日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






このシリーズも(6)まできたこと、そしてこの展示が既に今月 7日で終了、を受け、この企画を始めた理由を改めて。


NYに行くと、いつもMoMA に寄るのは、常に「刺激」があるから。
今回の予想外の「刺激」は、ピカソ!
彼の「彫刻」だけ、を集めた企画展があるとは知っていたが、「ふーん」レベルの認識(笑)

ところが行ってみると、あまりの見応えに、通算3度も通った(笑)
開催当初は自由に出入りできたこの企画展は人気が出て、入場制限・時間指定、までの制限がついた。

それほど人気があるわけは、世界中から執念深く集められたピカソの彫刻群(約140点)
絵画の人だったピカソにとって彫刻は、彼にとって従来の枠にとらわれず、自由に飛べる領域だったのだ!
時代ごとに部屋が分かれているその彫刻群が、時代時代のピカソの「飛び方」を表現している。

当ブログは、この魅力的な展示をシリーズで紹介していきます!



というわけで今回は、 THE BOISGELOUP SCULPTURE STUDIO 1930-1937

前回の「金属にぞっこん」時代から一変、柔らか味を帯びた作品群の時代。
パリから北西45マイル離れた場所 BOISGELOUPに、初めての彫刻専門のスタジオを設けた時代。
ちょうどいい写真が見つかったので、今日はそちらをアップ。
(If there is anything wrong, I`ll remove this picture immediately)

左:Head of a Woman, 1931
中央:Head of a Warrior, 1933
右:Head of a Woman, 1930

ピカソの毒がちりばめられつつも、印象が柔らかいのが特徴の時代、ということだろうか?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 読後評:イス... 映画:X-ミッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集