日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)という、渋~いマジシャンものを観てから、同様の種類の映画「プレステージ」への興味が増幅していたので、DVD化を機にさっそく。


ところが....
いくら相手に恨みがあるとはいえ、マジシャンがネタばらしに走り(ありえない)あげくの果てはステージ上で大恥をかかせる、などの不快なシーンがえんえんと続く。

原作者は、マジシャンを基本的に理解していないのでは? と思わされてしまった。
とてもそんな個人的な感情で走る人種ではない。

特に「一流」になる人たちでそんなことはありえない。
どんな芸事でもそうだが、「一流」になることは深い経験の上で初めて「一流」になれるわけで、そんなたいへんな苦労を経て「謙虚」でないことはありえないのだ。
特にこういう繊細な芸事では。
あくまでも「お話」とはいえ、何なんだかと思う。

ラスト近くでヒュー・ジャックマンに、マジックの本質論についてのまあまあのコメントがあるにはあるが、ネタばらしも多く、マジックへのリスペクトが感じられず、日本のテレビレベルというお粗末さと言い切りたい。

映画と小説は違うからというのもある。
小説で表現されて○でも映画では×はどうしてもあるのだ。
原作が世界幻想文学大賞とはいえ、映画は映画なのだ。
マリックさんはなぜこの映画の宣伝に協力したのだろうかなんてところまで考えてしまう。

ということで、映画として鑑賞する以前にひっかかるところが多く、楽しめなかった。
主役男優2人やマイケル・ケインはもちろん、スカーレット・ヨハンソンがいつもの?にじみ出るみだらさでいかにも!だし、ミュージシャンのデビット・ボウイ出演などの部分的な興味はあったのだが。

こんな出来なら、幻想的でイマジネイティブな、日本未公開作The Illusionist イリュージョニストの方が全然マシである(The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの。2007-12-05 )
アレにはちゃんとレスペクトがあった。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )



« ダブ・ミュー... 全国高校サッ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画「プレステージ」 (Andre's Review)
the prestige 2006年 アメリカ 数年前に原作本が発売になったときに面白そうだなぁと思い、いつか読もうと思っているうちに映画化。ちなみに原作の「奇術師」(クリストファー・プリースト著)は世界幻想文学大賞を受賞してます(←これ、結構ポイント)。 舞台は19世紀...
 
 
 
プレステージ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命さえトリック』  コチラの「プレステージ」は、6/9公開になったヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイルがイリュージョン対決!そして、そこにスカーレット・ヨハンソンが華を沿える世紀のイリュージョン・エンターテインメントなのですが、早速観て来ち...
 
 
 
プレステージ (こんな映画見ました~)
『プレステージ』 ---THE PRESTIGE--- 2006年(アメリカ) 監督:クリストファー・ノーラン 出演: ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール  19世紀末のロンドン。華麗かつ洗練されたパフォー...
 
 
 
「プレステージ」他人の命をかけては駄目です (ももたろうサブライ)
監督 クリストファー・ノーラン 冒頭「この映画の結末は決して誰にも言わないで下さい」というクレジットが出るので言わないことにするが、実は途中で何となくわかってしまう(ように作られている)。 だからといってつまらないわけではなく、人を欺くためにそこまです...
 
 
 
『プレステージ』 (映画館で観ましょ♪)
感想…難しい。 ドコをどう書いてもネタバレしそう。 ワタシ、基本的に、ネタバレはしない主義なので... この2人が ↓ マジックで競う...
 
 
 
オリーブの首飾り (MESCALINE DRIVE)
マジックには三つの手順がある。 先ず「確認(PLEDGE)」、使用される器具に仕掛けの無いことを観客に確かめさせる。それをより多くの観客に見せる。 次に「展開(TURN)」、劇的な変化へと事態を移行させる。この時点で幾つかの驚きを提供する。 最後に「偉業(PRESTI...
 
 


 
編集 編集