日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。
もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。

ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン(2009-03-15 チェンジリングCHANGELING 間違いなく今年有数の傑作)
続いてヤバイかもと身構えたにもかかわらず、「多民族国家」の意味が変質しつつあるアメリカ自身を描き、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」(2009-05-03グラン・トリノ Gran Torino 「名作」と呼ぶにふさわしい傑作」)
駄目押しは、昨年のベスト10にも入れた「インビクタス」(2010-01-28 インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト!)

一方で、この3連作ではほとんど感じなかったが、積極的にハマれない部分がある。
それは音楽。
監督だけでなく、イーストウッドは常に音楽も担当しているが、どうもこの相性が良くないのだ。
いくつかのシーンで、ここまでメロディアスな音をバックに配するセンスはないだろう、と思ってしまうことが多かった。
彼は自分の映画のみならず他の映画に曲を提供したりの経験もある(さよなら いつかわかること)
またジャズ・ピアノの腕前も「ピアノ・ブルース」などで拝見しても上手なのは認識している。
あくまでも個人的意見だが、音楽についてはぐっとこらえて他人にまかせた方がいいのではないかと感じることがある。


そして今回のヒアアフター。
ショッキングなオープニングに続き、「生」と「死」をメインテーマに物語が多重に深まっていく。
「死別」に苦しむ登場人物たちに、クリントの「眼差し」が映画全体を通して降り注がれ続けることを感じる(って凄いことだよね)
微妙なライティングやカット割り、そしてやはり「甘めの旋律」が映画を通して流れることで、それが実現される。

物語の進行でもふれられるが、「死後の世界」をあからさまに語ることは、そのコンテンツが直ちに「キワモノ」扱いされかねない「タブー」。
この映画はそれと正面から向き合っており、正に「キワモノ」扱いになりかねない内容。
なのだけれど、クリントの「眼差し」が降り注がれ続け、微妙にコントロールされることで、その扱いから逃れることが出来ている。
こうなってしまうと、気になってきた音楽も、彼の一部として受け入れざる得ないし、この映画の監督が、彼以外ではありえなかったことを理解した。

この映画を「恋愛もの」と強引にカテゴライズする方がいるようだが、とんでもないと思う。
異色作ではあるが、これも名匠(と言わざる得ない)イーストウッドが達した「境地」のひとつなのだ!
そういう点で、見逃せない1作。
公開は、2月19日(土)から。



コメント ( 10 ) | Trackback ( 93 )



« Google's Art Pro... めずらしくうまい... »
 
コメント
 
 
 
眼差し (AKIRA)
2011-02-09 17:24:35
イーストウッド監督の優しい眼差しが,
映画全体に行き届いていましたね。

彼らへのエールのようで嬉しかった。

共感ポイントも多く,
お気に入り作品となりました。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2011-02-11 20:29:26
「眼差し」に共感いただき、ありがとうございます。
ホント、なにか不思議だけど、あとに残るところが実に素敵な映画でした。
 
 
 
TBありがとうございました。 (鉄平ちゃん)
2011-02-12 14:19:10
様々な方のブログでこの映画の感想を読むと
ほとんど壊滅的なこの映画、
これは、イーストウッド作品に対する期待と
この映画があまりにも乖離していたからなんだろうなと思います。

でも、80歳のイーストウッド監督が「死」というテーマに
真っ正面から向かい合い、
そしてスピリチュアル的なものに傾くこともなく、
さらっと描ききったことはやはりすごいと思うんですけど。
イーストウッド監督の達した一つの境地、という考え方、
すっごく共感できますね。
 
 
 
ありがとうございます! (onscreen)
2011-02-12 20:49:46
もしかしてこの映画、一定の人生経験が実は、
鑑賞条件なのかもですね?
 
 
 
こちらのblogから (rose_chocolat)
2011-02-20 12:49:29
TBはじかれてしまっているようです。
「不正なURL・・ 」とか出てきます(不正じゃないのに!)。 名前にリンクが貼れません。
King's Speechも通らないので、gooさん全体もTBダメかも。
あしからずです〜。
 
 
 
すいませんね.... (onscreen)
2011-02-21 00:46:16
ワタクシ技術屋じゃないんでわからないんですが、そういうの、イライラしますよね。。。。
ごめんなさい。

仕方ないので、ここで感想のやり取りしてもいいですよ。
例えば、監督のインタビューを読んだんですけど、彼は死後の世界
うんぬんには興味がない、とか(あくまでもプロとして、この映画
を制作している)とか、
 
 
 
つきました。 (rose_chocolat)
2011-02-22 06:21:46
goo事務局さんにメールしまして。
どうもお騒がせしました。

音楽なんですけど、ラスト近くで、「あ、またこれはカイル?」とか何とか浮かんできちゃうんですよね。
それはそれでいいんだけど。。。
このパターンは定着してしまいそうですので、これからの作品は、「クリントのメッセージ」なんだよというのが主流になってくるのかなーとも感じます。 
いいこと言ってくれてるし私は好きですけど、これはだめな方にはほんとだめかもしれませんね。
 
 
 
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-13 14:33:03
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
 
 
 
おっしゃる通りです。 (onscreen)
2011-03-13 15:45:56
<ただ、死んだ人はこの世に
<戻らないので精いっぱい、誰かを愛したい

そうですね。
自分が授かった「生」を思い切り生きることが、その「生」への
感謝を表現することだと思います、つくづく。
(自殺なんてどんな理由があろうと、全く論外!ですよね)

 
 
 
Unknown (cochi)
2011-03-13 18:51:03
TBありがとうございます。
スマトラ沖の津波が題材になっていますが、この恐怖が実際に起きてしまって茫然としています。遠く離れた地に住んでいますが相当のショックで落ち着きません。映画はフィクションですが、この作品のように今はただただ希望をもって生きるしかないと念じています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ヒア アフター (あーうぃ だにぇっと)
1月21日@よみうりホールで鑑賞。 クリントの新作ということで珍しく男性も多い試写会。 我々の横に座った鈍感そうなおばさん二人組は会場内の混雑をものともせずに隣の座席に荷物を置いて不法占拠(笑)していた。 開演間際に係りの人に声かけられてようやく荷物を...
 
 
 
ヒア アフター / Hereafter (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click イーストウッドにハズレなし!だったんだケド… 「硫黄島からの手紙」に続き、スピルバーグ製作総指揮で3度目タッグ。 原題「Hereafter」=来世。 死後に人はどうなる? マット・デイモンが霊...
 
 
 
映画 「ヒア アフター」 (ようこそMr.G)
映画 「ヒア アフター」
 
 
 
ヒア アフター (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ヒア アフター/HEREAFTER 2010年/アメリカ/129分 監督: クリント・イーストウッド 出演: マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン...
 
 
 
ディケンズの夢、そして朗読。クリント・イーストウッド監督『ヒア アフター』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※内容、ラストに触れています。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮、クリント・イーストウッド監督『ヒア アフター』。主演は『インビクタス/負けざる者たち』に続いてイーストウッド監督と組むマット・デイ
 
 
 
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
 
 
 
ヒア アフター (とりあえず、コメントです)
クリント・イーストウッド監督の最新作です。 予告編を観て、人の死後をテーマにどんな物語を創り上げているのだろうかと気になっていました。 観終わった時、じんわりと温かい余韻を感じられるような作品でした。
 
 
 
映画「ヒアアフター」肩の力が抜けた掌編です。 (鉄平ちゃんのエピキュリアン日記)
昨年の インビクタス に続き、 今年もクリント・イーストウッド監督の新作 「ヒアアフター」の試写会に行く機会ができたので見に行きました。 南町田という、自宅からは近いけど、一般的には中途半端な場所だったので 一緒に行ってくれる人がいなかったのは残念でした...
 
 
 
ヒア アフター (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮という巨匠2人がタッグを組んだ作品。生とは何なのかに正面から取り組んだ意欲作だ。主演は『インビクタス/負けざる者たち』でもタッグを組んだマット・デイモン。共演に『シスタースマイル ドミニ...
 
 
 
試写会「ヒアアフター」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/2/10、虎の門ニッショーホール。 クリント・イーストウッド監督、マットデーモン、セシル・デ・フランス、 フランキー/ジョージ・マクラーレン * 2004年12月、インドネシア。 休暇を楽しんでいたニュースキャスターのマリー(セシル・デ・フランス...
 
 
 
ヒア アフター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ...
 
 
 
ヒア アフター・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...
 
 
 
映画「ヒア アフター」@ヤクルトホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは7割くらい。試写会の主権はラジオ日本「イエスタデイポップス・ウィズ・シネマダイヤリー」さんだ。映画上映前に横山明日香さんのMCでスポンサー様からの商品案内と抽...
 
 
 
『ヒア アフター』 (こねたみっくす)
死を忘れるのではなく、受け入れて生きていく。 クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグの死生観の下、この映画を通して彼らが言いたいことは何となく分かるので ...
 
 
 
ヒア アフター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】 「ここでは何でもできる。宙に浮いてる感じが、かなりイケてる」
 
 
 
映画レビュー「ヒア アフター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ヒア アフター [DVD]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触りだ。 【65点】 仏人ジャーナリストのマリー、霊能 ...
 
 
 
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
 
 
 
ヒア アフター (食はすべての源なり。)
ヒア アフター ★★★★★(★満点!) いや〜。よかったです。ほんと、良い意味で裏切られました。 観たくて、観たくて、試写会にさんざん応募したのですがことごとくハズレナイトショーで鑑賞。 そのくせ、あまり事前情報なく鑑賞して、裏切られた(笑) 鑑賞後にHPと...
 
 
 
『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい (SOARのパストラーレ♪)
旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。 ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。 死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフ...
 
 
 
2011年1月21日 『ヒア・アフター』 よみうりホール (気ままな映画生活)
今日は、『ヒア・アフター』 を試写会で鑑賞しました。 素晴らしい イーストウッド監督の丁寧でそして繊細な作りが伝わってきます 【ストーリー】  霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な...
 
 
 
映画「ヒア アフター」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ヒア アフター』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/19)鑑賞。初日の夕方の回で観客は40名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。予告編での期待の仕方で、だいぶ評価が変わるように思う作品。 ざっくりストーリー ...
 
 
 
「ヒア アフター」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ヒア アフター」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィッ...
 
 
 
ヒア アフター / HEREAFTER (勝手に映画評)
齢80を超えて、まだまだ健在のクリント・イーストウッド監督作品。臨死体験という、非常に深いテーマを扱っています。 物語の冒頭、いきなり津波のシーンから始まります。2004年のスマトラ沖地震に依る大津波を彷彿させますが、定かではありません。その後、物語中盤で、...
 
 
 
ヒアアフター    まさに芸術だ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
人間は死んだ後どうなるのか、それはもはや宗教の世界の問題になってくる。その問題に真正面から取り組んだのがすばらしい。2時間を越える上映時間に無駄なシーンはない。イースウッド監督の手腕はますます冴え渡り、映像としての芸術作品になっている。人間は死んだ後、...
 
 
 
ヒアアフター (悠雅的生活)
野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。
 
 
 
独断的映画感想文:ヒア アフター (なんか飲みたい)
日記:2011年2月某日 映画「ヒア アフター」を見る. 2010年.監督・制作・音楽:クリント・イーストウッド. 出演:マット・デイモン(ジョージ),セシル・ドゥ・フランス(マリー・ルレ),フランキ
 
 
 
ヒア アフター (映画鑑賞★日記・・・)
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
 
 
 
ヒアアフター (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド最新作! 「今回も絶対泣かせてくれそう!え、でもスピルバーグ製作?ケネディー&マーシャル系ならまだマシかな?」 いつからスピルバーグの名前を聞くと及び腰になるようになってしまったんでしょうかw 予告編を観る限りそれでもきっと感動さ....
 
 
 
*ヒア アフター* (Cartouche)
    パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。だが、帰国した後も、呼吸が停止した時に見た不思...
 
 
 
劇場鑑賞「ヒアアフター」 (日々“是”精進!)
「ヒアアフター」を鑑賞してきました「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督とスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマ...
 
 
 
「ヒア アフター」 HEREAFTER (俺の明日はどっちだ)
・ ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染め....
 
 
 
「ヒア アフター」みた。 (たいむのひとりごと)
”HERE AFTER”、来世。つまりは「死後の世界」に触れた作品をクリント・イーストウッド監督が手掛けるということで楽しみにしてた。(オマケに主演がマット[E:heart01]だし)。とにかくこの手
 
 
 
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
 
 
 
『ヒアアフター』 | 自分の死生観とじっくり向き合う機会を与えてくれる秀作。 (23:30の雑記帳)
結論からいうと、とても誠実な良作だと思います。 人間は死んだ後どこへ行くのかという問いは、 個人の死生観や宗教観と直結するデリケートな 問題ですが、クリント・イース ...
 
 
 
ヒアアフター / Hereafter (うだるありぞな)
ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    パリのジャーナリスト、マリーは、恋人と東南アジアでのバカンスを楽しんでいた。だがそのさなか、津波に襲われ、九死に一生を得る。それ以来、死の淵を彷徨っていた時に見た不思議な光景(ビジョン)が....
 
 
 
『ヒアアフター』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア試写会場:ニッショー...
 
 
 
人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』 (水曜日のシネマ日記)
生と死を身近に体験した人間の物語です。
 
 
 
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か〜?英語で言や〜Every Jack has his Jillや〜(笑) (労組書記長社労士のブログ)
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ〜って感...
 
 
 
ヒアアフター (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「ヒアアフター」の試写会へ行ってきました。 東南アジアへ旅行中に津波に会って、臨死体験をしたフランス人女性ジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)。 死者と交信
 
 
 
映画「ヒア アフター」 (FREE TIME)
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
 
 
 
ヒアアフター (だめ男のだめ日記)
「ヒアアフター」監督クリント・イーストウッド出演*マット・デイモン(ジョージ)*セシル・ドゥ・フランス(マリー・ルレ)*フランキー・マクラレン(マーカス/ジェイソン)*ジョ...
 
 
 
ヒア アフター (風に吹かれて)
今が大事 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hereafter製作総指揮: スティーブン・スピルバーグ監督: クリント・イーストウッドパリで活躍するジャーナリストの
 
 
 
ヒアアフター(2010)☆Hereafter (銅版画制作の日々)
  MOVX京都にて鑑賞。「毎日かあさん」、鑑賞後に続けて観ました。「インビクタス〜」が私的には今一つだったので、イーストウッド監督作品、ちょっと不安だったのですが、、、。 物凄い感動とまではいきませんでしたが、それほど悪くもありませんでした。全体を通して...
 
 
 
ヒア アフター【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ヒア アフター 制作:2010年・アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエ...
 
 
 
最初から最後まで起伏の少ない上品な映画「ヒアアフター」 (てんシネ探検隊)
ちょっと、期待しすぎてしまいました。 冒頭、韓国映画のTSUNAMIを上回るプー
 
 
 
ヒア アフター (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 雄花と雌花と蜜蜂 サンフランシスコとパリ。 遠く離れて生きる男女が出会うべくして出会う物語。 人は過去に囚われて生きている。 その過去とどう折り合いをつけて未来を見つめるか...
 
 
 
生と死、そして希望 (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 双子の兄を亡くした少年、津波で死を垣間見た女、死者と話せる能力に苦しみ男 3人が希望を持つまでのドラマ じっくりと 静かに進んでいくストーリー それぞれのドラマが描かれる イースドウッド監督だけあり...
 
 
 
【映画レビュー】ヒアアフター (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 製作 クリント・イーストウッド、キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ティム・ムーア、ピーター・モーガン 脚本:ピーター...
 
 
 
「ヒアアフター」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
「臨死体験」とか「来世」とか、スピリチュアルな世界って、どんな巨匠が撮っても珍品になっちゃうことが多いんだけど。 最近でいえば、「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督が撮った「ラブリーボーン」みたいにな。 「ヒアアフター」も、死者との交....
 
 
 
『ヒア アフター』('11初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:10の回を鑑賞。
 
 
 
ヒアアフター #15 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Hereafter 監督・製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア 製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 脚本:ピーター・モーガン 撮影:...
 
 
 
ヒア・アフター Hereafter (映画!That' s Entertainment)
●「ヒアアフター Hereafter」 2010 アメリカ Warner Bros.Pictures,Malpaso Pro.,Amblin,129min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、 ...
 
 
 
映画『ヒアアフター』 (健康への長い道)
 製作スティーヴン・スピルバーグ、脚本ピーター・モーガン(『フロスト×ニクソン』)。クリント・イーストウッド監督が音楽も担当した最新作『ヒアアフター』を、TOHOシネマズ梅田シアター9(旧OS劇場)にて鑑賞。 Story パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシ...
 
 
 
ヒア アフター (SUPER BLOG.JP)
「クリント・イーストウッドにハズレなし」 この言葉に?偽りなし。 今回も間違いなし、でした。 感服しました。 マイルス・デイヴィスが「俺は音楽を喰って生きているんだ」と言ったように。 クリント・イーストウッドも「映画を喰って生きているんだ」ろうと思う...
 
 
 
ヒアアフター (ぷち てんてん)
お久しぶり〜〜。映画館に行くのも久しぶりになっちゃいましたよ。☆ヒアアフター☆(2010)クリント・イーストウッド監督スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮マット・デイモンセ...
 
 
 
『ヒアアフター』はコミュニケーションをとりにくい映画だよ。 (かろうじてインターネット)
 こんにちは。ここ最近の異常なアクセス数は何だったのでしょうか。  更新しないといつも通りの数字に戻りますね。  今回はクリント・イーストウッドの監督最新作『ヒアアフター』の感想でございま...
 
 
 
ヒア アフター (voy's room)
  アメリカの一部の間では有名だったジョージ(マット・デイモン)。死者の声を聞くことが出来る霊能力者として本まで出版されたが、死後の世界と交信することに疲れ、今では工場で働いている。フランスで有名なジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス...
 
 
 
ヒアアフター (シネマ日記)
試写会に行ってきました。クリントイーストウッド監督作品ということで、公開されたら見に行くつもりだったので、ラッキーでした。マットデイモンが死者と話しができる霊能者ジョージで、フランス人の女性マリールレセシルドゥフランスと、イギリスの男の子マーカスフラン...
 
 
 
[Review] ヒア アフター (Diary of Cyber)
hereafter [副] 1. この後、今後、将来 2. 来世には [名][the 〜、a 〜] 1. 将来、未来 2. 来世 此岸と彼岸を分ける境目として、『三途の川』があると言い伝えられています。ダンテの神曲でも、冥界への境界線として『アケローン川』があると記されています...
 
 
 
「ヒアアフター」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
 
 
 
ヒア アフター  HEREAFTER (映画の話でコーヒーブレイク)
先日ある集まりで突然「神や死後の世界の存在を信じますか?」という質問を受けました。 う〜ん、唐突にヘビーな質問でちょっとビックリ。 元々占いなども信じないし、迂闊に聞いて行動を左右されたくない私。 スピリチュアル系には懐疑的です。 全ての事象は科学で証明で...
 
 
 
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
 
 
 
「ヒア アフター」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/配給:ワーナー原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア製作:キャスリーン・
 
 
 
No.244 ヒア アフター (気ままな映画生活)
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ...
 
 
 
ヒア アフター (〜映画盛り沢山〜)
監督:クリント・イーストウッド  製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ/ティム・ムーア/ピーター・モーガン/フランク・マーシャル  撮影:トム・スターン 出演:マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン 公開年:2...
 
 
 
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
 
 
 
ヒア アフター (だらだら無気力ブログ)
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ...
 
 
 
「ヒア アフター」 (首都クロム)
 バラバラのピースがより合わされて、離散して、変化してゆく。静かに、確かに、物語が進むにつれて後ろに足跡が残っていて、雪解けの透き通った水がじんわりしみこむ、こぉんと柔らかに響いてくる結晶のような物語でした。しんみりと物悲しいけれど、どこか温かな感じも...
 
 
 
『ヒア アフター』 (beatitude)
クリント・イーストウッド監督作品――品のいい予定調和か。パリで活躍するジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と一緒に休暇で訪れていた東南アジアで、津波に遭遇。波に飲まれて生死の境を彷徨ったものの、何とか一命を取り留める。だが、帰国した...
 
 
 
ヒアアフター (Art-Millー2)
クリント・イーストウッドの人への慈しみ方には、十分に年を重ねた者のあっけらかんとした開放感が溢れている。大きな男の懐の深さを感じさせてくれる。今回の作品も、細々としたものを省いて、「さぁどうぞ」という感じのザックリ感のある暖かく大きな優しさを感じた。質...
 
 
 
ヒア アフター (こんな映画見ました〜)
『ヒア アフター 』---HEREAFTER---2010年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン、 セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン 、ジョージ・マクラレン 、ジェイ・モーア 、 &nbsp...
 
 
 
ヒア アフター (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月19日(土) 21:25〜 TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『ヒア アフター』公式サイト 年に一回は新作を発表しているイーストウッド先生の新作。 前作は先生にしては珍しく直球だったが、今回は如何に。 何とマッ...
 
 
 
ヒアアフター (Diarydiary! )
《ヒアアフター》 2010年 アメリカ映画 −原題 − HEREAFTER 亡く
 
 
 
『ヒア アフター』  (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
 
 
 
ヒアアフター (5125年映画の旅)
津波に巻き込まれ、臨死体験をしたことで謎のビジョンを目撃したジャーナリストの女性。双子の兄が事故死して、その兄ともう一度話したいと願う少年。かつて霊能者として活動して ...
 
 
 
No695『ヒアアフター』〜寡黙さに滲む苦悩と、再生に向かう希望の光〜 (パラパラ映画手帖)
カタカナのタイトルよりも 邦訳として『再生の約束』(ジョージとマーカス、あるいは、マーカスと兄との約束)とか 『再生の夜明け』というのはどうだろう。 死者の声を聞くことができる霊能者のジョージ。 その声を伝える場面で、 一瞬、向こう側の世界の映像が映るが、...
 
 
 
映画「ヒア アフター、Hereafter」(2011年、米国) (富久亭日乗)
     ★★★☆☆  Clint Eastwood監督の 生と死をテーマにした映画。  フランスのジャーナリストMarie Lelay(Cécile De France )は、 東南アジアのリゾート地で津波に襲われ 生と死の境をさまよう。 幼少のころの病気のため 死者と交信ができるようになったGeo...
 
 
 
「ヒア アフター」 (みんなシネマいいのに!)
 霊能力者の能力を封印して生きているアメリカ人のジョージ。 津波での臨死体験をし
 
 
 
プラス思考とそのコストを考える C.イーストウッド監督 『ヒア アフター』 (L'ATALANTE)
どんな話なのかは理解できるのだけど、なぜこんな描き方になるのかがよく分からず、結果、本当は何が描かれているのかいまひとつ腹に落ちない...と、クリント・イーストウッド監督作品では珍しくないややこしさが、『ヒア アフター』(HEREAFTER 2010)にもありました。 ...
 
 
 
ヒア アフター (Memoirs_of_dai)
気持ち悪いくらいリアルな冒頭 【Story】 恋人と訪れていた東南アジアで津波に遭遇し、臨死体験をしたジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス)は生死を彷徨っている際に見た不思議な世界を...
 
 
 
プラス思考とそのコストを考える C.イーストウッド監督 『ヒア アフター』 (L'ATALANTE)
どんな話なのかは理解できるのだけど、なぜこんな描き方になるのかがよく分からず、結果、本当は何が描かれているのかいまひとつ腹に落ちない...と、クリント・イーストウッド監督作品では珍しくないややこしさが、『ヒア アフター』(HEREAFTER 2010)にもありました。 ...
 
 
 
映画『ヒアアフター』を観て (kintyre's Diary〜Goo Version)
11-20.ヒアアフター■原題:Hereafter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド□脚本・製作総指...
 
 
 
ヒア アフター (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
 
 
 
ヒア アフター (犬・ときどき映画)
クリント・イーストウッド監督ヒア アフター <Story> リゾート地で休暇中に津波に飲み込まれ、臨死体験をする人気キャスターのマリー いつも一緒にいた双子の兄を突然の事故で亡くした、マーカス 死者との交信を職業にしていたが、疲れ果て工場で働くジョージ マリー...
 
 
 
ヒア アフター (銀幕大帝α)
HEREAFTER/10年/米/129分/ファンタジー・ロマンス・ドラマ/劇場公開 監督:クリント・イーストウッド 製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル 音楽:クリント・イーストウッド 出演:マット・デイモン....
 
 
 
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
 
 
 
ヒア アフター (いやいやえん)
クリント・イーストウッド監督作品。大津波シーンが東日本大震災と重なりますね、途中で劇場非公開になるのも納得です。 でもこれは災害の物語ではなくて、希望と再生の物語でした。 サンフランシスコの霊媒体質の青年、ロンドンで暮らす双子の兄を亡くした少年、大...
 
 
 
「ヒアアフター」(HEREAFTER) (シネマ・ワンダーランド)
「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」「マディソン郡の橋」などの作品で知られる米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが死後の世界を題材にメガホンを執ったヒューマン・ドラマ「ヒアアフター」(2010年、米、129分、スティーヴン・スピルバーグ製作...
 
 
 
ヒア アフター (映画 K'z films 2)
原題HEREAFTER監督クリント・イーストウッド出演マット・デイモン セシル・ドゥ・フランス フランキー・マクラレン ジョージ・マクラレン ジェイ・モーア公開2011年 2月
 
 
 
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...
 
 
 
【DVD】ヒア アフター (映画鑑賞&洋ドラマ& スマートフォン 気まぐれSEのヘタレ日記)
JUGEMテーマ:洋画  ※ 震災を想起させるシーンが流れます。あらかじめご了承ください。クリント・イーストウッド監督、主演マット・デーモンの組み合わせである。 インビクタスに続き、二作目。 今回は霊能力者のお話。 こういった話はファンタジーになりがち...
 
 
 
ヒアアフター(試写会) HEREAFTER (まてぃの徒然映画+雑記)
スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン主演と豪華な布陣。 東南アジアのビーチリゾートで大津波に遭遇し、臨死体験をしたマリーは、パリに戻ってからも集中力が途切れがちで、ニュースキャスターの仕事を休み自分の体...
 
 
 
【映画】ヒア アフター (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
映画タイトルの後に付ける“…”以降のサブタイトルは良いのが(震災の事と一緒に書くにはちょびっと不謹慎なものだけしか)思いつかなかったので割愛とします 本当は数日前に書くべきだった話から… 東日本大震災から一年が過ぎました…この一年間のことについて、自...
 
 


 
編集 編集