日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

通勤 及び 昼間の移動に欠かせない、東京の地下鉄。

誕生してからもう既に90年(あと10年で100年!)

この東京の地下鉄路線網がどのように作られたのか、を掘りまくる一冊。

 

 

この誕生の歴史からして、面白すぎる!

 

パンク状態だった市電にかわる方法論として、ロンドンの先行事例を視察した早川 徳次。

ここで覚醒した彼は帰国後行動を起こし、後には「地下鉄の父」と呼ばれるようになる。

 

最初に出来たのは、銀座線。

まず浅草駅と作り、上野までのわずか2.2キロだったが、2年3ヶ月かかったそう。

 

そして銀座線といえば、ぶらタモリで知ったある疑問。

新橋駅の「幻のホーム」ってなぜ生まれたの?

 

→ 当時の地下鉄2社(早川 vs 五島慶太)が火花を散らした対立がその原因だったと知る(WOW!)

毎日使っている地下鉄に、こんな裏話があったなんて!

 

 

だけでなく、

・ある企業の巨額出資の結果、生まれた駅は?

・東京オリンピックに間に合うよう突貫工事で建設されたラインは?

・戦争で工事が中断した丸ノ内線

・丸の内線に地上区間があるワケ

・かつて存在した荻窪線とは? 

・三田線と東武東上線の乗り入れ計画があった? 

・新宿駅がたび重なる拡張で「迷宮」にワケ

 

  etc… すこぶる面白い!

 

 

結論:都心で通勤 及び 昼間に移動するヒト必読の、地下鉄トリビア読本。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「アクセスさ... 映画:ムーン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 


 
編集 編集