日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



2週間近くも前に見たのに、今更ここで取り上げるのは、実は前のエントリーと関係が。


今回のMETライブビューイングで今回最も刺さったのが、3幕でのヴォータンと娘ブリュヒンデ(写真)のやり取り。

ヴォータンの決定的な自己矛盾をはらんだ指示を、娘ブリュヒンデがヴォータンの真意を察した結果、指示と違う行動をとる。
これを許さないヴォータン。
結論に向かっていく2人のセリフ(歌)まわしが、ここまでか!というくらいに、「微妙に揺れながら」進行していく。
ここまでよく理解できたのは初めて。
だったので、圧巻だったのだ。

これに関係する前のエントリーとは、読中評:フェイスブック時代のオープン企業戦略 よいオープンリーダーとは?!
読み進むにつれ、この本がフェイスブックの本というよりは、SNS時代のリーダーシップについて論述している本だということに気付く。
(原題もOPEN LEADERSHIPだし)
そこを読んでいて、ヴォータンが下した結論の過ちを思い出したのだ。

<こうした背景から、リーダーシップは決定的な分岐点にさしかかっていると言える。
<ところが私が取材したエグゼグティブの多くには、まだその自覚がなく、危機的な局面や
<重大な変革を手動する場面では、強力なリーダーシップが不可欠だと主張していた。
<情報も意思決定も手の内でコントロールする従来型の指揮統制スタイルから離れられないらしい。
(フェイスブック時代のオープン企業戦略 第7章「よいオープンリーダーとは」より抜粋)

ヴォータンは自分が引き起こした決定的な自己矛盾が、娘の命令不服従の原因であるにもかかわらず、一方的な判断を下す。
その自覚がないことが、今後の「神々の黄昏」を確定させる「引き金」となる。
「権力」という最終兵器を行使することが抱える「危険性」への自覚が欠如しているのだ。


オペラの演出で面白かったのが、この判断の決定的瞬間をルパージュ(シルク・ド・ソレイユ「KA」の驚異の舞台演出で有名)も大事にしていること。
今回の演出の目玉は、マシーンと呼ばれる巨大な45トンもの巨大装置。
この巨大装置、その面に映像も映し出すのだが、そのシーンの背景になっている冬山が、その決定的瞬間に小さな雪崩を起こす。
(小さな、というところがポイント)
ここで思わず「おっ~!」となった。
(あくまでもセリフまわしが理解できるこのシリーズならからこその感想かな、と)

このシンプルかつ機能美がある、このルパージュ演出を、私は「21世紀のリング」と褒め讃えている。
昔からワルキューレの演出は、ワルキューレたちが闘いによる死者の中から魂をよりすぐる設定なので「残酷」サイドにどうやってもこぼれがち。

舞台をシンプルにすることで、逆に見えてくるドラマもあるのだ。
ここが21世紀的で、新しいような気がする!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )



« U-22日本代... MYソウルフ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『ワルキューレ』@METライブビューイング (オジ・ファン・トゥッテ♪)
ワーグナーの『ワルキューレ』はMETライブビューイングの2010-2011シーズ
 
 


 
編集 編集