日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



当ブログの記事、観たゾ! インランド・エンパイア Inland Empire =リンチ新作(2007-07-22)
以降、この3時間の悪夢に改めて向き合うか、迷っていたのですが...

<Q: また映画館に行くか?
<A: 即答はできない。もう少し時間を置いて考える。
<一方、米国で間もなく発売されるDVDはなんと310分らしい(特典も含めてだろうが)
<それを購入することも視野に入れたい。


 ということで、ロス出張を利用して、アメリカで発売されたDVD2枚組を買ってきました!!
(一度めでは買えず2回めでなんとか)
その御報告をば(リージョン1)

2枚組の1枚めは本編2時間59分でいっぱいいっぱい。
「マルホランド・ドライブ」時と同様、チャプターは一切ナシ。
今回もまた実にいさぎよい(日本語版では無理矢理つけていたが、いいのか?)
今回は初回よりは冷静に3時間をすごしたのですが、やはりズッポしと ? ひきずりこまれる。

映画館では何分たったか絶対考えないように鑑賞したが、DVDになるとつい時間経過をちらちらとみてしまった。
すると、かなり緻密に計算されて構成されていることがわかった。
オープニングから約1時間が経過したところでで現実の世界からあっちの世界に突入し、ずぶずぶ展開、かなりディープになりきるロコモーションで約1時間半、そしてクライマックスはたっぷり30分とってあり、3時間がリーズナブルに思えてくる。

笑ったのが、正直ハラハラしっぱなしだった某日本人女優の出演シーン。
なんと英語字幕つき!! 外国語じゃないんだから。


で、注目の2枚めの特典DVDの長さはつまり、310分 − 179分 = 131分、
と思っていたら、チェックしたところ、デュスク時間は、211分。
こっちは3時間以上あるよ〜.....

ということで内容は、そうとうにぎっしり。
特典ディスクの内容項目は、以下の7つ。
(ジャケットの順番ではなく、DVD上の表示での順番で。その方が正しそうなので)

1.More Things That Happened
2.Ballerina
3.Trailers
4.Stories
5.Lynch 2
6.Stills
7.Quinoa

やはり目玉は1.の More Things That Happened
3時間には入らなかった部分。
その長さはなんと74分、これだけで1時間以上。
これを、16のチャプターで(本編じゃない断片なので、チャプターつけてもいいのかな)
本編ではわからなかった主演男優の運命のシーンや、さらに長い長い独白シーンの別バージョン、そして本編ではラストカットにチラっとだけしか出演できなかったナターシャ・キニスキーの語りシーンもあります!

2.のBallerinaは、本編中にかげろうのように出てきたバレリーナの映像。
3.のTrailersは3種の映画館用の予告編、6.のStillsは文字通り映画のシーンのスチール。

良かったのがリンチ先生のインタビュー、4.Stories  
そして特に楽しめたのが、5.のLynch 2。
リンチの撮影中に出した演出の指示や言葉をつなぎあわせたもの。
これはリンチファン必見ですなあ。

最後のオマケはどうも料理好き? リンチ先生のお料理教室、7.Quinoa。

いや〜179分どころか、380分にわたるリンチ・ワールド.............
6時間以上どっぷりとハマれば、文句のつけようもない価値ある29.9ドル。
(名作「ファニーとアレクサンドル」見ても余る長さだぞ、これは)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 23 )



« iPod touch使用感... 読後評:2020... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
インランド・エンパイア((+_+))ディヴィッド・リンチ (銅版画制作の日々)
   わたしも、世界も、乱れていく。   9月になりました。暑さも一段落でしょうか?涼しくなりましたね。今月も色々な作品が公開されますね。書けていない8月の鑑賞作品があるので、引き続き書いていきたいと思います。   8月17日、京都シネマにて鑑...
 
 
 
感想/インランド・エンパイア(試写) (EDITOREAL)
迷宮入り必至の180分! 『インランド・エンパイア』7月21日公開。女優のニッキーは新作映画『暗い明日の空の上で』への出演が決まる。その映画は、かつて主演俳優が殺され未完のままであったポーランド映画『47』のリメイクだった。2つの国、現実と映画、そして謎の世界...
 
 
 
インランド・エンパイア (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
例えば左の写真⇒は主演のローラ・ダーンが室内に佇むシーンで、黄金色のカーテンで外光を遮っているだが、一見、暗鬱な曇り空の下の荒涼とした原野に佇んでいるようにも見える。内と外が反転してエッシャーの騙し絵のようだ。こういうシーンが結構ある。さすが製作期間が...
 
 
 
『インランド・エンパイア』 (ラムの大通り)
(原題:INLAND EMPIRE) 「うう〜む。この映画は何から喋ったらいいのやら。 デイヴィッド・リンチ、もうやりたい放題。 あんたには負けました。 好きにしてちょ〜だいって感じ」 ----結局、えいの手には負えなかったってわけだ(笑)。 「そう見られても仕方ないね。 こ...
 
 
 
ナオミ・ワッツが着ぐるみ? デイヴィッド・リンチ 『ラビッツ』 “Rabbits” (海から始まる!?)
 “Rabbits”は、“Dumbland”と同じくデイヴィッド・リンチが2002年にネットで発表していた短編で、こちらも8編に分かれていますが、こちらは一つながりになったものを8つに分割しているようです。
 
 
 
インランド・エンパイア\"Inland Empire\" (映画と読書の感想ブログ)
悪夢を見ると、おそらく余りの恐怖に心からの叫び声を上げ、そのことで目が覚めることが多いと思います。 何者かに追われ、襲われ、得体の知れない恐怖に動揺して目が覚める。悪夢は目が覚めることで救われるのですが、その悪夢が覚めなかったら・・・それを敢えて映像に...
 
 
 
インランド・エンパイア を観ました。 (My Favorite Things)
鬼才デビット・リンチは私の好きな監督のひとりです…。 でも?相変わらずワケわかんないのですが、今回は見事にやられました。
 
 
 
『インランド・エンパイア』 (映像と音は言葉にできないけれど)
前作『マルホランド・ドライブ』に引き続きハリウッドを皮肉っぽく扱ったタイトルですけど、これは5年ぶりのデヴィッド・リンチの新作。
 
 
 
インランド・エンパイア(2006):Inland Empire (昨夜の一杯)
デヴィッド・リンチ監督作品を初めて観たのは『エレファント・マン』。 まだ幼かったので、モノクロ映像と造形が怖くて・・・でも切ないストーリーに心惹かれました。 その後も気がついてみるとリンチ監督の作品はほぼ観ていましたね。 そんな中、なんといっても衝撃的...
 
 
 
『インランド・エンパイア(INLAND EMPIRE)』 (chaos(カオス))
『インランド・エンパイア(INLAND EMPIRE)』 デイヴィッド・リンチ監督ならではの、悪夢系。そして暗闇系。 妖しくて不気味でエロくてバイオレンスでちょっと切ない。(毎度のことながら) おなじみランプシェードとか電話の音とかの演出も。 ハリウッドで女優....
 
 
 
★「インランド・エンパイア」 (ひらりん的映画ブログ)
観ようか観まいか、悩んでた作品。 あの、「マルホランド・ドライブ」のデビット・リンチ監督だし・・・ 3時間超の長編だし・・・ でも、何故か裕木奈江出てるみたいだし・・・一応観ておく事に。
 
 
 
「インランド・エンパイア」 <ぱぐはぐ日記 其の77> (ほんで…どないしたいん? ぱぐはぐ日記)
デヴィッド・リンチ監督最新作「マルホランド・ドライブ」から5年ぶり、やっとこさ
 
 
 
インランド・エンパイア (シネ・ガラリーナ)
2006年/アメリカ 監督/デヴィッド・リンチ <京都シネマにて鑑賞> 「抜け出せぬ迷宮」 リンチと言えば「倒錯」の世界なんだけども、今回は100%「迷宮」。見終わった瞬間は、何が何だかさっぱりわからない。1週間ほど前に見に行って、なんとか思考をまとめよう...
 
 
 
インランド・エンパイア (It's a Wonderful Life)
デビッド・リンチの劇場映画としては、 傑作「マルホランド・ドライブ」から6年ぶりの新作。 あの訳わからん感じがさらに強力になってるといえば 想像つくでしょうか・・・。 始まったらすぐに不思議なな迷宮に連れていかれて、 3時間出して貰えません。その3...
 
 
 
「インランド・エンパイア」 カリスマ熟女ローラ (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
一応自分ではリンチ・フリークのつもりやったんですが、早々にストーリーについていけなくなったんで、ローラ・ダーンの熟女っぷりを眺めてました。 いかにもええとこに嫁いだ感じで、子供なし、お手伝いさん付きの高級マダムは、持て余した時間をヘアースタイルや化粧の...
 
 
 
#108.インランド・エンパイア (レザボアCATs)
キましたねぇ、リンチワールド!かなり今回、キテます。まさにド真ん中な感じ。現実なのか、悪夢なのか・・・。一言で言えば、リンチの大好きな悪夢の世界。濃度の濃いリンチファンにも、ずっしり来ること間違いナシな作品だ。
 
 
 
INLAND EMPIRE (Brain Construction)
デヴィッド・リンチ監督の新作『インランド・エンパイア』を観た。 初日に行ったが、長蛇の列というのを久々に見た。映画館からあふれていた。 私はリンチ監督のファンではなかったし、きちんと作品を見たのはこれが初めてだと思う。(『マルホランド・ドライブ』も一...
 
 
 
3度目のインランド・エンパイア (★☆ STARBLOG ☆★)
デヴィッド・リンチの「インランド・エンパイア」もうご覧になりましたか?
 
 
 
インランド・エンパイア (辛口だけれど映画が好きです)
インランド・エンパイアInland Empire(2006年/米・仏・ポーランド/デイヴィッド・リンチ監督/公式サイト)女優ニッキーは、ある役を手に入れる。ところが撮影間近になって、その映画は実はある映画のリメイク...
 
 
 
インランド・エンパイア (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  歪み乱れ墜ちゆくパラノイア  
 
 
 
インランドエンパイア (映画) (をとなの映画桟敷席−ほぼ毎日が映画館)
映画「インランド・エンパイア」 デヴィッド・リンチの「インランド・エンパイア」を遅ればせながらDVDで観ました。映画館で観てもいいんだけど、色々チェックしながらじっくり観たかったので今回はパスしておりました。 前作「マルホランド・ドライブ」が、なぜか熱...
 
 
 
『インランド・エンパイア』'06・米・ポーランド・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじニッキー(ローラ・ダーン)とデヴォン(ジャスティン・セロー)は映画監督のキングスリー(ジェレミー・アイアンズ)が手掛ける映画に出演することになる。その作品は、ある秘密を抱えており、主演女優のニッキーは役にのめりこむにつれ、次第に役柄と私生活を混...
 
 
 
【映画】インランド・エンパイア…モニター調整は是非実行をオススメ(DVD鑑賞限定) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今週は記憶が週頭の記憶が残らない{/hiyob_hat/}ぐらい働きました{/face_hekomu/}{/down/} 今週の頭に何か映画観た記憶があるんだけど…なんだっけかなぁ{/eq_1/}(※借りてきてるレンタルビデオ確認したら「バタフライ・エフェクト2」でした{/face_ase2/}…鑑賞のご報告...
 
 


 
編集 編集