ・チャスティンはやはり演技派ですね。

スピルバーグの「シンドラーのリスト」はとても重い映画でしたが
主演のリーアム・ニーソンが素晴らしかったです。
ナチの冷酷極まる将校役のレイフ・ファインズが体重を増やしてスゴい迫力でした。
 
 
 
ですね! (onscreen)
2018-01-14 00:34:53
息子が撃ち殺されそうになるシーンの彼女の演技は特筆モノでした。
新作「モーリーゲーム」も楽しみです!

「シンドラー」もおっしゃる通りで、みて良かったです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集