日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



ウォール街(1987)の続編にあたる、この作品。
20年以上もたってから、こういう展開とは珍しくないか。
それには理由があったのだが(後述)


物語は、ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス 写真)が、刑務所から出所するところからスタート。
そして、今の「時代」だからこそ、彼のキャラがたってくる。

”Greed is good”
”Greed is legal”
”money never sleeps”

リーマン・ショック後に苦しむ現在だからこそ、ゲッコーの吐き出すフレーズがビシビシ刺さってくる。
金融工学に踊らされ、はまってしまった世界をあざ笑うかのような発言の数々。
それは、まるで「キック・アス」のヒット・ガールが発する一言一言のよう。
爆笑が止まらないのだ!

そこに、オリバー・ストーンの意図が透けて見えてくる。
元々は、この作品の続編に彼は否定的だったそう。
その彼を変えたのは、このストーリーが「危機後」に絡んだもの、だったから。
それが制作開始の動機だったと、インタビューでも答えている。


つまりこの映画は「ゲッコーの怪物ぶり」を笑い飛ばしてみるのが正しい見方。
もう父と娘とからむ夫役シャイア・ラブーフのくだりはどうでも良くなってくる(笑)
こんな時代に、こういう形で、現代的に突き刺さってくる映画は、初めてではないだろうか?


実は個人的には、音楽もズバリはまってしまった。
オープニング直後に、最初の発声があった瞬間にデビット・バーンだと理解。
彼の個展を去年追っかけてたワタクシだからして(2010-12-15アップ “DAVID BYRNE ART EXHIBITION”)


最新のニュースで、ゲッコー役のマイケル・ダグラスが病気から復活したそう。
このニュースもまた、そのキャラの不死身ぶりと重なって見えてきて面白い。
公開は 2月 4日から。


追記:当ブログ、2010-04-03でアメリカ財政博物館(Museum of American Finance)
   を紹介しており、googleでこのブログ記事が検索トップにくるくらい、日本人が
   行かない施設。ウォール・ストリートつながりで一応ご紹介。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 43 )



« 「デジタル恐竜」... 日経新聞記事:「... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「ウォール・ストリート」欲望の亡者 (ノルウェー暮らし・イン・London)
私の生活とは縁もゆかりもない世界だから言うけど、恐ろしい世界である。 結果的に人が死のうが、傷つこうがお構いなし。 マネーゲームがもたらす修復不可能な深い溝が、そう簡単に埋められるとは到底思えないのだけど・・・・・
 
 
 
ウォール・ストリート (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2010 TWENTIETH CENTURY FOX 英題: WALL STREET:MONEY NEVER SLEEPS 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年2月4日
 
 
 
映画 「ウォール・ストリート」 (ようこそMr.G)
映画 「ウォール・ストリート」
 
 
 
ウォール・ストリート (Memoirs_of_dai)
欲望の果てに 【Story】 恋人ウィニー(キャリー・マリガン)の父親であり、かつてのカリスマ投資家で服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)に電子取引トレーダー、ジェイコブ・ムー...
 
 
 
ウォール街(1987年) (LOVE Cinemas 調布)
1987年公開作品。ウォール街を舞台にマネーゲームで一獲千金を狙う男たちを描いたエコノミックドラマだ。主演のマイケル・ダグラスは本作でアカデミー主演男優賞を獲得している。共演に若き日のチャーリー・シーン、そしてその実父マーティン・シーン、ダリル・ハーン...
 
 
 
ウォール・ストリート (とりあえず、コメントです)
1987年製作の『ウォール街』の続編をマイケル・ダグラス主演で映画化した作品です。 前作の『ウォール街』は未見のままチャレンジしてみました。 信頼を打ち砕く裏切りのドラマと、マイケル・ダグラスの重厚な演技に圧倒されました。
 
 
 
ウォール・ストリート (LOVE Cinemas 調布)
1987年に公開された『ウォール街』の続編。同じオリヴァー・ストーン監督とマイケル・ダグラスのコンビが、今回は現代の金融事情をベースにマネー・ゲームの世界を描き出す。主演は「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。共演に『17歳の肖像』のキャリー・マ...
 
 
 
ウォール・ストリート (試写会) (風に吹かれて)
ゴードン・ゲッコー イズ バック公式サイト http://movies.foxjapan.com/wallstreet2月4日公開ウォール街(1987)の続編監督: オリバー・ストーン2008年、ウォ
 
 
 
ウォール・ストリート (Akira's VOICE)
無駄に長いし,中身は生ぬるいし・・・  
 
 
 
ウォール・ストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS。オリバー・ストーン監督、マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、スーザン・サランドン ...
 
 
 
[映画『ウォール・ストリート』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白い・・・。  やっぱ、私は、オリバー・ストーン監督の作劇術が性に合っている。  私と思想は違えど、そのパワーにグイグイ引っ張られる点においては、島田荘司の小説と似ている。  ゲッコーの復活劇は、スタローン的に燃える。  だが、オリバー・ストーンは...
 
 
 
ウォール・ストリート お金は眠らない (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
前作ではインサイダー取引という古風な経済犯罪であったけど、今作で扱われるのは高度な金融工学を屈指したなんでもありのグレーな金の亡者たちの姿だ。非営利活動という新しい価値観を提示していることが高く評価できる。
 
 
 
『ウォール・ストリート』 (こねたみっくす)
腐っても鯛、いや永遠に腐らない鯛、それがゴードン・ゲッコー。 欲に渦巻く金融業界への警鐘として作ったはずが逆に証券マンを目指す若者が増えてしまったという前作のリベンジ ...
 
 
 
ウォール・ストリート (映画鑑賞★日記・・・)
【WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS】 2011/02/04公開 アメリカ 133分監督:オリヴァー・ストーン出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イ ...
 
 
 
『ウォール・ストリート』('11初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 2月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:10の回を鑑賞。
 
 
 
ウォール・ストリート (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ウォール・ストリート (マイケル・ダグラス 出演) [Blu-ray]1987年の「ウォール街」の23年ぶりの続編では、カリスマ投資家ゲッコー・ゴードンの復活劇と彼が仕掛ける新たなマネー・ゲー ...
 
 
 
映画「ウォール・ストリート」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ウォール・ストリート』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/4)鑑賞。初日の初回で観客は25名ほど。 最初にお断りしておきます。前作『ウォール街(1987)』は鑑賞済みですが、詳細は覚えていませんので、ほぼ初見と同じと言って良いと思います。 ...
 
 
 
「ウォール・ストリート」みた。 (たいむのひとりごと)
『ウォール街』('87)の続編として、今回付けられた邦題が『ウォール・ストリート』ってどうなんでしょ?日本語で「ウォール街」と書けば「ウォール・ストリート」とルビが振られるのが一般的だというのにね。ち
 
 
 
ウォール・ストリート / Wall Street: Money Never Sleeps (勝手に映画評)
1987年の映画『ウォール街』の続編。 前作で、インサイダー取引にて収監されていたゲッコーが、刑期を終えて出所するシーンから始まります。ゲッコーが戻してもらう携帯電話が物凄く大きいのが、時代を感じさせます。しかし、ゲッコーの出所は2001年という設定なのですが...
 
 
 
ウォール・ストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(14) ジェイコブの着メロが『続・夕陽のガンマン』のテーマ曲ということは
 
 
 
「ウォール・ストリート」は金融ウエスタン... (映画と出会う・世界が変わる)
長い刑期を終えて出所した人物を描き、その刑期の長さを映画ではどのように表現するだろうか?高倉健が、そんな男を演じた作品では、出所後に入ったラーメン屋での値段表に驚いた表...
 
 
 
ウォール・ストリート/マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ (カノンな日々)
人気絶頂にあったチャーリー・シーンとマイケル・ダグラスが主演した旧作『ウォール街』からもう23年もの月日が経つんですねェ、なんかしみじみしちゃいますね(笑)。旧作『ウォール ...
 
 
 
映画「ウォール・ストリート」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ウォール・ストリート」観に行ってきました。 1987年公開映画「ウォール街」の続編作品。 新エネルギーを開発するベンチャー企業を支援しようと奮闘するシャイア・ラブーフ演じる若き証券マンのジェイコブ・ムーアと、8年の服役ですっかり過去の人となった、...
 
 
 
ウォール・ストリート (だらだら無気力ブログ)
前作「ウォール街」でメガホンを執った巨匠オリヴァー・ストーンとその 巧演でオスカー主演男優賞に輝いた名優マイケル・ダグラスが再びコンビを 組んだ23年ぶりの続編。 ある野望を秘めた若き銀行マンとその婚約者、そして復活を目論む元カリスマ 投資家それぞれの欲望...
 
 
 
ウォール・ストリート (eclipse的な独り言)
金曜日による11時過ぎまで映画館にいるのは、年寄りには結構つらいのです。
 
 
 
帰ってきたゴードン・ゲッコー。『ウォール・ストリート』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、小ネタに触れています。『ウォール街』から約23年、オリヴァー・ストーン監督が21世紀のマネー・ゲームを描く『ウォール・ストリート』。元カリスマ投資家ゴードン・ゲッコーにマイケル・ダグラス。
 
 
 
映画 ■■ウォール・ストリート■■ (Playing the Piano is ME.)
経済は苦手... 数字も苦手... 23年前の前作「ウォール街」見ていないのも敗因?
 
 
 
『ウォール・ストリート』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ウォール・ストリート」□監督 オリヴァー・ストーン □脚本 アラン・ローブ□キャスト マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、キャリー・マリガン、ジョシュ・ブローリン、スーザン・サランドン、フランク・ランジェラ、イ...
 
 
 
映画 「ウォール・ストリート」の感想です。 (MOVIE レビュー)
「ウォール・ストリート」を観てきました。この映画は23年前に作られた「ウォール街」の続編です。3週間位前にCSの映画専門チャンネルで、その「ウォール街」を放送していたので、新作を観る前に予習がてら見ておきました。でも、今回のこの続編「ウォール・ストリー...
 
 
 
ウォール・ストリート (迷宮映画館)
ずいぶんと丸くなったなあ、、、監督もゲッコーも。
 
 
 
アメリカ版ハゲタカ?でも・・・何かが違う?『ウォール・ストリート』 (水曜日のシネマ日記)
21世紀のマネー・ゲームを背景に描かれた人間ドラマです。
 
 
 
「ウォール・ストリート」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 1987年公開、実際の金融界にも影響を与えた大ヒット映画「ウォ−ル街」の続編。 本作に限った話しではないが、どうもこの手の「一部の頭のいい人向け」の映画は、高卒低所得...
 
 
 
ウォール・ストリート (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
非情なマネーゲームの行方を描いた「ウォール街」の続編。監督は同じく『プラトーン』『7月4日に生まれて』で2度のアカデミー賞に輝くオリバー・ストーンが担当。「ザ・センチネル ...
 
 
 
ウォール・ストリート/Wall Street: Money Never Sleeps (いい加減社長の日記)
もう、いくつ溜まってるんだろう、これも公開日に観たんだけど^^; 前作も観たかったけど、観れなくて。今度こそはと「ウォール・ストリート 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通だったかなぁ。 「ウォール・ストリート 」は、中くらいのスクリーンで、3〜...
 
 
 
ウォール・ストリート (映画情報良いとこ撮り!)
ウォール・ストリート 投資銀行で働いていたジェイコブは、急激な業績悪化で株価が暴落し、突然破綻。 資産を失ってしまたのである。 しかし、ジェイコブはその後、黒幕の存在を知ることとなる。 そして、元大物投資家のゲッコーに近き、とある提案をすることに...
 
 
 
ウォール・ストリート (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
ウォール・ストリート'10:米◆原題:WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS◆監督:オリヴァー・ストーン「プラトーン」「ウォール街」◆出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブ ...
 
 
 
「ウォール・ストリート」 信用は回復できるか? (はらやんの映画徒然草)
僕はメーカーに勤めているもので、どうも金融という商売がうさんくさく見えて仕方があ
 
 
 
ウォール・ストリート MONEY NEVER SLEEPS (映画の話でコーヒーブレイク)
前作のおさらいをしていざ続編! 続編って、前作の出来が良いと期待が膨らみ過ぎ、がっかりなんてことが間々ありますが・・・、 最後までまぁまぁ面白く鑑賞。 しかし、 ゲッコーも年をとったというか、 屈辱の刑期を務め上げ丸くなったというか、 やっぱり父親は娘にぁ弱...
 
 
 
ウォール・ストリート MONEY NEVER SLEEPS (映画の話でコーヒーブレイク)
前作のおさらいをしていざ続編! 続編って、前作の出来が良いと期待が膨らみ過ぎ、がっかりなんてことが間々ありますが・・・、 最後までまぁまぁ面白く鑑賞。 しかし、 ゲッコーも年をとったというか、 屈辱の刑期を務め上げ丸くなったというか、 やっぱり父親は娘にぁ弱...
 
 
 
ウォール・ストリート (そーれりぽーと)
今更『ウォール街』の続編? 『ウォール・ストリート』を観てきました。 ★★★★ なんて思いながら、エロ狂いマイケル・ダグラスのむさ苦しい顔と、シャイア・ラブーフの虻川顔を我慢しながらの鑑賞。 いやこれが今だから面白話なんですよね。 なんで今だからかという...
 
 
 
映画『ウォール・ストリート』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-12.ウォール・ストリート■原題:WallStreet,MoneyNeverSleeps■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:133分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月5日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ...
 
 
 
ウォール・ストリート (銀幕大帝α)
WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS/10年/米/133分/ドラマ/劇場公開 監督:オリヴァー・ストーン キャラクター創造:オリヴァー・ストーン 出演:マイケル・ダグラス、シャイア・ラブーフ、ジョシュ・ブローリン、キャリー・マリガン、イーライ・ウォラック、ス....
 
 
 
【映画】ウォール・ストリート…バブルの恩恵は受けてないけど不況の煽りは感じる (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
記事のサブタイトル的な事は記事内には全く書いていませんので注意。 本日から夜勤のピロEKです。 久しぶりにブログ更新。前の記事をアップしたのが11月6日ですから随分空いちゃいました。 その間は、仕事が忙しかったり、本やらゲームやらのインプットが立て込んでア....
 
 


 
編集 編集